2017年06月22日

【勝手句帳】117 29-6-13/6-14/6-16 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/06/22

ふるさと植田の風の心地よく        沼津市・万年青大学「俳句A」教室(6-13)

|富士山を植田に捕らえ祝い風 青空ありて宮の田植え


 ‥「植田(うえた)」がお題だったようで、「植田」で一句詠んでみたくなりました
 それにしても、植田の印象なんて、高が知れとります。
 並んであった他の句にしても想定の範囲でした。

 ネタは、中でも想定中の想定で、著生好みな所に目を付けています。


 ‥そもそも田植えは、ただの労働になぞに無く
 伝統行事でした‥わざわざ民族衣装を着込み行って来たのです。
 普段の野良着で済ますなんてそんな日常に無く、特別視されていたのです。


> しかし、どのように詠むと行事らしく見えるのか?


 (どうにも‥やっつけ気味に整いました)


> 見よ、富士山の見姿を植田に捕まえておる
> やはり、田植えというものは、青空の下こうでなくてはのう
> 田植えこそが暮らしの神聖にあるからの、宮の始まりもこれに尽きるものよの




道の辺や田植え見守る道祖神         沼津市・万年青大学「俳句A」教室(6-13)

|泥んこや田植えを見守る道祖神 地に足着けろならばよく知れ


 ‥上五「道の辺(みちのへ)」が気に入らなく思いまして

 そりゃ道祖神っつたら道端ですよ、そこをわざぜわざ盛らんでも良いでしょうに
 ある意味、それを言っちまっちゃぁ、失敬ってもんですからな
 その辺が鈍すぎるっちゅうのでは、感心いたしませんな

 (あれこれ考えて、田植えの泥んこに着目しました)


> 田植えなんてな、昔から泥んこで始まるものよ
> 怪我の無いように、きれいにしておくのが常識じゃな
> 汚れるからとて、地に足を付けずになんか無理
> まずはお互いに同じ足下に立ち、等しく生かされてある次第を心得るべきである
> (この手順が板につかぬ内は、相当に鈍いことになるのう)




|初かつを徳利の数一つ増え          沼津市・潮音みどり句会(6-16)

|初鰹 徳利の数のまた一つ 酒は勢い縁起も勢い


 ‥ネタの「徳利の数一つ増え」では
 景気良く飲んでいると言うより、初鰹で一杯やってるところに
 客がやって来た風でもあります。

 ということで、ますます景気良くやってる向きに手直ししました。


> 酒にしても、縁起事にしても、祝い事はとにかく勢いが肝心じゃな
> とくに初鰹をいただこうなら昔からそういうものよ
> (徳利の数が一つ増えたからなんてな、ケチケチしてんじゃねぇよ)


 ‥昔からって言っても、江戸期からに思われます
 それにしても、「戻り鰹」の方が脂がのってウマいと言われています。

 ‥つまり、「初鰹」神聖視とは
 誰かが考えた初鰹を売る為の宣伝文句でしょうね。
 「土用の丑の日のうなぎ」着目と同根に思われます。

 (カツ丼にしたって、勝つに引っかけてますからね)
 ‥当時の「勝つ」と言えば鰹で、さらに初勝つとも成れば、縁起担ぎに持って来いだったと。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:43 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

【キーボードレイアウト】脱QWERTY式を考えてみたY

記稿.2017/06/18

> またまた修正です。(度度申し訳ございません)m(_ _)m


 (今度のはさらに打ちやすいかと)

12{:[DEL]/[Home][End]ー[BS];}345
__[Tab]LRTD<X>EUI89
__[Caps]MCPGWYQ
___[Shift]^@SZJVBF[半/全]|\[Shift]
Ctrl、Windows、Alt、Shift、Space、Shift、Shift、Ctrl....


