2021年09月19日

【エンコードレシピ】AVC-Q(professional版)

↓12)記稿.2021/09/19

> まずは一次処理します
> BDts(1080p)→ 4kサイズにしつつ、YUV444ファイル(ut.video)に置き換える


 ‥領域確保に、専用の空きドライブを用意する必要があります。
 (8000駒あたりで100GBを超えてきます)
 (映画版や、一話切れしてないtsにもなると、切るしかねぇ都合も‥)
 ‥又、一次処理したファイルは、VLCプレイヤーでの再生ができません。
 なので、ごちゃ対策で、先にわかりやすい名前を付けておきましょう。

 ‥一次処理したファイルの特徴として、YUVの要素を擬似的に補間しています。
 あくまで擬似的にありますが、そのように扱うべき特質まで復活するらしい‥

 (具体的には、CRF(10.0)に固定して、不足分に、MB-Treeを利用して追加する要領です)
 (qpmin(10.0)なのに、CRF値をそれ以上に下げるだけでは、効率が悪いと判断‥)
 (そこから先は、平均的に割り振るより、優先度を付けた方が細部の具合が良いと判断‥)


> 基本的にBDtsの420のままにやっても、Bフレーム品質が劣化するので、狙った想定に及ばない
> そこで10ビットの444にしたりするわけだが‥(444では互換性に欠く)


 ‥わざわざ4k倍一次処理した方が、qcompの効きがまるで違う。
 (できあがる容量と品質には、雲泥の差がでる)

 ‥マクロブロック単位で
 (0.0)エッジ感が遠のく← qcomp(0.60) →エッジ感が強く見える(1.0)
 割り当てられたブロックごとのビット内での処理に成るので
 平板ビットに不足があると、色みに違和感が発生しだしたりする。
 (色みが変わるほどなら全体的に、ビットレート不足且つQP値が高い)
 (いやんなシミのダマ感も、それのなれの果てだった草‥)
 逆に、平板の割り振りが飽和しすぎていても、動きの細部で部分的な違和感を発生させる。
 (単純に言えば、ボケ寄り感増し増しで動きやらかす)


> me_rangeの値を
> ダウンコンバート比に合わせていないと、根本的なピンボケをやらかしている
> ここを無視したり、忘れていると、qcompの効きからして‥その差を判断しがたくて詰まる


 ‥正しくして、確認していくと
 qcomp値の値にコンマ桁を追加すればするほどに、全体的に不統一さを醸し出す。
 (ブロックごとで誤差が異なるらしく、傾がって見えたりする違和感に苛まれる)
 なので、qcomp(0.6)デフォルトにこだって、CRF値を微に変更した方がよさげっぽ‥

 つまり、10÷1.024=9.765625
 CRF(10.0)×qcomp(0.57)からの
 CRF(9.765625)×qcomp(0.6)とした見立て‥

 ‥これの差は、そもそものFHD420自体の減衰分の程度を意味する。
 なので、4k444にて一次ファイルしようと、データ減衰分を織り込んでくる。
 なので、なんらかの処置を求める。
 (その割には‥4kサイズからのダウンコンバートなので、増分しがちな箇所も見られる)


> ちなみに、4Kサイズからダウンコンバートするにあたり
> レベル6における4x4マクロブロック量が、再生プレイヤーの許容を超えるらしく(格子落ち)
> レベル5.1もしくは5.2に下げざるを得ない(どこで発生するかなんて解ったもんじゃない)


 (裏を返せば、それの分の調整用途としても、MB-Tree&qcompが復活した)

 ‥なんだかんだと
 進行軸上にIフレーム情報を確保していないMKVでは
 その都度、一度通しで、Iフレーム情報を読み込まなくては、クリックサーチが不適になった。

 そういう意味では、MP4へのコンテナをオススメする(MP4は、その分サイズを微に増す)
 (これは、MKVからMP4にコンテナし直しても駄目で、一次ファイルからの再リップのみ有効‥)
 (普通に視通すだけ&倍速視目的なら、MKVでも支障は無い)

 (ちなみに、FLACの圧縮は、標準の5より4の方が音質面で安定的だと思う)
 (0ならwavと同じってか‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:45 | Comment(0) | AVC-Q | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

【勝手句帳】r077(21’0910-21’0914)静岡新聞掲載分から

↓(10)向宜詠吟.2021/09/16

令和3’9’10
静岡市・満点句会
梅雨明けや蹄の音と土埃

※場所の想定に三通り程浮かぶ(競馬場、馬術練習場、牧場)
なので、上五の「梅雨明け」で何を示さんとしたつもりなのか‥さっぱり‥
馬が厩舎から出されて、楽しんでるだろうに違いないと予想するも
騎手が跨がってるとそうで無いのとでは、意味が違う
(騎手視点なのか、馬視点なのか、第三者視点なのかで異なる)


|開国や蹄の音と土埃 どこもかしこも進退の癪
|交代やフラッシュ音とバック鬱 おかわり来ずんば支持ぞ無し
|出がらしの権化の籠城「すでに申し上げてる通りです」茶柱ぽっちにしがみつき


> 当時、黒船をそれなりに見かけていたそうだが、なぜか、ペリーだけが別格の扱いにあるクサい
> 多分それは、交渉云々の中身が全国を駆け抜けたからに違いない
> う〜んそうなると、あの有名な狂歌の時間感覚が覚束ない‥
> ならば、「たった四盃」はカムフラージュで、隠喩としての中身は別だった
> それの意を強調してあるのが、「泰平の眠りを覚ます‥」に隠れている事に成る
> そうでもなければ、寝られないほどになるだなんて、庶民からしたら「???」だもんな

> 開国とは、武士が頂点に無くなる可能性を示唆し
> 鎖国とは、武士が頂点として保証されて来た時代色を掛けている
> つまり鎖国とした言葉を武士がもて囃したというのなら、そういう事に成るだろうけど
> 江戸自体の蓋を開ければ、商人の時代だったのだから、当時の武士にその様な感覚は無く
> その差に恥やら懐かしさを込めて使用していたとしたら、そりゃ明治の役人どもの感覚だろう

> (元商人たちにしても真に受けていた向きはあったかも知れない)
> (蟹工船の様な話も有るのだから、それはそれで憂いだったろうけど‥)
> (列強のやり方は、仏教文化には馴染まないとかなんとか)


> 再びの政権交代は来るだろうか?
> 来たとしたら、それこそ取りあえずのおかわり来ずにして始まるまい
> そうに無いなら、よろこぶのは自己責任を論調してきた自民党支持層配慮のままで
> 「どっちの味方だよ?おい」‥て話にもなる
> その手の話の湧かないままに年を越したともなれば、交代は期待外れの格下印象に堕ちるだろう


> 政権交代して尚、モリカケに桜とした吹っ掛けをやるしか能が無いともなると
> 当然呆れられる(時代はコロナ対策なんだからそれが空気だ)

> ‥何はともあれ、コロチン疑惑のフラグが立ったなら、まとめてやれば良い
> それぐらいの手順を思慮できないともなれば
> 結局のところ本当に中身が無いらしいとしたオチに見られるだろう

> ‥同じにコロチン疑惑の轍を踏むだけの政権に何を期待できるだろうか?
> その点において、インベルメクチン切り替えは、巧妙なコロチン疑惑封殺の交渉ラインぽいが‥
> 選択支としては、国産ワクチン、納豆菌などによる治療法の提案などなど‥
> そのような声が、早々に挙がるかどうかという事だろう

> だから、もりかけ桜を出足に考えるばかりなら、早々に痛い目を見ることになる
> 何はともあれ、自民党群は、籠城しかできない
> 交代したったとあっては、向こうから和睦を求めてくるべきが流れ
> それすら読めないってんなら、交代する器に無いってことだz


> ‥コロチンには、寄生虫が混入されてるそうで、それはマイナス80度に耐えるんだそうだ
> で、インベルメクチンの効用の実際は、それ自体の寄生虫駆除に思われる

> アフリカ眠り病と言われる寄生虫の殺傷力がどれほどのものか今ひとつ掴めないのだが
> コロチンを打てば打つほどに死亡率が上がるという話でも有るという事であれば
> そいつが最後の死亡率トリガーを引いてる可能性として、かなり高いとの予想も立つ‥

> そして酸化グラフェンなる毒の混入を隠蔽するための低温度管理だった
>(なんでも温度を下げると磁性低下で固体化が弱くなる特性を持ち合わせた物質にあるらしい)
>(で、打ち込むと体内で磁性復活して、磁石に反応するとか何とか‥)
>(定期的に対外に排出されちまうので、打ち続けて貰わないと間引きにならないとか何とか‥)

