2017年09月21日

【勝手句帳】145 29-9-15/9-16/9-19 静岡新聞掲載分から

↓10)向宜詠吟.2017/09/21

鉄骨の無言のことば広島忌         長泉町・ながいずみ俳句会(9-16)

|あの鉄骨は二十四時間ヒロシマ忌 核廃絶の祈りと共に


> 原爆ドームの剥き出しの鉄骨は、そのままに24時間、核廃絶への象徴だ
> それにしても、祈りとしての効果はあるのだろうか?
> 否否、無かったらを思うと‥それこそ私たちの核への意識は宙ぶらりんだろう
> 何しろ今はもう、与党(自民党)からして、核の傘に積極的だからな
> ‥実に、迷走している‥
> 迷走に釘を刺す上でも、象徴を据えおくことは、先人の知恵‥もとい「祈り」なのだろうよ




|蜩や寺の裏道欲しいまま          長泉町・ながいずみ俳句会(9-16)

|蜩や寺の裏道欲しいまま 涅槃寂静かなでいる


*蜩(ひぐらし)、涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)

> 僧がどんなに修行を積もうと仏陀に並ぶには、あと二万年、否、勘定できる程には無理があろう
> 毎日のように祈っていようと、まぁそんなもんさ
> ‥ところがどうだ‥
> 寺の裏道で欲しいままに鳴いているだけの蜩を見てみろよ
> そのままに、涅槃寂静を奏でているではないか!!!
> 祈るにせよ、学ぶにせよ、斯様にありたいものだなぁ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:31 | Comment(0) | 名句にポン/2017後半 | 更新情報をチェックする

【Wash Link】R(offs)R(gamm)G(gain)値を再び0に変更

記稿.2017/09/21

> 再エンコードテストを色々と確認している内にふと気がつきました


 β版の実写の色合い−(色の濃さG倍)は、再エンコードには赤すぎて
 β版のアニメの色合い0は視聴するには、物足りなさを感じてしまい
 こんがらがっていましたが、実写に合わせてみたところ
 それぞれで異なっていることを確認しました

 β版のアニメの色合い0は、そのままで再エンコードすると、不思議と違和感が相殺されます

 ‥で
 実写の色合いの算出をどう補正するかと言うことになりまして‥


> −(色の濃さG倍−基本値)
> ‥に置き換えて再エンコードすると違和感少なくなります‥(一覧記事修正済み)


 ‥ついでに

 Cb(gain)とB(gain)
 Cr(gain)とR(gain)は、呼応しているんじゃないかと思いまして
 ならば
 G(gain)=1の状況は、アンバランスではと思いまして

 改めて確認してみたところ

 R(offs)=R(gamm)=G(gain)=0の方が、再エンコード時の誤差が減るようです


 ‥これは
 AviUtlの内部のカラー処理の問題と
 実際のRGBの数値のそれぞれの値の幅が異なっているので
 0にしておかないと正しい割合に整わないようです

 (256段階の表記の上に0が表示されているわけですから、0で良かったと言うことになります)

 アニメセルとCGの合成過渡期の色合いのウォッシュリンク置き換えの正確さにおいても
 僅かながらの差が確認できました

 (‥やれやれ、訂正ばっかやん、すまん‥m(_ _)m)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:30 | Comment(0) | エンコードが始まらない | 更新情報をチェックする

【AviUtl】ウォッシュリンク数値のコントラスト見直し(写真版)

改稿.2017/09/21...20170918..20170917...