6、7、PageUp、
0、Insert、PageDown


 *赤字がホームポジションです。


> 今回のテーマは、右手の運用の見直しです。(エレコムTK-FCM084BK使用中)


 ‥右の小指はもう少し頑張った方が良い
 ‥その代わり、右の薬指は「i」位置にはめ殺しです

 そういうことでホームポジションの人差し指の位置が
 従来の位置に戻ってきました。

 (かな打ちで一番に打つ「K」と「A」が)
 (人差し指ホームポジションに落ち着いたのには驚きです)

 ‥EUIの並び順で悩むも、前回のまま据えおきました。


> ということで、欠点が無いわけでも無く


 「TUI」
 「KAO」
 「ZB」のキー表面にシールを貼って対応することにしました。


 ‥用意するのは
 @比較的強力なタイプの両面テープ(なければ百均の両面テープ+木工用ボンド)
 A滑り止めシートの切れなし(百均)

 (滑り止めシートは、程度カラー選択できるので、売り場にある範囲で選びます)
 (最近は、薄いタイプのボロボロしやすさが指摘されてか、厚手タイプが出回っていますが)
 (ここでは薄い方が貼りやすく触れ心地も悪く無いように思います)


 ‥まず、両面テープの糊面に、ザックリそのまま
 滑り止めシートの切れ端を貼ってしまいます。

 (百均の両面テープでもそそままイケると思いますが)
 (粘着力が足りず、ぽろぽろ剥がれるようなら)
 (両面テープの糊面に、木工用ボンドを追加して盛り)
 (その上から滑り止めシートの切れ端を貼り、固定するのを待ちます)


 ‥で、用意できたそれを
 三角にでも切って、「TUI」「KAO」「ZB」のそれぞれのキー表面に貼ります。

 (自分が馴染むような形や角度で貼れば好いと思います)
 (手垢で汚れが目立ってくるので、定期的に、張り替えましょう)


> 桜の花びらの形で、散ってるように見えると華やかかなと‥


 キーチェンジには、keyswapがオススメです。(サインインで再起動を済ますことができます)
 :ダウンロード先
 :解説サイト
 :グーグル検索


> 名付けて、「センターはXキー」‥復活てか‥
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:35 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2017 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】116 29-6-10 静岡新聞掲載分から

↓9)向宜詠吟.2017/06/18

|一瞬の風にさざ波花吹雪          焼津市・宇宙蕗の薹俳句会


 ‥ネタの「さざ波」をどう解釈するかです
 花吹雪とて横から風がさらに来れば、更々とせずに、乱れるのです。
 風によっては、一瞬にして向きが反転することもあるのでしょう。
 それの趣を「さざ波」と詠んだように思いました。(見たことねぇ)

 ‥十七音では、それでも落ち着いていますが
 引っぱるとなると、幾分脚色しないことには弱いかなと。


|一瞬の風で逆浪 花吹雪 まさに見る不退転のきわ


 *逆浪(げきろう)‥さかまく波。さか波。また,乱れた世のたとえにもいう。
 *不退転の覚悟で臨む(ふたいてんのかくごでのぞむ)
  ‥何があっても挫けず、決して屈することなく突き進むという心構えを以て事に当たる意。


> 人生という奴は、胡坐を掻いて桜吹雪なんぞをのんびりと眺めていたいものだが
> どうしたって想定内の風ばかりが吹くわけではない、時には逆浪にも見舞われることもあろう
> そんな時こそ、不退転の覚悟が試される時だよ
> (散る分には同じことだろうとか‥そういう事では無いのだ)




|豪快に紫の滝藤咲けり           焼津市・宇宙蕗の薹俳句会


 ‥「紫の滝」着目は好いにせよ
 そこからは繊細さの欠片もない。

 「豪快」「咲(き)けり」‥どうにも「紫の滝」の余韻を勘違いしている。

 ‥まずは、「滝」なる意を打ち消して
 「藤」の色合いであるとする繋ぎが欠かせない。

 ‥「豪快」では逆効果で
 「藤」の趣と言うよりは、これから咲かせる空気に見えて来る。
 静けさに誘わないのでは、どうしたって鑑賞と云うよりは宴会だ。

 目の前の見事を前に、息を呑むぱっと見ではなく
 食い入るカメラパーンなりズームが欲しいところのはず‥


|紫の滝に垂れこめ藤たわわ 雅の袖に支えぞありき


> 見事な藤だ‥紫の滝を垣間見るが如し
> これほどの雅にして、決して個では成り立つことがない
> 藤の見事は、実にそこを語りかけてくるようだ
> かつての栄華を極めた藤原一族にしても、京の文化と藤の如くに向き合っていたのだろう
> それこそが庶衆の支え無しでは、成り立つことがなき雅の袖としての藤(藤原)ということよの


 ‥ベタ褒めしている注釈にありますが
 現代にまで残って来たわけですから、そこは多少大げさでも、藤の解釈として不満は無いと思います。

 (まさに、官民一体の共存共栄の象徴としての「藤」に見えてきまーす)

 ‥でも

 藤の棚が渡来文化で、藤の植物性が寄生種で、種だけが土着という
 かなり異色に思えるにせよ、
 現代の欧米かぶれと、あまり変わり映えございません。傾向はさして変わらないのに、
 「平安」と「平成」では、まったく違って見えるのは、どうしてでしょうか?