> このようないくつかの毒を取り除くと、死亡率等は、初期のコロナ騒ぎ程度に下がりそうだが
> 国産の自称ワクチンとなる奴の程度予想としてそうなると思うも(資本元次第では怪しい)
> そもそもそうでしか無いなら、集団免疫のレベルで、打つ必要が無い話にもなってくる
> (なんにしろ、禿げ要因となってるのは、どう見たって、mRNA絡みに思われるからだ)

1

令和3’9’10
静岡市・満点句会
|捕虫網兄が走れば弟も


|捕虫網兄が走れば弟も 網は貸せても持ちコン貸さず


> 兄ちゃんがその気なるとなぜか弟に伝染する
> 捕虫網を携えて虫取りに出掛ければ弟もついていく
> 兄にしても、振り回していて捕れないばかりともなれば、格好つかないわけで
> 自然と、弟にも貸してやったりと一息入れている‥

> するとゲットが少なくても、それを揃って、時の運のせいにしちゃっていたりする
> ‥だが、これがTVゲームになると、どうにも事情が違ってくる

> 兄が、われ先にゲームコントローラ(詠み略:持ちコン)を手に掴もうなら
> 弟に順番が回ってくることは諦めた方が良い
> そういう意味では、なぜかソニーより任天堂ということになっている

 (高度で密度なゲームになるほど、一人一台とした特性にならざるを得ずどうしようもねぇ)
 (そして時代は少子化‥さらにコロナ禍‥任天堂の家族向けのうま味など小さくなるばかりだ‥)

 ‥父ちゃんにしたって、子のプレイを観察している方がお気楽で
 ‥やりたくなったら、ちょと貸して貰う方がお気楽で、べりーやりたくなっても
 ‥まずは情報収集がてら、子のクリアーぶりを見てからの方が大人対応だろう
 (もはや家族で遊べる→家族でゲームの世界観を味わえるとした空気に思われる)
 (ゲームが難度で手間になると、横で見ているのも有りに堕ちるオチと言うことだ)

> ゲーム会社がそこを打開したければ、AIによる操作補助機能を設けるしかない
> 車の自動運転と同じで、どのぐらい程度の補助なら助かるか‥としたテーマでもある
> また、どのような組み合わせによる演出が構成できるのかとした提案でもある
>(AIならヒトのシステムに介入して、サッサっと提案ぐらいできるようになって当然だ)
>(ゲーム会社にしたって、ゲーム難度の見落としを発見しつつ、再調整の手立てにできる)
>(操作補助有りと無しでは、ゲットできるアイテムに差があるなど工夫の余地にもなる)

2

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:51 | Comment(0) | 名句にポン/2021中途から不定期分 | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

【爆味】「抹茶×バナナ」は「イチゴ×ミルク」並にトロピカル

記稿.2021/09/15

> 家に試供品だか何かで貰ったままの抹茶が賞味期限切れしていた
> 勿体ないし、面倒くさいし、丁度良いので
> 鉄を入れて沸かして冷めた湯‥もとい水で溶いて飲みまくることにした


 (千利休が怒鳴り込んでこようが関係ねぇ)

 ‥お茶っ葉の柄を片づけなくて良いのがGood
 (粉が舞うので、先にマグカップに水を少しばかり入れておくのがコツ)


 ‥大ざっぱなところに、バナナのスライスを入れてみたくなった
 入れてから多少放置した後に飲んでみると、これがとてもトロピカルだった

 じつにアレンジし甲斐のある組み合わせに驚いた
 例えるなら、イチゴ×ミルク並に相性が良い


> きっと誰もが
> 抹茶こそが、和食文化において唯一のトロピカル食材だったと思うばかりだろう(果物除く)


 ‥さらに、鶏の胸肉入りサラダに、溶いただけの奴をぶっかけてみた
 なかなかに相性が良い、こちらもアレンジのし甲斐を感じられた


> コロナ対策としてのお茶の効用を謳うことで、アレンジ次第では馬鹿売れするかも知れない


 ‥難点は、お茶だけに品質の保持に技術が伴うだろうところだが
 家庭でやらかす分には、飽きの来ない素材である点に間違いは無い



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:07 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