> 色の濃さを増やしたことで、明るさへの許容が広がっていたらしく
> アニメ&実写ともどもさらにコントラストを上げた方が、色のくすみが解消するようです
> ‥が、再エンコードすると赤味が強く出すぎて失敗しやすい傾向のようです


 ‥概ね、減衰しない写真向けということかな‥
 と言うことで


<色調補正> 写真版‥左列からレベル0、1、2‥
明るさ   : 42、 47、 51、 55、 59、 63、 68、 72、 76、 80
コントラスト: 42、 47、 51、 55、 59、 63、 68、 72、 76、 80
ガンマ   :−16、−18、−19、−21、−22、−24、−26、−28、−29、−31
輝度    : 26、 29、 31、 34、 37、 39、 42、 45、 47、 50
色の濃さ  :111、122、133、144、155、166、177、189、200、211
色合い   :−(色の濃さ)


<拡張色調補正> 写真版対応
Y(offs):26、29、31、34、37、39、42、45、47、50(左からレベル0に対応‥以下同)
Y(gain):−42、−47、−51、−55、−59、−63、−68、−72、−76、−80
Cb(offs):−2、0、、4、6、8、10、12、14、16
Cb(gain):概ね‥79(これ以外のパターンも有り得る‥ 最大値目安は|128|or|色の濃さ|)
Cr(offs):、0、−1、−2、−3、−4、−5、−6、−7、−8
Cr(gain):概ね‥−49(これ以外のパターンも有り得る‥最大値目安は|128|or|色の濃さ|)
R(offs):
R(gain):−49
R(gamm):
G(offs):−49
G(gain):
G(gamm):98
B(offs):−128
B(gain):79
B(gamm):256


 *ただし、それそれRGB24ビットでの編集状態であることが欠かせません


> コントラストを上げてさらに明るさが増したので
> 写真では、明るい風景ならレベル2、暗い風景ではレベル0で良い感じになるようです


 コントラストを上げると、見た感じは改善した感が増しますが
 再エンコード(動画)すると、減衰の影響をもろに受け(444→420)
 無駄に赤味が増しただけだったのがはっきりとし
 わざわざ、色合いを右に振らないとダメのパターンに嵌まるようです


 ‥実写、アニメとも、β版以上にコントラスト上げ再エンコードは鬼門のようです
 ‥ということで、サクッとレベルを上げるか、下げるかかが好いかも
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:46 | Comment(0) | エンコードが始まらない | 更新情報をチェックする

【AviUtl】ウォッシュリンク数値見直し(アニメ)

改稿.2017/09/21...20170918..20170916...

 *ウォッシュリンク(Wash Link)‥ここでの名称。暗がりを消しつつ色味を艶やかにする意。

 ‥実写でのノウハウをアニメに応用してみたところ
 明るい場面は横ばいに、暗い場面は適度に明るめに、黄色のバランスが良くなりました
 (どうして双方のバランスが維持されるのかが不思議ですが、まったく分かりません)


<色調補正> β版‥左列からレベル0、1
基本値   : 10、 11

明るさ   : 42、 47
コントラスト:  0、  0
ガンマ   :−16、−18
輝度    : 26、 29

色の濃さ  :↓69、↓75
色の濃さG倍:111、122

色合い   :0(作品により必ずしも0に限らない)


> ‥色の濃さの幅が上がった影響がそれなりに出ますが
> 実写とは異なり、アニメの場合は、色合い:(色合い0−基本値)で視聴するのも有りです
> 再エンコードする場合は、(クセの無い場合に限り)0がそのまま適値のようです


 ‥明るめが気になる向きもありますが
 レベル0の暗めに納得できない場合は、サクッとレベル1に移行するのがよろしいかと



<拡張色調補正> β版対応
Y(offs):26、29
Y(gain):−42、−47
Cb(offs):(作品により必ずしもこれに限らない)−2、0
Cb(gain):(作品により必ずしもこれに限らない)0
Cr(offs):(作品により必ずしもこれに限らない)、0
Cr(gain):(作品により必ずしもこれに限らない)0
R(offs):
R(gain):−49
R(gamm):
G(offs):−49
G(gain):
G(gamm):98
B(offs):−128
B(gain):79
B(gamm):256


 *ただし、RGB24ビットでの編集状態であることが欠かせません
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:44 | Comment(0) | エンコードが始まらない | 更新情報をチェックする

【AviUtl】ウォッシュリンク数値見直し(実写)

改稿.2017/09/21...20170919..20170915...

