2021年12月06日

【勝手句帳】r096(21’1203-21'1204)静岡新聞掲載分から

↓(14)向宜詠吟.2021/12/06

令和3'令和3'12'03
沼津市・きさらぎ俳句会
|浅漬と言ひしも手間のかかること

※ どこがネタになってるのかなんて、謎なぐらいの変容パターンなんじゃが‥


|「和発酵」食わぬ輩は異邦人 馬鹿にする奴異性物体


> ‥いつの頃からかは知らんが
> 欧米被れの中には、味噌汁を馬鹿にする輩が居り
> 漬物の類となるとさらに謎めいて見えるらしく
> 納豆ともなると、ウルトラに謎めいて見えるらしい

> さらに「くさや」ともなると、日本人の間でも好みが二分するが
> 兎にも角にも、日本には発酵食にそれの応用食が多岐にわたって見られる

> そういうものだけを食卓に並べて食事を済ますことは十分に可能だが
> 今や、ご飯と塩気中心のけちくさい食事に見えなくもない
> だが、その昔の冬籠もりとなれば、毎日がそれだったのである


> ‥それがトラウマにあるのかどうかは不明だが
> 欧米化にほだされて、日本の発酵食文化を馬鹿にしていた時代があった
> それを覆したのは、なんと外国からの日本贔屓の増化だったりとする

> だがしかし、彼らでさえ、科学的に分析されていないと納得できない輩連中だった
> 結果、腸内フローラルの発見、もとい理解へと及んだ

 (お前らはアホか、科学など知る由もなかった我々の先祖の舌を何だと思っているのか?)
 (つまり、どう考えたって、日本だけが別次元の発酵での応用スタイルを得ていたのだよ)


> それを鼻つまみ顔で否定してしまうクズなら
> そりゃ、先祖ガチャの甲斐も無く、ガチャ失敗に見えちゃうよなあ

 ‥ならばこう疑うべきだ
 発酵食文化こそが、日本たる日本人を造り出してきたのだと
 (発酵食に目覚めた外国人が、和文化寄りしだしたのだと‥)

 ‥振り返れば
 肉食に目覚めた帝国日本が戦争を悲惨なレベルへと昇華せしめ
 経済競争ルールに特化された戦後日本が、世界の食卓に貧困と飢餓を犇めかせたのだッ
 人類全体での腸内環境の改善こそが、世界に変革をもたらす鍵である(とかなんとか)

1

令和3'令和3'12'03
沼津市・きさらぎ俳句会
|農機具の小屋に納まり初時雨


|農機具の小屋に納まり初時雨 年度の締めや日本の田んぼ


> 今でこそ初時雨なんて言ってるけど、旧暦で言えば師走入りだよ(?)
> 二十四節気で言えば、小雪の頃合いだよ‥(千年前と比べれば、確実に季節が異なる)

> ‥だからだろう
> 刈田の後を漉き込む地域と、そうでないほったらかしとの差がある
> 無論、刈田の後の漉きこみなんて工程は、農作機械導入以降の技に思われるが
> さらに、ミミズを撒いておくのが土壌造りに適っているなんてのも近年の知見に思われるが

> ‥どちらにしても
> 列島に寒気の入り込む前までに済ましておけが、日本の稲作の年度締めになっている

 (ちなみに凩の前だ‥ここを押さえておけば、俳句での勘違いは起きないだろう)
 (とはいえ、凩報の後に紅葉が盛っていたりするパターンもあるからな‥謎)

2

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:58 | Comment(0) | 名句にポン/2021中途から不定期分 | 更新情報をチェックする

2021年12月03日

【勝手句帳】r095(21’1130)静岡新聞掲載分から

↓(16)向宜詠吟.2021/12/03


|踏み入ればはしゃぎ駆け出す秋の声 食材拾い無我夢中


> 「色気より食い気」‥秋の山や森は、春よりも斯様な気配に満ちており
> 冬備えとした本能にも駆られて、食材となる何かを目にしては、いてもたってもいられない
> という事なのだろうなあ