> やはり、自然への敬意があったかどうかに他ならないように思います。


 ‥自然の営みを穢してそしらぬ顔では
 大いなる支えを足蹴にしているも同然‥それが現代社会の不敬にあたるわけですから
 その花が、枝が、保たれることなく朽ちるのが道理の途上かと。

 (そうだから‥それが逆に、寄生種さながらさとして際立って見えるのだと思います)


> ‥「誰が?」って
> そりゃ紛いなりにも国民主権なんだから、現代日本人の総意ってことになるよね
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 07:09 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

【キーボードレイアウト】脱QWERTY式を考えてみたX

記稿.2017/06/14

> またまた修正です。(度度申し訳ございません)m(_ _)m


[Home]12:[DEL]/345ー[BS];67[End]
__[Tab]LRTD<{}>EUI
__[Caps]MCGXVWYH
___[Shift]^@SZJ[半/全]BPQ|\[Shift]
Ctrl、Windows、Alt、Shift、Space、Shift、Shift、Ctrl....


8、9、PageUp、
0、Insert、PageDown


 *赤字がホームポジションです。


> 今回のテーマは左右逆です。(エレコムTK-FCM084BK使用中)


 ‥左母音配置だと
 日本語と英語の切り替えが、脳的に受け付けないもどかしさを感じる
 無意識的に指が運ばない(左脳と右脳のバランス??)
 指の運びとキー配列の段組みが、わずかながら‥左右逆に適っている‥

 NMの位置が逆だとどうにも馴染まない(QWERTYからの刷り込み)
 haveが打ちづらい(英語)
 LRの並び順の方が問答無用で落ち着く(英語)

 :/;の並べにあった方が落ち着く。(プログラム)
 </が近い方が打つのがラク。 (プログラム)


> ‥ということでして


 AIUEOの並びがどうにも崩れました。
 AOが逆にありますが、それほど無理はないと思います。

 ‥ZJBPが打ちづらくなりましたが
 NMSが比較的スムーズになりました。


> ‥唯一の泣き所が、AWの打ち間違いです
> これは、何か触感の差を付けないともどかしいものがあります。


 キーチェンジには、keyswapがオススメです。(サインインで再起動を済ますことができます)
 :ダウンロード先
 :解説サイト
 :グーグル検索


 (たぶん、今回バージョンで決まりかなと‥)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:18 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2017 | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

【勝手句帳】115 29-6-6/6-9 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/06/12

|まだこの世未練があって歩をのばす   浜松市・浜松川柳社いしころ会(6-9)


 ‥ネタの詠みっぷりには、おったまげました
 しかしどうにもまだまだピンピンしていて死にそうに見えてこないのが
 「未練」不足を思わせます。(そこが、もう一つかなと)

 と言うところで

 満身創痍に見えるようにリ着目してみたところ
 外地に飛ばされたかつての日本兵の無念の詠みになりました。


|まだまだと未練のありき這いずれば もげても帰らむふるさとの


 *陸(おか)、飯(めし)

 ‥「もげても帰らむ」
 そういえば、そんな御仁で超有名な方が居られましたっけ


|まだまだと未練のありき這いずれば もげても帰らむふるさとの


 ‥二首目は、故・水木しげる氏の場合ですが
 一文字違うだけで、まったく死にそうに見えてきません。

 (皆さん、食い意地も張りどころ次第ということでーす)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:53 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