> |ガンマ|:|輝度|:|コントラスト|:|明るさ|:|色の濃さ|=隣り合うそれぞれ黄金比


 ‥ということで
 ガンマ値を列に置き、黄金比数値(1.618033)を掛けて
 黄金比倍々して得た数値を単純に四捨五入して、整数値で並べたのが下の一覧です

 10、16、26、42、 69、111、179
 11、18、29、47、 75、122、197
 12、19、31、51、 82、133、215
 13、21、34、55、 89、144、233
 14、22、37、59、 96、155、251
 15、24、39、63、103、166、269
 16、26、42、68、110、177、287
 17、28、45、72、117、189、305
 18、29、47、76、123、200、323
 19、31、50、80、130、211、341


> 改めて見ると、六列目が、非常に興味深い数値の並びに気がつきます
> これを採用しないという手はなかったと言うことで、今回分は、数値の見直しということです


<色調補正> α版‥左列からレベル0、1、2‥
明るさ   : 42、 47、 51、 55、 59、 63、 68、 72、 76、 80
コントラスト: 26、 29、 31、 34、 37、 39、 42、 45、 47、 50
ガンマ   :−10、−11、−12、−13、−14、−15、−16、−17、−18、−19
輝度    : 16、 18、 19、 21、 22、 24、 26、 28、 29、 31
色の濃さ  : 69、 75、 82、 89、 96、103、110、117、123、130
色合い   :  0固定


 ↑こちらが、黄金比の想定に基づいての数値でしたが
 「艶」が出るまでには至らなかった段階です‥(8:5フィルター有り)
 (色の濃さを増した方が好い感じはしていたのですが、どうして良いのか分からなかった段階でした)


<色調補正> β版‥左列からレベル0、1、2‥
基本値   : 10、 11、 12、 13、 14、 15、 16、 17、 18

明るさ   : 42、 47、 51、 55、 59、 63、 68、 72、 76、 80
コントラスト: 26、 29、 31、 34、 37、 39、 42、 45、 47、 50
ガンマ   :−16、−18、−19、−21、−22、−24、−26、−28、−29、−31
輝度    : 26、 29、 31、 34、 37、 39、 42、 45、 47、 50

色の濃さ  : 69、 75、 82、 89、 96、103、110、117、123、130
色の濃さG倍:111、122、133、144、155、166、177、189、200、211
色の濃さ2倍:138、150、164、178、192、206、220、234,246、260(256)

色合い   :−(色の濃さG倍−基本値)‥再エンコード時
      *視聴だけなら−(色の濃さG倍)でも十分です


 ↑こちらが、艶効果を得るのに変則的に変えた形です
 見れば分かりますが、ガンマと輝度を一段階上げたわけです
 そうすると、色の濃さを上げても、釣り合いを保てるようになりました‥(8:5フィルター有り)

 (ぶっちゃけ、はじめは、色の濃さを単純に一つシフトして二倍したのを用いたわけですが)
 (再エンコードしてみると、所々で、想定外の色ムラが出てしまうようです)
 (明るすぎても、濃すぎても、再エンコードで均一な風合いには成らないようです)


 ‥色々と見比べて見た結果
 レベル4の明るさだと(実写の場合)‥衣裳に当たる光彩の度合いよっては
 よれよれの風合い、色落ちた風合いに見えてしまう場合もあるので
 レベル3が適当のようです

 (すっぽんぽんの映像なら、さほど気にならないんですけどね)


> さて、色合いですが


 −(色の濃さ)です
 普通に考えれば、真っ赤っかです
 真っ赤っかにならないのは、8:5フィルターの効果と、Cb(gain)、Cr(gain)をいじってあるからです
 (まさに魔法‥左ねじり込みとでも呼称したい)


<拡張色調補正> β版対応
Y(offs):26、29、31、34、37、39、42、45、47、50(左からレベル0に対応‥以下同)
Y(gain):−42、−47、−51、−55、−59、−63、−68、−72、−76、−80
Cb(offs):−2、0、、4、6、8、10、12、14、16
Cb(gain):概ね‥79(これ以外のパターンも有り得る‥ 最大値目安は|128|or|色の濃さ|)
Cr(offs):、0、−1、−2、−3、−4、−5、−6、−7、−8
Cr(gain):概ね‥−49(これ以外のパターンも有り得る‥最大値目安は|128|or|色の濃さ|)
R(offs):
R(gain):−49
R(gamm):
G(offs):−49
G(gain):
G(gamm):98
B(offs):−128
B(gain):79
B(gamm):256