 (だがそれも食材の見分けが付いてこそだったりする)

 (景色の鑑賞しかできない脳では、キリギリスのままって事で、秋の半分も楽しめていない‥)
 (その程度の表現しかできねえのに芸術とか‥永遠の半人前‥みたいな)
 (いやぁ申し訳ないっすね、てへ♪)

1

令和3'11'30
富士宮市・俳句
|牛売りし暗き牛小舎秋日差

※牛小舎(うしごや)


|牛売りし暗き牛小舎秋日差す 忘るるぐらい一杯ならば


> 牛を売りに出した後の牛小舎には、ぽっかりと空いた日差しが差している
> そこは明るいようでも、抜け落ちた影でいつも一杯だ
> 暮らしの仕組みだから慣れるべきだが、こればかりはどうにもわびしい限りだなあ

> これがずっと忙しくて、小舎に溢れんばかりに並んでいたら、逐一思い悩む暇も無いだろう
> それが望み描いた経営だったとはしても、一頭送り出す度にこのザマだ
> 整然と並んで予定通りに出荷されるばかりだったら
> それはそれで、こちらがどうにかなってしまうに違いない

 (そもそもが、デスクワーク勤めが苦手でこういう仕事してる身だからな)
 (そんな画に描いた餅のような出荷暮らしなんか、却ってこっちが泣きたくなるばかりだろうな‥)

> 秋の日ざしを浴びているその暗がりは、「忘れないでね」と言わんばかりだよ

 (海外の大規模経営なんて、ほんと謎だよなあ)

2

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:47 | Comment(0) | 名句にポン/2021中途から不定期分 | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

【勝手句帳】r094(21’1127)静岡新聞掲載分から

↓(7)向宜詠吟.2021/11/30

令和3'11'27
富士市・富士川短歌会
|シラス漁か船にぎやかに白波を立てて入江を今出でて行く

※駿河湾のシラス漁には
春漁(3月下旬〜6月上旬)と秋漁(10月下旬〜12月下旬)があるそうです


|シラス船なびく祈願旗 浦うらら 白波蹴立て入江いでゆく


※浦うらら‥春うららと秋うららを都合合体させた強引な浦の活気向き表現

> ‥あれはシラス漁の船だろうか?
> 掲げている祈願旗からしても、時期を考えるとそうなのだろう
> 次次に、白波を蹴立てて入江を出て行く様は、応援したくなるものだなあ

1

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:00 | Comment(0) | 名句にポン/2021中途から不定期分 | 更新情報をチェックする

2021年11月30日

【勝手句帳】r093(21’1126)静岡新聞掲載分から

↓(13)向宜詠吟.2021/11/30

令和3'11'26
函南町・でんでん虫の会
葉の舞台水玉踊って赤トンボ

※この場合の中七「水玉」の連想は「朝露」だろうか?‥だが、季語は「赤トンボ」にある
ならば、朝早くからの赤トンボに驚きを隠せない着目なのだろうか?(だが、葉に止まってたとある)
すると、雨退避休憩中のそれをたまたま見かけたということか?
‥どちらにしても、寝ていたような赤蜻蛉をたまたま発見して、詠もうとした着目らしい
(人の気配に驚いて、トンボの震動だけで、朝露やら雨雫が下にこぼれたのだろうにせよ)
(誰もが、昼に夕に自由に飛んでる赤とんぼしかイメージねぇし、無理すぎている‥)
(しかも、「舞台」って‥一匹じゃ無かったのかよ‥謎すぎている‥)

> こう言うのは、「ダーウィンが来た!」に持ち込んで、撮影GETして貰うっきゃないでせう
> 蜻蛉は、秋の夜に朝に雨時にどうしているのですか?、又、夏との違いは有りますか?
> (蜻蛉に限らず知りたいz‥既出だったら特集で‥)


|雨上がり水玉踊る新樹光 旅の腰折れ先を急がむ


> やれやれ、急ぎの旅の途中で雨に降られてしまったよ
> 雨上がりの新樹光から落ちる水雫が踊っているように楽しげだけど
> のんびりしていられる用向きには無いのだから、さっさと出発だ

1

令和3'11'26
函南町・でんでん虫の会
|窓の虫ぼんやり眺め枯葉散る

※はい、下五にツッコミどころがありますね
「枯葉散る」‥それをいうなら「落葉かな」、もしくは散らかる方で「舞う枯葉」が適切かと‥

‥だが、紅葉の後のしばらくのそれは枯葉なので、表現上の「枯葉が散る」自体は間違いではない
単に俳句での作法みたいな空気なのだった
(一般に、俳句での枯葉は散ってしまった方を指し、紅葉との区別を暗黙的に要求する)

‥さらに、「凩」なんて時節があるもんだから、そこが「紅葉」「枯葉」の端境の扱いだったりする
‥さらに、銀杏のような枯れ方があるもんだから、あれを枯葉が付いてるなんて言う人はほぼ居ない
‥さらに、柿の葉の風情を「柿若葉」「柿落葉」とは表現しても「柿枯葉」はほぼ聞かない
(「柿枯葉」と詠んでも、木守りの隣で枝に付いた様か、落ち積もった様かを、約束できていない)

‥ならば「柿枯葉」が有りかというと、其を詠むなら「柿」「木守り」を詠むのが筋である
(未だ「柿」が生ってるのを尻目に「柿枯葉」などとは、柿の木に失礼だ)
そもそもにして、落ち積もった段階で、柿と種分けで語る事自体が「?」だったりする
(つまり「柿落葉」こそが「柿枯葉」を含んで用いられていると考えて良い)


|秋空をぼんやり眺めはらへりし ネガティブわき来るあれやこれ


> 「ああ、腹減った」
> 秋空を見ていると、どうにも腹が減る、まるで野性の本能だ
> 冬に備えての獣の性が呼び覚まされてくるのだろう

 (もはやこうなっては、腹の括り方を選ばざるを得ないなあ)

> 貧困者としての真っ当を決め込むか(餓死&自死)
> 獣とやらを‥やらかしても生き延びるかだ(窃盗&恐喝)
> 「ああ、如何」考えないようにしていても、気がつけばネガティブばかり湧いてくる

 (そうに思うと、秋の行楽ほど、襲撃に持って来いのシーズンなんだなあ)
 (そうに思うと、ハロウィンって、それの締め日or狼煙日って意味臭ぇ‥)


> そういえば、やらかしてたもんなあ‥京王線のあれは本当に事件だったのだろうか?
> どこか劇場っぽくもあって、腑に落ちない節々も感じられて、やらせくせぇけど
> まぁヨイショで、ネガティブやりてぇみたいな、鬱憤を晴らしたい空気はありありだったと‥

 (きっと俺の脳波も‥それらをキャッチ→ネガティブ衝動の形で湧いて来ていたのだろうなあ)

2

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:05 | Comment(0) | 名句にポン/2021中途から不定期分 | 更新情報をチェックする

2021年11月26日

【科学ネタ】レールガンを低燃費で加速させる為の妄想

記稿.2021/11/26

> レールガンと言えば、磁力の反発力を利用して遠くに飛ばす兵器っす
> これの電力燃費が掛かって実践で使えない、使えるようにとのアイデアを思いついた


 ‥その昔、鉛弾の進歩こそ、弾丸として流線型にすることだった
 その技術力の差に驚いたのが、幕末頃の薩摩に長州だった

 ならば、レールガンにも同じ発想をすれば良い

 ‥弾のマグヌスを上げる構造にする&重量を軽くする
 軽ければ、反発でのエネルギー損失は減る
 だがしかし、軽いと威力も減る
 だがしかし、燃費効率比が高く、弾幕をイメージ通りに展開できたならメリットが上回る
 そこを補うのがマグヌスのUP‥かも知れない‥


> 考え方としては2つほどある


・砲身の中途にマグヌスUPの仕組みを取り入れる
 (物理実験での粒子加速をなぞらえば良いと思う)
 (その時、砲身の形がどうなるかなど知ったことではない)

 もしくは

 (弾を込めてから砲身の内側を真空にして、弾を回転させるとか‥)
 (砲身の方を逆回転、弾丸の方を正回転させてみるとか‥当然反発っす‥)


・砲弾の中軸にマグヌスUPの構造を取り入れる
 (従来の砲弾には、飛ぶす為に炸薬が仕込まれたが、それをマグヌス機構に置き換える)
 (つまり、中軸の芯でも、磁力回転と反発力を得る為の構造とエンジンを積む)
 (砲弾自らがマグヌスしてくれれば助かる仕組み)

 もしくは

 (マグネス機構の作動は、発射時と発射後の標準補正に用いる)
 (発射後の標準補正のし易さは、弾丸の重さに反比例すると思う)
 (バッテリーか燃料か‥という点でも安定性が変わるだろう)

(どうせなら‥マグネスを上げる為にも、すべてにそれな構造と素材を用いるべきかと)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:31 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年11月25日

【ツッコミ隊】黒はんぺん(静岡産)の可能性

記稿.2021/11/25

> 静岡には黒はんぺんなる食べ物がある
>(単純にイワシのすり身のはんぺんと言っておこう)


 ‥色が黒い(味は白いはんぺんより濃いが、魚臭さが強くなる)
 問題は調理のしづらさで、何をどうやろうと黒はんぺんでしかない


 ‥会社の方針なのか知らんが、イメチェンの気配がまるで無い
 例えば、ソーセージタイプとか、その中にチーズが入ってるとか
 今ややれないことはない提案に思われる

 それを

 ホットドッグにしてみるとか
 アメリカンドッグにしてみるとか‥やらかしても好いと思う
 (日本でブレークせずとも、海外狙いはありだと思う)
 (コオロギ肉と相性が良かったりすると、その手の資本が目の色を変えるかも知れない)


 ‥他に考えられるのは
 いろいろとしたパンに挟みやすい形状にしちゃうことだろう
 バーガーやサンドイッチにし易ければ、問答無用で海外注目されるはず
 (するとイワシが注目されて、サンマに変わりうる二次加工に育つかもしれない)


> 但し、国内狙い止まりを貫こうなら、鳴かず飛ばずのままだろう



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:47 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

【類推】技能実習生の闇

↓2)記稿.2021/11/25

> ETV特集「消えた技能実習生」‥というのにこんな下りがありました


> ベトナム人元技能実習生(コミュニティーのボス)曰く


 パスポートで実習生は10〜最大30、利子はといち

 お金がどうしても必要なのでみんな借りていく
 特に失踪するぐらいの人は個人情報くらいはどうでもよくなっている
 ほとんど将来のことを考えられなくなっている

 借りた15を返さなかったら、個人情報を打って20をつくる
 ドコモ・ソフトバンク・イーモバイルなどで契約して携帯番号を手に入れる
 それからクレジットカードを申請してAmazonなどの通販サイトで買い物をする
 携帯番号さえ手に入れれば通販サイトで100から150ほど買い物ができる
 食うか食われるかです

 コロナ禍では日本の高い生活費は払えないし
 居場所もなく寝る所さえないからそうするしかない


> 半グレグループ幹部曰く


 暴力団から破門って形をとった中核の幹部の人たちが数人でグループを作って
 外国人たちのグループをまとめるやり方をしているわけ
 年間だいたい12〜15ぐらいってのはこの貸し金で上がる水揚げ

 俺が知ってる範囲で考えると3・4年前はせいぜい月で500とか
 年で1いかないのはほとんどだったけど今はもう全然ケタが違う
 かなりもうかってますね、金融バブルみたいな感じになってます

 もうかった金は分配
 もうけが10として5・3・2・1
 5がお金を出してる大元
 3がいわゆる暴力団系
 2が半グレのグループ
 1がコミュニティーのボス そんな流れかな

 実はベトナムのコミュニティーのボスはうま味がない
 ベトナム人のボスたちが力をつけていくと困る
 人数が多いから押さえつけなきゃならない
 だからうま味がないようにしておかなきゃならない
 労働力としてあぶれているお金のない外国人たちを
 1つのコミュニティーとしてまとめ上げていろんな仕事をさせる
 そこからの水揚げを吸い取っていこうという考え方

 それは言葉を変えていうと
 日本の実習生たちの整理団体の代わりをしているという論理なのよ
 いい金づるというか、悪い言い方をすればそうなってしまってるよね
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:25 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年11月24日

【勝手句帳】r093(21’1123)静岡新聞掲載分から

↓(9)向宜詠吟.2021/11/24

令和3'11'23
焼津市・浜風句会
|秋映ゆる一村包む黄金波

※一村→一国→列島‥と、まぁそういうツッコミをしたくなるんよ


|秋高し列島包むコシヒカリ 後につづけと波打つ旗勢


※ 気勢×→旗勢○とした方が、日本らしくなんとも下克上上等で悩ましい

> 戦後昭和の米は、いつの間にか、コシヒカリ一色だった
> 東北のササニシキが、やませ対策の品種と言うことで競っていたのは
> 今にして思えば、大和と蝦夷(ゑみし)の対立模様に見えなくもない

> だかしかし、コシヒカリ一強に飽き足らなくなるのが国民性にあるらしく
> その後になると、あきたこまちが静かな台頭を見せ
> 後に続けとばかりに群雄割拠の下克上に至っている

 (お米のガラパゴスとまでは言われないが)
 (大抵のことには一強に屈すること無き国民性を発揮するくせに)
 (政治含みになった途端に、一強ありきに片寄るんだからほんとよく分かんねぇ)


> 日本人の考える民主化なんて、所詮、そんなもんなんだろうなあ


 ‥「コシヒカリしか有りませんから」と
 静岡県知事から寝惚けた声が発せられようなら蜂起沙汰のくせに
 自民党しか有りませんからと、騒ごうとも捨ておかれる(無関心or同意)

 (最も、蜂起沙汰に持ち込んでるのが自民党勢なので、リニアを通したいだけのイチャモンだ)

 ‥勝つための無知にあの手この手で、縄張りを侵してくるなら途端にヤリ玉にされるのだ
 (日本に漂うその手の空気は‥教えずに黙ってガス抜きを楽しむくさい‥蜘蛛の巣だ‥)
 (一番のお手本こそ、方広寺の鐘だからなあ)


> 序列抜きにやらかそうだなんて、無茶だってのは、歴史を掘ればすぐに分かることだよ
> ホリエモンの経過を眺めてたってそれは起こり得ている(空気読まないと‥前科モンだと‥)

1

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:09 | Comment(0) | 日記/2021 | 更新情報をチェックする

2021年11月23日

【妄想】神話に登場する黄泉の国とは?

記稿.2021/11/23

> 地中海や瀬戸内の海は、かつて空堀状態だったという話がある
> それはマグマ溜りがうんちゃらしたなれの果てなので生物が存在していたとは思えない


 ‥だがしかし、生物の存在できる領域もあったとしたらどうだろうか?
 例えば、かつての地中海の底から、上を見上げれば
 今現在の地表は、まさにオリンポスの神殿の様に見えただろう

 瀬戸内の島々にしても同様だ、それらこそ、高天原に見えてくるはずだ


 ‥その世界には、翼を生やした神らしき者たちが居た
 翼が無いと下に降りられない、日本なら龍人が居てもおかしくない

 翼を生やしたのが鳥や竜、鴉や龍だったなら
 下に住んでいた者たちこそ人間だったのだろうか?


> 後々的に痕跡を消し去るのが目的でもあったなら
> そのような意図不明な箇所で、人類計画が、立ち上がっていた話かも知れない


 ‥底からさらに、地球の地下構造へと繋がる洞があって
 そこでも何かしらの生命が活動していたというのがあったのかもしれない

 ‥地表が寒冷化していたのなら
 地下熱との相殺で、底の方が温暖だったからとした可能性も有るだろう


> 日本神話には洪水の話は出て来ないが、ノアの箱舟としたそれを
> 底が水没するとした中身で考えてみれば、辿り着いたのが上の方の山だったという下りだろう


 ‥当然、地球全体で水位に大きな変動を見せるのだから
 影響を受けた箇所とそうでも無かった箇所とに二分する話にもなる

 (そうなると、ノアの箱舟に積み込まれた動物こそが家畜種の類だった可能性が湧いてくる)
 (地表面にいた動物はそれこそ野生種で、それとの差がすでにあったろう解釈にもなってくる)


> さらに、地表面で行われていた人類や動物は大型だったが
> 底面で行われていた人類や動物は小型だったので、地表に出た途端に、神が居たとなる‥


 ‥地表面からしたら、底面から来た者らは、小人族に映るだろう
 小型の種の方が、繁殖力旺盛だったので
 大型の種は住む場所を譲っているうちに、寿命が尽きると次第に途絶えていったとかなんとか‥

 (そういうコンビネーションがあったとすると、巧妙すぎるz)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:45 | Comment(0) | 宇宙な? | 更新情報をチェックする

2021年11月22日

【勝手句帳】r092(21’1119-21'1120)静岡新聞掲載分から

↓(14)向宜詠吟.2021/11/22

令和3'11'19
沼津市・片浜松風句会
露けし馬齢重ねてゆくばかり

※露けし:(季、秋)露にぬれて湿っぽい。和歌などで、涙にぬれている意。
※馬齢:馬の年齢。自分の年齢を謙遜する意。
人生、成果にたるものがなかったとして自己を卑下もしくは謙遜の意。
※馬齢を重ねる:たいしたこともせず、ただ無駄に年をとることの喩え。
上五「露けし」は「や」で句切ってるので、まぁ季語なのだろう
だがしかし、「や」で切らないなら、馬齢に引きずられて景色観よりは心情観が強くなる
その場合の季語感は随分と薄れて怪しくなってくる‥


|露けしき馬齢を誘う手に木の実 愚直の種を食めども播かじ


> 見かけた木の実を拾い上げてみれば、私の人生もそれに似て見えなくもないなあ
> それは少しばかりの何かを得る為の人生だった、涙のような人生を送ってきたようなものだった

> でも、食べてきたのだから、愚直にこなしてきたのだろう
> でも、この木の実だって、食べる目的ばかりになく、播くこともできるのだ
> でも、私の人生に、播くだけのアクションは無かった(無いに等しい)

> ならば、手にしたこの木の実のままのようなのだろう
> 大樹とは差のある歩みだった、大樹を見て良いなあとしか思えない人生だった
> でも、大樹のように木の実を落とせる何かなんて、とても思いつきやしない

1

令和3'11'19
島田市・口語俳句勉強会
いきいきと鬼の貌して大焚火


|いきいきと鬼の貌して餅分配 ケチが付こうとよっこら自公


> 首のつながった自公与党が、早速に分配概要を提示した
> でもまぁいつもの辛口の予算盛りに変わりがない(どこが新しいのだろうか?)
> どうにも、よっこらしょとした空気のままの勘違いを貫き通している鬼の貌だよなあ

2

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:19 | Comment(0) | 名句にポン/2021中途から不定期分 | 更新情報をチェックする