【勝手句帳】114 29-6-2/6-3 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/06/09

|特攻機母への遺文散る青葉           沼津市・するが俳句会(6-3)

|青葉散る特攻機の兄 遺文きり 慰めのはず‥九条が‥


 ‥ネタはどうにも三段切れの様相です
 ここは誰宛を示すよりは、誰からかをきっちり示すべきです。

 (どちらかというと‥顔を見たこともない父のような気がしないでも‥)
 (でも、顔すら朧の存在では、引っぱりにくいので兄にしてみました)


> まぁこの先の九条がどうなるかなんて分かりませんけどね
> ずるずるやってるのも国会の無駄遣いのようにも見えてしまうと‥


 ‥表記の決着を付けんとして、無駄にツッコむだけが戦後政治ですから

 (毎年平然と自衛隊予算を付けといて、それ以上になにを欲しているかです)
 (戦争商売したい真っ黒が多いと言うことです)
 (それの先導役が自民党なのは、自民党草案を見れば明らかです)
 (自民党が米国の戦争に真っ向から反対している文言を聞いた試しがございません)
 (そんな連中は、好戦的なだけで、ちゃぶ台返しも平然とやってのけると)

 ‥だったら、隙のない表現を足しておくのも、知恵としての選択肢でもあるかと
 とはいえ、様々な思惑が絡んで来ますからね、やらないのも選択肢ではあります。


> 戦争が本格的に企画提案されるリスクを考えれば、馬鹿のマンネリ&ネジレのなんと涼しい
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:12 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

【哲学】魂を売らない自由

↓3)記稿.2017/06/09

「先輩、やっぱ『万歳突撃』って、意識高い系っすよね?」
「はぁ?、お前何言ってんの‥」
「はぁ?、先輩こそ何言ってんすかぁ!?」

「・・・・」

「いやぁすまん、まずは意見を聞こうじゃないか‥」
「まぁ、ズバリいちゃいますと
 当時の日本には、まだ『魂を売らない自由』があったんすよ
 それがどうです‥平成の世にもなるとそれがサッパリ無くなってるんす
 この状況は、意識高い系の俺っちにとって忌々しき事態であって
 まさに、意識の高さを見せるのにまたとない時代色だと思うんすよね」

「で、お前は何をやるってんだ?」

「だから魂を売らない自由を貫きたいと思ってます」

「だから具体的にそれは何だ?と問うているのだが‥
 そこから先の具体的なイメージを携えていなかったのが当時の一兵卒たちだ
 なにも携えていないなら、またそのままに、飛んで火に入る夏の虫だぞ
 ‥お前が、そのかつての日本魂を売らない抗いの気概に共感しているなら尚更だな」


|くろがねを磨き上げても夏の底 無念の果てに奪われき
|魂を売らぬ自由ぞ冬の峰 己を通せゆえに見る剣


 *剣(つるぎ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 07:10 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

【勝手句帳】113 29-5-30 其の3静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2017/06/11...20170605...

なきがらの唇に紅ひく養花天         藤枝市堀之内


 *養花天(ようかてん)‥サクラの咲くころのくもり空のこと。花曇り。(春)


 <評>前略‥人が亡くなり、死に化粧に紅を引くのである。
    中七の「なきがらの唇に紅ひく」の悲しさと汗ばむような曇天。その配合がみごとである。
    ‥後略。


  それを言うなら‥悲しさと冴え返すような曇天(どんてん)‥

 (なぜ夏陽気になってんねん??、折角の決め所が台無しやん)
 (どうしてそうなったん?‥これだから「評」の大ポカは怖ぇよ)


|なきがらに紅ひくけふぞ花曇 思いを残し逝く友とあり


> どうしてなんだろうね‥折角の花見を前に逝っちまうなんてさ‥
> こうして死に化粧をする側の身にもなってくれってんだよ
> これからは花見のたんびにあんたの死に顔を思い出さなきゃならないじゃないか
> せめて花見の後にしてくれれば、多少は死に顔にも笑みを思い刻めたというのに
> ‥あんただってそう言ってたじゃないか‥


 ‥ここで追記にも
 「花曇り」ではなく、「花冷え」案に誘われまして


|なきがらに紅ひくけふの花冷えど 葬儀の際は花吹雪くらむ    (2017/06/11)


 ‥という五音と四音の違いが垣間見え
 「養花天」の本質が、花吹雪の待機中を指していたんだなぁと思いました。

 ‥そうなりますと、ネタの解釈は(ありえねぇぐらい)随分と変わってきます


> あんたも好い頃合いに逝ったねぇ、だって花吹雪で見送ってもらえるんだからねぇ
> (まぁ長生きするにこしたこたぁないけどさ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:27 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