 *ただし、RGB24ビットでの編集状態であることが欠かせません
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:34 | Comment(0) | エンコードが始まらない | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

【AviUtl】アニメのウォッシュリンクで、ゲインをいじるパターン発生‥

記稿.2017/09/19

 ‥何気なしに
 シンジ君の出てくるタイトルで確認してみたところ
 オープニング早々から赤がどぺっと飛んじゃうんですけど‥(ダメでしょこれ)


 ‥アニメでも一筋縄でいかないことが判明(これは痛い)‥


> つまり、ウォッシュリンクの色合わせは、概ね‥職人芸


 ‥しかも、このタイトルでは
 Cb(gain)Cr(gain)をいじるだけにとどまらず
 Cb(offs)Cr(offs)も多少変則的にいじる流れになり
 ‥俺のとりあえずの想定屁理屈が崩壊(さすが使徒)‥
 でもまぁ、Cb(gain)Cr(gain)をいじると、色合いの調整が必要になる流れは、想定内のようだ

 ちなみに、サンプルの色合わせは

 アニメ用レベル1において
 色合い:−29
 Cb(offs):−6
 Cb(gain):3
 Cr(offs):0
 Cr(gain):−79

 ‥てなところだった
 タイトルでの色飛びを抑制しつつ、メカの色合いを想定内にとどめることを優先したせいか‥
 随分と、カーキー色寄りの風合いの世界だったんだなぁと改めて思った‥

 (見た感じ赤味が強そうだ‥再エンコードをするには厄介なのでは)
 (もちろん、艶が出るかどうかでの話っす。見られれば良いだけなら悩む必要もにゃーら)


> どうしてこうなったかの理屈づけとして


 セルアニメのみ、セルとCGの合成の過渡期、概ねCG処理が基本
 ‥の三段階の時期のそれぞれに於いて、色や動きの性格が異なる様に思われます


 ‥セルアニメの時代は
 カットの切り替え&ズーム&パン動作の多様&カメラ撮影の兼ね合いから
 単純に思えるわりには、再エンコードが複雑で、(暗がりを取り除くと途端に)
 カメラ撮影による光源との差が実写並に複雑に陥る
 ただでさえ、ズームにパン動作を想定してフレーム間隔を減らさざるを得ず
 圧縮効率を上げるにはかなりの工夫が必要


 ‥セルとCGの合成の過渡期は
 そんなセルオンリーでの複雑なところに、さらにCGとの色合いを考慮しなければならないことから
 ウォッシュリンクしたときのバランスが非常に複雑になるようだ


 ‥概ねCG処理が基本ともなると
 カメラ撮影というノイズが入る余地が無くなり、エンコードパターンが幾分単調になる訳だが
 その分、淡い系統の色味を多用していたりするので
 ‥そのような場合の作風ともなると‥
 Cb(gain)Cr(gain)での調整はかなり癖がでる模様(というか無理)
 (CGでのパン動作はなめらかなので、圧縮率に於いてセル撮影より複雑にならない)


> ‥ということなんで
> タイトルごとに逐一紹介する訳にも行かないので、自力で頑張りましょう‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:11 | Comment(0) | エンコードが始まらない | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

【AviUtl】その映像、艶っと洗い立てにしちゃいます(実写)

記稿.2017/09/14

<色調補正>
補正レベル :L0、L1、L2、L3、L4、L5、L6、L7、L8

明るさ   :43、47、51、55、60、64、68、72、76
コントラスト:27、29、32、34、37、40、42、45、47
ガンマ   :-17、-18、-20、-21、-23、-25、-26、-28、-29
輝度    :27、29、32、34、37、40、42、45、47
色の濃さ  :152、166、178、192、206、220、234、246、256
色合い   :-152、-166、-178、-192、-206、-220、-234、-246、-256


<拡張色調補正>
Y(offs):27、29、32、34、37、40、42、45、47(左からL0に対応。以下同)
Y(gain):−43、−47、−51、−55、−60、−64、−68、−72、−76
Cb(offs):−2、0、2、4、6、8、10、12、14
Cb(gain):概ね‥79(これ以外のパターンも有り得る)
Cr(offs):、0、−1、−2、−3、−4、−5、−6、−7
Cr(gain):概ね‥−49(これ以外のパターンも有り得る)
R(offs):−1
R(gain):−49
R(gamm):
G(offs):−49
G(gain):
G(gamm):98
B(offs):−128
B(gain):79
B(gamm):256


 *ただし、RGB24ビットでの編集状態であることが欠かせません


> あとは、気に入った明るさのレベルに設定して、映像を映し出すだけですが
> 映像の状態により、微調整したい、試したい所もあり、L8まで用意しました
> L7、L8あたりは、かなりやりすぎに思いますが、映像次第かと


 標準はL4になると思います(再エンコードしたときにどうかになるでもあります)
 色合いが気に入らないときは、Cb(offs)&Cr(offs)でも調整できますが
 ‥概ね‥Cb(gain)、Cr(gain)を先に触ってみてからになると思います

 * 一部で、景色が消える場合は、コントラストの絶対値を逆にします
   そういう意味では、この洗い立てフィルターが絶対という次第には成っていません


 L0が普通の暗がり映像のレベルです

 BD映像でも、L0のレベルのようでーす


 ‥とくに写真の加工には、便利でしょう(風景ならL2、人物ならL5が平均的かと)
 ちゃちゃっと、洗い立ての景色に二度惚れすることになると思います
 (CGのような綺麗さ、幻想感にやられる場合もあるかと)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:53 | Comment(0) | エンコードが始まらない | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】144 29-9-8/9-9/9-12 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/09/14

|木の虚に吸い込まれゆく時雨      焼津市・豊田句会(9-8)

|地下茎に吸い込まれゆく今朝の梅雨 膨らむ四片青に赤に


 *虚(うろ)、四片(よひら)

> ‥梅雨か‥梅雨と言えばアジサイだな
> 雨が降るたびに地下茎から吸い込んで、青に赤に花が膨らみ出すのは
> 雨への感謝の気持ちの表れなのだろう
> (人の雨との暮らし向きも、そのぐらい容易かったらいいのに)


|樹の虚に吸い込まれゆく梅雨の明け 鳴きだすぞ盛夏語らむ


> 樹齢を経れば、洞(うろ)の一つぐらい抱えているものだが
> 梅雨の明けという奴は、そんな老樹らに吸い込まれて果てた感がしないでもない
> その勢いで以て、夏を乗り切ろうと緑に勢いが付くのだ
> ‥梅雨の明けと同時に鳴き出す蝉の声は、まさに樹々の夏を謳歌せり代弁たる盛夏宣言だなぁ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:59 | Comment(0) | 名句にポン/2017後半 | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

【AviUtl】被写体の周りで反射する空気ノイズを取り除く限界設定(実写)

改稿.2017/09/13...20170912..20170911...

> 暗がりがどうして消えるのか?


 ‥実に不思議だったが、よくよく考えていくと
 暗がりもノイズの一つにすぎないとして考えると(映像の脇役でもあるが)

 ‥そもそも、撮影とは
 被写体への光のノリ具合の状況の記録であって
 被写体以外の映り込みは極力避けたい
 (例えば、間にある空気‥空気による乱反射、強烈なライトなどの余計な明るさ)

 つまり

 カメラと被写体との間にある空気の乱反射&ライトの余分な明るさがノイズの主因になる
 だから、空気に映り込んだ反射を極限まで取り除いてやれば、被写体だけはクッキリしだす‥
 ただし、極限まで取り除くと背景との一体感に欠くので、使いどころが多少気になる

 ‥ということだったようで、静物・顔写真・ブロマイド・AV・医療には、とくに有効な解釈だ‥


<色調補正>
補正レベル :レベルA、レベルB、   レベルGod


明るさ   :  60、    68
コントラスト:  37、    42
ガンマ   : −23、   −26
輝度    :  37、    42
色の濃さ  : 192、   220 → 256
色合い   :   0、0〜|220|−256


<拡張色調補正>
Y(offs) : 37、 42
Y(gain) :−60、−68
Cb(offs):  6、 10、(
Cb(gain):−98、不特定(概ね49
Cr(offs): −3、 −5、(
Cr(gain):−79、不特定(概ね−49
R(offs):−1
R(gain):−49
R(gamm):1
G(offs):−49
G(gain):1
G(gamm):98
B(offs):−128
B(gain):79
B(gamm):256


 *ただし、RGB24ビットでの編集状態であることが欠かせない

 4:2:2でも、Cb(gain)&Cr(gain)をいじるときに歪みに成りやすい
 基本的にCb(gain)&Cr(gain)をいじると色味が薄れるので、色の濃さを濃くします

 (Cb(gain)&Cr(gain)を共にマイナスに振ると、色味を抜いてモノクロに振れるようです)
 (プラスに振ると濃くなるので、色の濃さを倍にする必要は無いみたいです)
 (その代わり、西日や暗闇の色抜け効果が弱くなるようです)


 ‥レベルAのCb(gain)&Cr(gain)値において
 Cb(gain)&Cr(gain)値を−128に振ると、西日の色味を完全に抜いてしまう限度になります

 ‥レベルBは、昭和の特撮の復旧レベルです(とくに劣化の著しい映像用)
 (小林昭二にペーギー葉山の肌の色合いの再現が、とにかくムズい)

 ‥レベルGodは、映像に艶が発生します
 ただし、艶が出て感じるかどうかは、映像次第かもしれません(サンプル不足)
 (西日なんかはそれなりの風合いで残ります)


> 暗がりは勿論、部屋に差し込む西日だったり、ライトの明かりでの見えにくさだったり
> この設定で概ねスッキリと差っ引かれます(理由はまったく分かりません)


 ‥写真でも、余計な暗がりが消えて、美麗に仕上がっちゃいます
 (ぶっちゃけ、高級なアプリでえんこらするより、サクッとイメージが出せるかと)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:03 | Comment(0) | エンコードが始まらない | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

【AviUtl】L-SMASH Works File Readerの設定について

記稿.2017/09/11

 L-SMASH Works(入力プラグイン)を入れないと
 基本的に、AviUtlでは自由な編集が成り立たないのだが

 さらに

 ‥RGB24bitでの非可逆編集と言うことになると
 L-SMASH Works File Readerの設定(環境設定)において

 Dummy colorspace=RGB & AVS bit-depth=16 にしないと
 RGB24bitでの編集にならないらしい

 (ちなみに、video scalerは‥Bilinearかなと‥)


> AVS bit-depthを10にして、ぬか喜びとか全然ダメで
> 色調補正&拡張色調補正の最適値を用いると、断然違ってくるのが分かります


 ‥AVS bit-depth値=8とか、普通に減衰状態での編集でした
 今まで、それで色味の合わせをしていたらしい‥orz

 (まぁ逆に、色味への不満が分かりやすくて、判断しやすかったのかも知れないが)


 【AviUtl】L-SMASH Worksとは?導入方法と使い方@
  
 【AviUtl】L-SMASH Worksの設定方法A
 
 【AviUtl】DirectShow File Readerとは?読み込み可能な形式や特徴(1/2)
 
 【AviUtl】DirectShow File Readerとは?読み込み可能な形式や特徴(2/2)
 


 * 設定を反映させるには、AviUtlをちゃちゃっと再起動させるのが一番で
   さらに、AviUtlの設定をちょくちょくいじるとしくじる元なので
   起動フォルダーをいくつもコピーして、複数にて使い分けるのがAviUtlの使い分けらしい

  (できればアイコンが起動単位で好みに変更分けできるとより扱いやすいと思う)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:31 | Comment(0) | エンコードが始まらない | 更新情報をチェックする