【ツッコミ隊】狩猟VS農耕→小麦VS米に置き換えての民族性解釈

↓3)記稿.2021/09/11

> 小麦の種まきは秋、収穫は初夏から夏(寒冷地ほど作付け期間が長めになる)
> 米は、田植えが初夏、収穫が秋(寒冷地での稲作はどう頑張っても収量に恵まれなかった)


 ‥小麦地帯では、温暖な土地寄りに、冬にのんびり、夏にバカンスありき(白夜なら尚更)
 ‥稲作地帯では(主に豪雪地帯)夏は草抜き、冬は篭もって手仕事ありき(収量が少なかったから)

 もはや説明するまでもあるまい、一目瞭然だ(千年超に渡る蓄積は相当だ)

 西洋圏では、夏に暇になるので、バカンスを身に付け(娯楽大好き)
 東洋圏では、冬に暇になるので、細かい作業に集中してきた(日本人の手先器用)


> だがしかし、論点はそこでは無い


 ‥西洋で夏に暇になると言う事は
 開拓作業を夏にやらかせると言うことである(進捗が早い)
 稲作では、夏に草むしりをやらざるを得ないので、冬にしかできない(この差は大きい)

 ‥さらに、開拓をそれ以上必要ないと判断したならどうだろうか?
 森を失うよりは、奪いとれば良いとなる
 夏に戦の仕込みをしておき、冬に仕掛ける‥(感覚としては逆だが、装備の都合を加味‥)
 これを繰り返してきたなら、死の商売に手を染める輩が集中的に登場しても不思議は無い


 ‥これを中華に置き換えると
 北部は小麦、南部は稲作で、三國志の国勢拡大の有り様に見事に一致する

 ‥これをさらに日本と比べると
 北東部に肥沃な平原が有ったか無かったの差がとにかく大きい事が解る
 もっとも、横並びで稲作だったなら、尚更に不利だったことで一致する


> バカンスを安心して過ごしたかった西洋貴族の嗜好が
> 戦争をして捕虜をゲットし、奴隷として売り飛ばして、格安雇用を得る事だった


 ‥西洋貴族も、始めのうちこそ天下統一クサい侵攻に憧れはしただろうが
 バカンスを介することで、その辺貴族同士でどうにでも身内になれちゃうって流れにあったのなら
 誰がどう考えたって、戦のそもそもの目的が奴隷ゲットだった事になる

 (誰もがバカンスしたかったら、尚のこと奴隷文化は勝ち組の心得だったに違いない)
 (日常においては、貴金属を身に付けておく嗜みとした裏返しの様な扱いもあったろう‥)
(自分たちの支払いの不足を奴隷で補って精算したとかなんとか‥も含んでいたはずだ)
(ならば清算勘定として、どれ程の労働力をその戦で失ったかも代価の内だったかも知れない‥)

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:35 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

【勝手句帳】r076(21’0903-21’0907)静岡新聞掲載分から

↓(7)向宜詠吟.2021/09/09

令和3’9’3
沼津市・裸子駿河句会
ぽつぽつのやがてどしゃぶり墓参り


|ぽつぽつとやがてどしゃぶりワクチン禍 雪掻きできず倒壊の春


> ‥なるほどなるほど、家族みんなでコロチンで動けなくなってりゃ
> 雪が積もって倒壊だらけになるなんてオチと言うことでしょう
> (世界的にも、その確率はかなりありそう‥)

> 回復する可能性があっても、雪でかき消されてしまうでしょう

> ‥気になる方は、今のうちに頑丈で暖かいお家をゲットしておくのが良いかと‥

 (宇宙全史に、人口半減後は住みたい家選び放題なんて書かれてあったけど、怪しいz)
 (遺体放置状態だったら‥そこに住みたいなんて誰が考える?‥)

 (だがしかし、そのような事態が急激に発生したら、春なんて来ずに地獄になる)
 (食料が来ねぇ上に、法律で、種は買わないとダメってがんじがらめ何だからさ)
 (糞真面目にも、種持ってる農家が丸っきりだったら全滅じゃん)
 (そんときゃ、コロチン打って無くても、粗食に耐えられない奴から死ぬよ)

(だがしかし、そんな急激な変転だと仕掛けてる側は儲けられないのだからどうなんだろうな‥)
(でも勢いづいてるからな、3回でも4回でも打て打て行進になってきてる‥かなり適当‥)
(つまりそれは、春になると遂にドル崩壊もとい通貨崩壊がやって来るという流れ‥)
(それはそれで、だったら急激ッすね)

1

令和3’9’4
裾野市・石蕗短歌会
蝉の声投網のごとく周辺に夏の眩しさ暑さふりまく

※蝉の投網のような暑さ → まん延防止網(要請)にうだる暑さ → 網暑(もうしょ)


|網暑ざれめぐるワクチン増すリスク 打たぬルーマニアン涼し顔


> ワクチン接種が進まなかったルーマニアでは、「あまり何も起きていない」感じだそうです
> ルーマニアとイスラエルの最近のワクチン接種数の推移の比較値
> 二度の完全なワクチン接種率(値は8月末模様?)

・ルーマニア 26%
・イスラエル 67%

> 日本と違って、基本的な人口密度の差も加味して考えると
> ルーマニアのそれは、日本での打ち始め頃の地方の状況のままにあるらしい

> 日本では、5月あたりからの報道に乗せられちまったって感じである
> 如何にも、皆さん打ってます、世界中で安全ですみたいな(今や逆)
> 打っても打たなくても死亡率はかわらない、重症化せずにコロッと逝く(まさにコロチン)
> なので、元気そうでも、雪下ろしの最中にコロッと逝きそうなので要注意!

2

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:34 | Comment(0) | 名句にポン/2021中途から不定期分 | 更新情報をチェックする

2021年09月08日

【観察】アシナガバチの巣のその後

記稿.2021/09/08

> 真夏の暑さに、女王蜂と息の長い一匹は、巣にへばりついてやり過ごしていた
> どう見てもこの暑さの中、そんなんでは、卵に風は入るまい
> 予想通りに孵化しなかった


 ‥ダブル台風の後、巣の形状が欠けていた
 風で千切れたのだろうか?‥それにしてもそれを修復するという様子が無い‥

 その後、次の台風の過ぎ去った晴れ間、玄関先の大家の畑の垣根(ツツジ)のあたりで
 一匹のアシナガバチが、葉っぱの上で気持ちよさそうに日光浴しているのに出くわした
 何だか妙にまるっとした感じで、穏やかな雰囲気にこちらが驚いた

 「これは新種なのか?」と思わせるほどに、くつろいでいた
 (肉食系の蜂特有の攻撃的な感じがまるでなく、見た目からして尖っている様子が無い)


> ‥それから、長雨が来て去り、涼新たになると
> どこかに行ってしまったらしい


 ‥自分たちでは巣を撤去する性を持ち合わせていないという事だろう
 ‥自分たちでは巣を撤去する性を持ち合わせていないという事だろう
 ‥自分たちでは巣を撤去する性を持ち合わせていないという事だろう

 (と言うことは、巣を完全撤去せずに半壊させれば、どこかに行っちまうと言うことだろうか?)
 (それはそれで、高難度な蜂群排除術になるのだろう)

(ハチクマに攻撃された蜂の巣が、その後どうなるかという事でもあるのだろうけど)
(そういう映像は見たことが無い‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:18 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年09月07日

【爆味】ショコラ納豆

記稿.2021/09/07

> 納豆に純ココアをふりかけて食ってみた
> (普通にやらかすトッピングに純ココアを足すだけです)


 ‥一気に納豆感が中和されて、チョコレート感で押し切る感じがナイス

 納豆はコロナ対策で
 チョコレートはテロメア復活効果期待で

 ワクチン打っちまっただぁと不安なら、これに限るのではないかと‥
 納豆嫌いでも、これなら食えちゃうのではないかと‥


> ちなみに、カレーを食べると、善玉菌が間引きされちまうので(腸力減)
> コロナ対策としてのカレー習慣は、控え目の方が良いのかなぁと思うこの頃である

 (盲腸の有る無しで差が出るかなど知らん)
 (盲腸には、腸内菌の待避所とした機能性が有るとか無いとか)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:57 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年09月04日

【考察】瘴気(しょうき)とは何か?存在性はあるのか?

↓3)記稿.2021/09/04


> 瘴気(しょうき)とは何か?


 瘴の字の意:瘴とは、南方の山川の毒気、又その毒気によりおこる熱病などの意味をもつ漢字。
(単純に考えると、鉱毒症状を差しているようにも思われる)
 (これだと、字体の発生より先に、鉱山利用の方が早かった‥まぁ当然‥)
 (そしてそれは、山岳部と下流域との交流がすでにあったことを匂わせる)
(そしてそれは、鉄器の登場より先に、道ゆくうねりが所々にできていたことを意味する)
 (それとも、鉄器を手にした山岳部の集団が、道を造りながら進軍したというのだろうか?)
 (それだけの養いを先に手にできずにして、誰が過酷な道路労働に従事するというのだろうか?)
 (なら川下り用の舟か?‥だが現代だろうと急流を効率的に渡ろうなんてほとんど考えない‥)
(鉄器を境にすれば、戦の拡大が鉱毒を発生させていた‥誰しも初めは無頓着だった‥)


 西洋思想:古代から19世紀まで、ある種の病気(現在は感染症に分類されるもの)を引き起こすと考えられた「悪い空気」。気体または霧のようなエアロゾル状物質と考えられた。
 瘴気で起こると考えられた代表的な病気はマラリアで、この名は古いイタリア語で「悪い空気」という意味の mal aria から来ている。

 (西洋に始めからマラリアが居たのかというと怪しい)
 (大航海時代を介した後での話となればマラリアとしたバイアスは強くなるだろう)
 (だが当時以前は、冬がとても寒かった、船に紛れ込んで入ってきても越冬できたかは怪しい)
 (なので、古代からと云うなら、鉱毒とした解釈なら、まんざらでもなさそうだ‥)
 (西洋人の懲りない戦好きは、ローマ帝国が証明したようなものだ)


> つまり、瘴気とは、鉱毒症状を含めた汚染を指してきた
> そしてそれは、鉄器の用から、戦争との絡みを含む意図を発生させていた
> だから、直感的に瘴気は、ヒトの闇に堕ちたときに発する得体の知れない空気とした連想となる


 ‥だがしかし、実際にはどうだろうか?
 ヒトの恐怖や狂気は伝染する
 よろこびも悲しみも伝染するわけだが、ヒトの恐怖や狂気と比べると賞味期限は短い

 ヒトの怨みが怨みを加速させて狂れさせる
 物質的な豊かさゲットよりも、崩壊速度の方があっという間なのだから当然となる

 つまり、瘴気を感情たる形としての伝播の在り方とした見方に用いるなら
 瘴気を感情エネルギー(モチベーション)とした扱いをすることが成り立つ


> ならば、それのそもそもの基礎単位はなんだろうか?
> 単純に、命を奪われるとした日常の捕食にあると言える


 ‥動物が逃げるとした行為は、瘴気に触れるからだ
 怒りに触れているかのような行動も又同じに思われる

 但し、心理的に記憶が薄いと鈍かったりもするし、相手を格下に見ていても同じだ
 瘴気に対する免疫があるか、無知であるかの差はあるにせよ
 恐怖にならなければ、瘴気は無いも同然として、その個体の周りを漂うばかりだろう

 ‥だがしかし、捕食とした日常があるなら、瘴気は日々確かに漂っているのだろう
 それが、ヒトにも警戒感として、時折に感じる瘴気を「殺気」と呼ぶのかも知れない
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:12 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】r075(21’0828-21’0831)静岡新聞掲載分から

↓(11)向宜詠吟.2021/09/04

令和3’8’28
焼津市・高草短歌会
|夏椿満つることなく庭隅でポツポツと咲きポタポタと散る


|政策はポツポツ咲けど期限まで そこから先はポタポタ散りぬ
|青春もポツポツ咲けど卒業まで そこから先は風の伝
|思い出は食い散らかして手に入る 切り捨て御免のスパイラル
|人生をディナーにしたきゃ狙い討て どいつもズボラな空気銃


1

令和3’8’31
島田市・川柳
|振り返るたびに昭和が褪せてくる


|問えばまた戦後JAPANに青すだれ カネと反社とグローバル


> 火の無いところに煙は立たない
> 大火になるほど鎮火は容易ではない
> 同じことが繰り返されてばかりなら、偶然では無い‥意図的と疑うべきである

> とした目が見えてくると、やらかしている主犯の手口を警戒するようになる
> そもそもにしてヒトのやらかすことはパターンになって上等だ

> 悪いこと、バレたくないことの最逃は、木は森に隠せ、舟は港に隠せと同質に並ぶ
> 次点で、責任者を用だって、尻尾を切って責任を負わせ、この話は都度終わったことにする
> 自分たちこそ××に有るにもかかわらず、××は嫌いだ悪者だ‥などと吹聴して攪乱する
> これらを隈なく組み合わせる事で、違法文化を創出して、違法を稼業にして独占するのだ
> さらに反社勢力をでっちあげて、軍の監視下に置き、秘かに違法物の生産をやらかすのだ
> 当然ながら、それらの稼業にドンパチは付きものだ(大抵誰も近づかない)

> 「縁日とは何か?」と疑うなら、ヤクザが取り仕切っているのだから、向こうが縁を乞う日だ
> 昔となにが違うのかというと、仏教観が皆無になった事のように思われる

> 戦後に米軍が入って来てから、ガラッと変わった
> 民主化などと喧伝しながら、自分たちの息の掛かった政痴屋を送り込む
> 政治に参加するにはそれなりの資金が必要とのルール付けとも成れば、操作など容易い
> 当然ながら、カネのカラクリなどとっくの昔に支配しているのだからポチの発生も致し方なし

2

令和3’8’31
伊豆市・川柳
|お願いを迫る口から出るお詫び


|お願いを迫る端から無駄づかい 世間の欲に近道なけれ


> 誰しもは商いとしたお願いを日々行う傍らで、日用を消耗させている
> それは役人の無駄づかいから始まって、世間の無駄づかいへと続いている

> 誰かが借金を嫌い、補助金を目論めば、役所の無駄づかいにも成り得よう

> 無駄づかいなんか、政経音痴のやらかすことだとしてあざけろうと
> どのぐらいの%を無駄とするかの定義など無い
> 実入り換算で‥5%かね?、10%かね?、破綻するまでの度合いすべてかね?

> 私は大丈夫などとしっかり者こいても、未来からの借り物をしていれば同じことだ
> 電気、水道、環境‥云々、それに該当する未来をお返しできていないなら両成敗で当事者だ

3

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:44 | Comment(0) | 名句にポン/2021中途から不定期分 | 更新情報をチェックする

2021年08月30日

【勝手句帳】r074(21’0821-21’0827)静岡新聞掲載分から

↓(19)向宜詠吟.2021/08/30

令和3’8’21
裾野市・鈴木図書館短歌会
|畑道を走りゆく子の後を追いタンポポ綿毛次次旅立つ

※リアルで詠んでるだろうにメルヘン感がそそるっす


|春野追う子ら追いたげに綿毛発つ 振り向け空に旅さそう風


> 春野を駆けゆく元気な子どもたちを見て
> タンポポの綿毛も、駆り立てられるのかもしれません
> もしそうなら、たまには振り返ってみるのもありでしょう
> きっとその振り向いた先の空には、多くの綿毛が旅立たんとして舞い上がっているかもです
> その時に、見上げて、旅焦がれたならきっと、タンポポ綿毛に誘われたって事でしょうね

1

令和3’8’21
裾野市・鈴木図書館短歌会
|音符たちよ野原で遊び廻ってもピアノ弾く時譜面に戻れ

※随分と空想すぎてて、詠みとは違うように思われます(呪文くさっ)


|のどけしき野原で遊ぶ音の精 我が調べにて集いて踊れ


> ♪ポロロロン‥デス・ララバイ唄います
> ねんねんコロリ、おコロリよ、悪い奴らは寝に死せり

> おい、こいつらは本当に全員寝死んだのか?

> ‥それなんですが、たまに情をかける音の精もいまして、100%とは限りません

> ほう、そういう事なら、きっちりトドメを刺さないとな

> え、なーに、結局はブスブスしなきゃダメなの?
> それって、全然役ただずじゃない

> ぼやくなぼやくな、こういう魔法があって、始めて解剖知識を得ることができる
> こいつらの生体構造なり、弱点を知るには持って来いだろうが
> どこから捌くと、大量にブッシューって吹くとかさぁ
> ピンポイントで特定箇所を知ってる知らないの差は、かなりデカいんだぜ

2

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:02 | Comment(0) | 名句にポン/2021中途から不定期分 | 更新情報をチェックする