【勝手句帳】112 29-5-30 其の2静岡新聞掲載分から

↓6)向宜詠吟.2017/06/04

|プレ金の風に桶屋も踊らされ         磐田市東新町

|プレ金の風に桶屋も踊らされ 賃上げ音頭 時短に変わり


 ‥これは素直に着目が面白い
 いわゆる「風が吹けば桶屋が儲かる」からの連想です。

 (十七音で、すでに完結している風格が見られます)
 (これもひとえに諺の効果ゆえですが‥)


 ‥引っぱってみるのに、随分と悩みまして、踊らされている流れを振り返ってみました。


 ‥政府の「賃上げしろ」が
 無理とわかって、今度は「時短」の流れです。
 まるで、アベノミクスが成功したみたいな素知らぬふりの展開なのでーす。


> 失敗を半ば認めて置いて、予定通りに事を進めているかのようでもあります
> それで今度はようやくにして待機児童云々と


 ‥まるで選挙戦への布石です
 それで、また勝とうなら、すり替えるのが流れになると。

 と言うことは、やはり解散も近いと言うことなんでしょうな。


> まったく以て‥国民を欺くのが、お上手にもパターン化しておりまーす。




|複雑な話はしない発泡酒           富士市五貫島

|複雑な話はしない発泡酒 チャチャとこぼし長い無用


 ‥「発泡酒」の意図を考えると、なるほどと思ってきました。

 確かに、生ビールとは扱いが格下にあります。
 それだけ、手控えたままの空気にあるのでせう。

 (発泡酒は、飲んでみてないけど、ノンアルコールは一度だけ試してみたぐらいです)
 (基本的に飲まないし、ビール系はカラダに合いません)


 ‥毎年1%の率で年金生活者が増えるのに
 年金をカットするわけですから、問答無用で1%ずつシェアが下がるのが道理です。
 さらに、少子化が追い打ちを掛けるわけです。

 海外を相手に商売しないのでは、生き残れないのも流れというわけですが
 海外に頼ると、数字で隠れて見えなくなるので、言いくるめられてしまうのです。

 グローバル向けの教育を進める傍らで、地方に振り向く教育を合わせて取り繕ってみても
 今までの延長のままなので、地方のてこ入れが実りを見せるわけがありません。
 ‥最終的に資本を投じる気なんて、道路と箱物以外に、考えていないわけですから。

 (世代がつながればヨシを以て、上々なのです)


> やるべきは、国内回帰ではあっても
> 都市部に流れる傾向は、急には変わらないと言うことです。


 (そもそもが海外頼みで、その海外にしても、都市部集中型ですから)
 (田舎を捨てて、後に錦を飾ろうにも、その頃には、時すでに浦島ということです)
 (世界中で同じ流れなんですから、バカの集まりとしか言いようが無いのが実態です)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:09 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

【勝手句帳】111 29-5-30 其の1静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2017/06/03

軽快に緑を縫って漕ぐペダル         浜松市・天龍川柳会

|軽快に緑を縫ってサドル跳ぶ 無茶な段差が俺の青空


 ‥「漕ぐペダル」どうにもパターンなフレーズです。
 「緑を縫って」も、斯様に思えるところですが
 「軽快に」からの伸びと勢いには、どことなく新たな風に誘われます。

 そこで

 ‥以前に「脛」でジャンプ表現されていたのを思いだし
 「サドル」に注目してみました。

 (自転車の車体の浮き上がった感触が伝わってくるかと)


> 所謂、マウンテンバイクの醍醐味、ジャンプです。




そよぐ茶畝のかなた春の富士        牧之原市・相良田沼塾俳句部

のたり茶畝のかなた春の富士 丹精込もる「あを」の共演


 ‥「茶畝のかなた」が渋い!!
 (これはちょっと出てきません。脱帽っす)

 ‥でも、「風そよぐ」では、初夏の趣です。
 ここは「風」より「雲」の方が、春らしく思うのですが‥(春って盛ってんだし)


> 写真でしか知らない‥こちらの思い込みなんでしょうかね?
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:36 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする