2020年01月22日

【考察】JR東日本×ぐだ野から説く「競争依存的精神疾患」

↓4)記稿.2020/01/22

> 板垣情報に枝野幸男の支援元うんぬんが述べられていた


 ‥なぜにJR東日本??(ようするに、東京一極化をお願いしたい勢力)

 どう見ても、戦争気配や地方分権には反対の構えっぽ
 思えば、立憲民主党には地方分権の声色は無い(よく知らん、気配として)

 ‥民主党政権時代の看板の一つだった
 地方分権とした概要を維持する必要は必ずしも無いわけだが
 スポンサーが変わるとその辺でスゲー空気が変わる一例なのだろう


> 近年の列島での被災状況を考えると
> 地方分権に首都機能の分散化は議論の想定、避けては通れない議題である


 ‥ぐだ野のアレやコレのぐだぐだがここらに在りそうである
 とはいえ、方々で打倒安倍政権の声を掲げてるのに、野党合意せずでは本末転倒だ

 で、小沢一郎とは合意に至ったらしい

 でも、国民民主党とは、グダグダのままだ(やり取りが芝居くさい)


(それでは小沢一郎と合意とは呼べん、どうして小沢一郎絡みはいつもこのパターンなんだ?)
(原因は直球で小沢一郎自身にある、それ以外に解釈のしようが無いのに、なぜか周りのせいだ)
(小沢一郎自身に何食わぬ顔をしたままの闇があるとしか言いようがない)

(そもそも‥銀行券廃止国券登場議論無くして政策なんて程程にしかできないんだからさあ)
(自覚して政権交代だけを目指せよ、なにをやろうってんだよ、何をっ)
(手を取り合う事もできずに政権交代を目指しています‥が如何にピエロかって事ぐらい理解しろ)

(単に、対立姿勢を示すことだけを民主主義だと述べてるみたいで、似非商売臭すぎる)
(「改憲やるやる詐欺」VS.「政権交代やるやる詐欺」にしか見えねぇっすから)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:12 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

【考察】資本主義、科学と経済(理系と文系)の間にある落とし穴

↓4)記稿.2020/01/17

> 科学は暮らしに豊かさをもたらすべきはずだった
> しかし、現実はそうになっていない


 ‥なぜだろう?
 科学がナノの世界に突入した辺りから不可解しくなっている


> そもそもの商売という奴は、「これってイケるんじゃねぇ」から始まっている
> そこは科学だろうとさして変わらない


 ‥「これってイケるんじゃねぇ」に、正義など1ミリも無い
 無邪気にも、やってみたいスイッチが入っただけの事だ

 ところが、理系の場合と文系の場合のそれはかなり違う

 理系の場合、事象においては何が起こるか知らないとした警戒がある
 だが文系の場合のそれには、「やってみないと分からない」とした誰かへの期待が付きまとう

(当然、やってみたいのは自分だ)
(裏返せば、やってみない後悔‥自分のせいだけは避けたい症候群だ)
(それの一番の先鋭(代名詞)は、ホリエモンだろう、つまりホリエモン症候群だ)


 理系の場合の敗因は、科学的に論理立てる(そうしないと、自分たちの安全すら担保できない)
 文系の場合の敗因は、誰かのせいにしてしまえの所がある(勢いとノリで面目を保てば良いとする)

(やってみない後悔だけはしたくないホリエモン症候群には、無駄に勢いとノリと面目とで騒々しい)


> ‥これの差を社会現象に置き換えると
> 日本企業の牛歩は、科学的姿勢が強い
> 中国企業の飛躍は、商売的姿勢が強い


 ‥しかしながら、どちらにも嘘が雑じっている
 それは投資が絡むからだ

 科学的見解を重視していると、期日に間に合わせることなど頭に無い(安全優先)
 一方の商売的見解には、期日に間に合わせることこそ信用とした日常がある(売上優先)

 ‥ところが
 投資家としても、科学的名誉を得たい症候群としても、期日重視の方が都合が良い一致を示す

 ということで

 てめえが科学に無知だから文系止まりである自覚も無しに商売は進行する
 一方で、商いに無知だからこそ理系詰まりである自覚は、経営を丸投げだったりする


 ‥これの二つの都合が、知らずと投資家に優位に作用してきた
 ところが、科学がカンブリア紀状態になると、投資家の多くは文系にあるので凍り付く
 科学がカンブリア紀状態、つまり、どの技術に投資したらより有益かを推し量れなくなるのだ
 それが文系の泣き所、まさに凍死家に陥るのだ


> だから、資本主義のお席の立場は
> 嘘を混ぜて、自分たちの判断が正しいとしたインチキな振る舞いを繰り返すのだ
> (それも面倒くさいと思えば、蛇口を牛耳れば良いとした悪ノリに奔走する)


 ‥すると不思議なことに、誰しもが景気指数だけで投資が成立すると思い込む
 その景気指数が、どのような計算と調査に基づくのかなど論外で
 景気指数の信用は権威と化して通るのだ

 (迷信にも、権威が押せばその通りだとして誰も憚らない)
 (誰しもは、なぜかそこで自らの無知をかわいがる)


 ‥理系であれば、如何なる数値だろうと、徹底した要素確認を要求するはずだが
 肝心の理系とて、権威には弱いので、不思議と経営の諸々の数値にまで首を突っ込もうとしない

 ‥数学者達が、高度な計算に基づいてリスクを分散したから大丈夫と言い放ったとて
 結局は、ハイリスクだろうとすべてを市場に投げ入れたのが商いの貪欲さ(リスク最大化)だった
 そこの心理にまでに首を突っ込まない
 (数学者は心理学者でないとばかりにその手の要素を排除して統計を図るのだ)

 ‥結果、リーマンブラザーズのせいになった
 (少なくとも投資側のせいという範疇ではあった)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:59 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

【エンコード日記】実写プログレッシブでAQモードが悩ましい件

記稿.2020/01/16

> 手持ちのウルトラマンのソースに、懲りもせずにトライしてみたところ
> AQモードが悩ましくなっていることに気が付いた


 ‥DVDインターレース解除用途の延長で
 暗いシーンのバイアスを自動分散を選択したままだったが

 BDリップのプログレッシブの映像に対しても同じ扱いのままだと
 どうにも、CRFの微調整に難を見せた


(実写の場合、BフレームのブロックサイズにB4x4というのが無いので)
(Bフレームらしき間で、とくに顔の表情辺りで、細かいボケを見かける)
(それはとくに、CRF値の端数値での場合で起こりやすい)


 ‥ということで、「暗いシーンのバイアスを自動分散」を疑いだした
 こんなに微調整がやりにくいままでは、よろしくない(以前にこんな症状は無かった)
 特に驚いたのは、CRFでの(0.1)の差が猛烈に違うポイントに出くわした事だ
 そいつのそれは(15.9)と(16.0)で発生した


> ‥なんでこんなに違うんだよ‥


 ‥そこで、どうせだから「可変AQ」にして
 ビットレートを増やせば、同じだろうと思い立ち
 それの(15.9)のビットレート量に合うように調整してみたところ
 暗いシーンのバイアスを自動分散とのCRF値換算での差が(0.6)ちょいだった

 これが今度はCRF(15.3)だったわけだが

 今までに見たことの無いほど、なぜかベムラー絡みの波の立ち方が違うのだ
 ピントの焦点が合っているというのか、とにかく別物に見えてしかたがない

 ‥720pにそんなポイントがあるなど、どこの制作現場でさえ想像したこともないだろう


(そもそもがフィルムソースだし、720pでの撮影なんて流行らなかったわけで、想定できない)
(DVD480pともなると比率が違うから、こんなもんだとしか思ってない)
(1080pにしたって、低画質時代の印象がこびり付いたままだろう)
(だから高画質時代に突入してみたところで、今度は差が分からなくなり、このぐらいでをやらかす)


> ついでに、SATD Exhaustive SearchとExhaustive Searchの差も確認してみたところ
> CRF値を規格外に下げだすと、確実に差が発生する傾向にあるらしい


 だが、規格側の想定するCRF(18)〜(23)の辺りだと、それ程に感じられないだろう
 これは、ファイル容量の話で、画質向上うんぬんの内容では無い(そこまで確認していない)


> つまり、SATD Exhaustive Searchの方が、CRF値を下げた場合での増量比が大きくなる
> 勿論、画質も向上するが、ソースによっては、ビットレートを盛りすぎるのは考えものだった


 ‥やはりというか、実写には絶妙のピント量というのがあって、そいつに出くわした
 ということで、プログレッシブソースを再エンコードする場合
 可変AQの方が、Bフレームのバランスがよろしく扱いやすくなるようだ


 ‥まぁこの辺がAVCでの泣き所なのだろう
 B4x4にまで、割り振るにはブロック数が足りなくなるので除外された
 HEVCではそこの改善が見られ、AVCよりBフレームが綺麗になった
 だが、もはやAVCのようにべらぼうにBフレームを並べる発想には無い



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:45 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

【アイデア】口座からそのままチャージする為の改善案

↓5)改稿.2020/01/18...20200114...

> どのような経済を模索しようとも、最終的に壁になるのが「盗む」とした概念である


 ‥お金のやり取りには、どうしたって権威づけが欠かせない
 しかしその権威がインチキ上等な連中に成り下がったとしたら、お金に意味なんか無い
 それゆえ、競争とした概念も合わせてスライドさせておく必要に迫られる

 競争を強いられることで、ヒトは、インチキ上等をやらかすのだから
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:48 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

【妄想】五輪前解散→政権交代のシナリオでは、まさかのifを背負わされる羽目になる

記稿.2020/01/13

> ‥2020五輪が成功するかしないかは、まさに今年の関心事である
> もし失敗絡みだったとすると、安倍政権のせいにできなくなるばかりか
> 五輪後の不景気まで全部、「政権交代のせいだから」にすり替えられない


 ‥というケチが付きかねないオチが見え透けている
 なので、無駄に延命したい安倍総理の思惑と合致して、五輪前解散は有り得ない
 というか、年明けからの流れを思うに、やはりそんな感じでしかないらしい

(枝野は未だにグダグダ言っちゃてるからな、合流なんか未来永劫ありそうにねえ)
(もはや、「ぐだ野」と呼ぶしかねえよ)


> 仮に、現段階の不景気ムードが、五輪ピンポイント買い控えだと仮定すると


 ‥山本太郎の目指す消費税0%で、日本経済復活は多少なりとも色があることになる
 が、メディアはこぞって五輪後の不景気を指摘しているので、五輪ムードも糞も無さそう


> 開幕になっても、五輪ピンポイント買い控えから微動だにも振動しなかった場合


 ‥すでに日本経済は、冷え切って居たのだったとして
 安倍政権やら黒田日銀総裁の見解の的外れがヤリ玉になってもおかしくないわけだが

 ただし、海外からの渡航客で五輪が活気立ったりすると
 それはそれで、訝しくも観光政策は実を結んでいた事になる
(安倍政権としても、この果実の是非を確認せずに解散は有り得ない)




> 宇宙全史の予告通りに、湾岸シンクホールが五輪前に発生した場合


 ‥五輪ピンポイント買い控えの資金からして、問答無用で
 都心からの脱出資金に回されることになる
 なので、五輪ピンポイント買い控えがあったかどうかなど不明になる

 (それにしてもどこに避難しようってんでしょうかね?)
 (始まったならはじまったで、日本の都心という都市部の多くが対処っすから)


> 湾岸シンクホールが五輪中に発生した場合


 ‥世界中で安倍政権を忌み嫌うに都合の良い口実にされそうだ
 そのついでに日本観光のイメージダウンは避けられないだろう


> 湾岸シンクホールが五輪後に発生した場合


 ‥五輪後といっても、例えば、台風の最中だったりした場合
 台風明けに湾岸の一部景色が消えていたりすると、衝撃は大きいが印象がぼやけることになる
 台風だからそういう事もあるかもなどという現実逃避の見方と言う奴が顔をもたげてしまい
 第二・第三のシンクホールの発生を見て、ようやくその寝ぼけまなこを見開く感じだろうか‥


 ‥どちらにしても
 湾岸の景色が一変するような事態になれば、五輪後不景気のダブルパンチで
 一気に日本の物流が低下することは考えるまでもない(恐怖の食料価格上昇)
 とはいえ、物自体の入る余地はあるので、流通の拠点が移動すると言うことだろう
 (不景気突入だからこそ、この移動の用が成り立つとの見方にもなる)


> 湾岸シンクホールが、随分と遅れて発生した場合


 ‥確実に平行世界の軸が移行しているわけだから、その時の世界状勢次第での見方になる




 それにしても、弾道ミサイルって、本体自体は木っ端微塵にならねえ程度だったんだな
 そんなんで威力がどれほどにあるとか、どうにも思い込みすぎだった気がしないでもない

 (それともあれは、炸薬の量を減らしてあったんかいのう?)

 ‥要するに、炸薬の量次第だって範疇で、ABC弾頭でもなければ、案外平気って事らしい
 炸薬の量次第ということなら、そこはやはり
 編隊組んで1000発とか2000発とか、爆撃機から投下する方が、戦略的効果が高い
 つまり、ショボい数のミサイルは、ピンポイントでは恐怖だが、目的は威嚇&メッセージ
 本当に恐いのは、国と国との対立がその気になって戦争の流れに填まること

 それにしても

 トランプのひやり行動と株価の昇竜拳は、いつも連動しているように見えてしまうのは
 裏でインサイダーが起こっているとしか思えない
 それとも、ただの市場の正直な反応と言うことだろうか?

(儲けられるなら、苦言は先送りされる体質という裏事情が絡まった事案だったとかなんとか)

 米国がトランプ大統領である以上、その手のやり取りがぼつぼつあると‥
 どうにも奴は、奇抜なやり方でハシゴを外すのが好物らしいからな



posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:13 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

【エンコードレシピ】無想転写(リ刄vは最低でも720pって言ったよねっ版)

↓11)記稿.2020/01/11

 ‥諸々とした‥もしかしたら
 DVD再エンコードの場合は、どの解像度だろうと、同じサイズなら同じ画質を満たすのでは?

 (無想転写ならそれが可能のはず)

 ‥つまり、オリジナルと同じファイル容量になるようにCRF値を(0.1)刻みで調整して
 圧縮率を求めないエンコードに仕上げる


> やってみたら、ビンゴだった(なぜかは知らん)
> 720p化で気になる領域でのエッジも無くなる(つまり盛りすぎだった)


 でもまぁそうなると、480pにメリットはほとんどない
 無想転写では、レベル4.1でのマクロブロック数が気になるところだが
 それほど気にする状況に陥るほどではないらしい

 ‥で、1080pか720pかという事になると思うが
 720pの方が、1080pよりエッジが器用にぼやける、再現性としては1080pの方が優るけど
 エンコード時間を考えると、まだまだ720pの一択か‥

 (だがしかし、容量ぴったりになる辺りを探すのが、超面倒っ)


> OPとEDでさえ同じになるとは限らない(どうする?)
> 全話一律で同じCRF値になるとは限らない(どうする?)
> CRF値コンマ単位で探るところだけが最終的に泣き所(どうする?)


(基本、品質だろうとCRF値だろうと、画質の仕上がりが均一に同じQP値平均になんて成らない)
(QP値にしたって、ソースによりそもそもの見映えが異なるので当てにならない)


 ‥その点、BDの720p化は、容量ぴったりなんぞ気にせずともイケそうではある

 480pなら、だいたいCRF(12)ぐらい(720p化の容量40%減程度)
 720pなら、CRF(13.5)でほぼドツボに填まる(BDts容量40%減程度)
 ただし、40%減で満足できるかどうかはかなり険しい
(HDテレビで見る限り無想転写なのだが、フル画面&大画面でのそれの見映えなど知らん)


> どうしても半分以下を求めるならあとは、HEVCでやらかすしかない
> でも、4k=大画面=最低でも1080pだから悶絶感に差がねえ(このマゾゲーがッ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:56 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

【日記】勝手句帳、再度お休みの件

記稿.2020/01/09

> ‥年を境に、やる気が再び崩壊しました
> ということなので、勝手句帳の方はお休みします


 ‥で、何がやりたいのかは、筆を置いてみないとわからないと
 まぁ、何が湧いてくるかなど、知ったことではない


 (やりたいことや、やってしまいたいことは他にもあるにはあるが、それも知ったことでは無い)


 しかしまぁ、こうも全身全霊で拒絶反応が降りてくる症状という奴は
 酸素が無くなって、全力で水面を目指しているようなものなのでしょう

 呼吸をせずに泳ぎ続けることはできないし
 休息を取らずに、笑うこともできかねる


> 自らに、飢えや渇きに気づいたなら、メンテナンスが優先だ
> 自らにそのような習慣付けを持たないで居ると、他人に対しても同じままである
> どう対処したら回復したかを知り得ないのなら、どんなアドバイスも糞ッ



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:41 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

【勝手句帳】r069(01-12-24)静岡新聞掲載分から


↓ 13)1 向宜詠吟.2020/01/07

飲みこみし言葉の数の多ければ時に吐き出し空に字を書く
静岡市葵区竜南(12-24)

|飲み込みし辛辣の数 去年今年 なみだ怒りの無かったように


*辛辣(しんらつ)、去年今年(こぞことし)

 ‥なぜだろう、年末年始になると
 決まったように、その年に有った出来事すべてが
 すぎさりし過去の扱いになる(実に不思議な空気だ)

 これこそが日本国民の綺麗さっぱりに忘れちまってる症候群の魔法なんだろうなあ

 ‥否待て、呪いなんじゃねぇの(なら呪文かも知れないなあ)


> どう考えても、明けまして何がメデタイのかを説明できねえんだからな
> まぁ切り替えの用までを否定する気は無いが、切り替えすぎだろうz
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:14 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

【エンコードレシピ】無想転写(究極の480p版)

↓11)記稿.2020/01/04

> ‥問題が発覚しました(2020/01/06)
> 実写30フレームの激しいアクションにおいて
> IとPフレームで秒間3分の2を占めだすと、テレビUSB挿しにおいて再生遅延が発生します


 ‥どうにも、サンプルにしたソースの方に問題があるしい
 基本的になぜか特定箇所からの音ズレがどうにもならない、つまりスキャンミス‥orz
 PCからはなんでもないのに、テレビUSB挿しのパフォーマンスかアルゴリズムの制限くさ‥

 ‥よくよく考えたら、Bフレーム無しでも動いてきたわけだし
 参照枚数の差はあったにしても、それやってもビットレート落としてもダメなんだから
 こういうケースに遭遇したらサンプルを疑えって事のようです



> ちまたに転がるBDリップは
> DVD程度の画質を目指しているだけのとんちんかんであったことをここに証明しよう


 ‥ならば、まずはBDts → DVDのオリジナルサイズ化にて其を証明せざるを得まい
 AVCでやるのだから、DVDのそれより画質アップは当然だし、
 さらに、DVDからのリップなら画質を維持する程度は、サクッと当たり前でなければならない


 ‥ref(4)はFHD専用だった
 それより下のサイズは、情報量が足りていなかったらしく
 ref(5)にすることで、恐ろしいほどFHDの発色に肉薄することが判明

(これを4k8kからのダウンコンバートを想定した場合、FHDでもref(5)に意味があるかも)

 ‥結果、DVDの再エンコードにおいて
 480pが最も黄嶺&BT709化の適性をも見せつけた
 「無謀な待機待ち忍耐なんて必要ねぇ」と言わんばかりで驚いた


> ちなみに、DVDをHDサイズ化する場合、どうしても越えられないヤマがあった


 ‥それは、縦解像度の上から4分の1〜3分の1の間に、激しいインターレースの動きがあると
 HD化する場合の誤差が絡むのか、FHD化のそれよりも、動きが滑らかになりきらない
 (DVDオリジナルサイズのままでも同じケースが見られるが、まぁそこはしょうがない)


> BDインターレースを、ref(4)のままDVDオリジナルサイズに収めようとすると
> どうしたってインターレースがそのままに必要だと思わざるを得ない画質に填まる


 ‥だが、ref(5)にするだけで、随分とすっきりするのだから不思議だ
 さらに480p化すると、BDtsの場合、解除プラグインを使わなくても自動で解除されてしまう

(解除プラグインを使用するとぼけるわけだが、不使用でイケると不思議と輪郭がぼやけていない)
(これをDVDでもやってみたところ、無理だった)

 ‥DVDインターレース解除には、解除プラグインが必要だ
 つまり、BDtsダウンコンバートの際に、怪しいブレが間引かれるって事らしい
流れからして、縦2.25分の1サイズにする時にのみ、スマートな自動解除を得るように思われる

(試してみたら、HDサイズでも自動的解除できちゃうみたいだz‥マジかよ‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:39 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

【エンコード日記】ref=4とref=3の差のそこんところ

改稿.2020/01/01...20191231...

 ‥そもそもは、IP=1.5,PB=1.4と言う物好きからref=3とした物好きだったわけですが
 それもこれも、ぼかし表現の都合だったわけですが

 もはやIP=1.4,PB=1.3のデフォルトに戻ったと言うことで
 ref=3も怪しくなり、ref=4でやってみたところ問題無いどころか、むしろ動きに無理が出にくい
 又、deblock=1:0:0のデフォルトに戻してます

ただし、インターレース解除では、deblock=1:-2:0を得ています
(そもそものdeblock=1:-1:0は、ハーフHDサイズ絡みだったので、FHDサイズには合わない)
(インターレース解除用途だろうと、ビットレートを上げていくと、イレギュラーな展開になる)


 ‥それだけ
 GOP(M=1,N=7)とP4x4の効きが、もどかしい調整を相殺しちまったように思います
 あと、先読みのソース側フレームレートの3倍秒値がなかなか不思議と決めてきます


> ところが、ここにきてCRF値(品質)とした基準というのが実は当てにならない
> と言う結論に至っています


 ‥そもそもはBD-tsをHD品質のFHDサイズにするにしても
 単純に、ビットレート容量、2.25分の1として考えるべきでしょう

 (逐一コマだし拡大して見比べてみるとそう思わざるを得ず)

 6GBなら2.666GB程度の再圧縮が適当に思われますが
 その程度で納得などできないので、さらに9:8にして、2.37GB辺りでしょう

 (これは、再エンコードした場合の許容できる質の低下を9:8ぐらいに見立てています)
 (音声で言えば、576と512の差みたいなモノです)


 ‥そこからさらに欲張ると
 もはやそれは、DVD品質にまで落とし込んだFHDサイズという代物になってきます

 なんかこう‥どうにも無駄な好奇心にトライしちまっていた感が強いらしい



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:05 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする