2010年09月30日

酸水素ガス蒸気機関と雪塩製法とのコラボで海水イオン鉱物資源を狙え

1-4)1
 えー、今回は専門でもない頭で、技術の組み合わせを考えてみました。

 水を燃やして水を沸かすのが酸水素ガス蒸気機関のアイデアです。
さて、そのとき燃料となる水をどこから調達するのが合理的でしょうか?
河川でしょうか‥雨水でしょうか‥いえいえ、どちらにしても不純物の分離をしなければなりません。その点において海水を挙げておいてもなんら問題はないと思います。

 普通に考えても、海水を用いることは何かとめんどくさい要素が付きまといます。そんなのは素人にもわかることです。
 そこで、株式会社パラダイスプランが開発した雪塩製法に注目してみましょう。南国の熱風を利用して海水を吹き飛ばし、効率よく水分だけ飛ばし、塩成分だけが雪のように降り積もるという塩の生成方法です。

 酸水素ガス蒸気機関で発電所クラスの巨大なタービンを回せば、放って置いてもボイラーから多量の熱が発生します。これはつまり、南国の熱風を発生させているのと同じ状態です。そして、酸水素ガスを作るためにも海水を濾過しなければならない。

 この二つは実にマッチしていると思います。

 そこで、まずは、酸水素ガス蒸気機関のボイラー熱で、海水を揮発させ、水分を蒸溜することを考えるのが一つ。もう一つは、雪のように落ちてくる結晶成分をただ下に落とすのではなく、小さく空中を漂っているうちに効率よく回収して、遠心分離器に掛けてしまえれば、少ないエネルギーで、海水イオンとして混ざっている鉱物資源を手にすることができるのでは‥。

 まぁ素人発想ですが、一石二鳥なのではないのか?‥と思った次第です。



1-4)2
 こんな話しをすると、太陽光発電も風力発電も石油火力も原子力も要らないとか‥そう考えてしまいがちですが、水を濾過するために必要なフィルターは未だ石油製品ですし、酸水素ガス蒸気機関を機関車利用した場合でも、特に冬場、熱を電気に還元しておきたいと思えば、蓄電技術は欠かせません。
 太陽光にしても風力発電にしても、一長一短でカバーし合えばいいと思います。なんにせよ、酸水素ガスを造り出すまでのエネルギー確保は外せません。
 そして、電気モーターで動かした方が資源の活用効率に無駄が少ないのであれば、なおさらに、海水から資源を無尽蔵に取り出すための技術的検証を併せてしておくべき事です。高度で複雑なエンジンに酸水素ガスを入れて走らせるよりは、やはり、電気モーターの電気を得るための発電所活用の方が実用的だと考えます。



1-4)3
 問題があるとすれば、大量に発生することになるナトリウムの活用方法です。固体にしてみた所で純ナトリウムの固まりは、空気に触れるだけで燃えだす危険物です。海に捨てようにも、捨てる海域の塩分濃度が高くなってしまえば環境破壊です。陸地に溜めておくにしても河川に流れ出せば同じ事です。
 それじゃ、いっそうのこと、溶岩流の中にでも放り込んでみましょうか‥粘りが出たり、さらさらしたりと変化が発見されるかもしれませんよ。

 違った見方をすれば、埋め立て用の資材に転用できるともなれば、これ幸いかもしれませんね。きっとなんらかの技術的有効活用の道はあると思います。そうでなければ、地球環境にナトリウムが大量に用意されている辻褄が合わなすぎてしまいます。



1-4)4
 言うまでもありませんが、日本国内でエネルギーと鉱物資源が確保できれば、鬼に金棒です。鎖国したってやって行けそうです。鎖国するまでもなく、どんどん円高になってもらった方がその場合は好都合なのかもしれません。
 だってそうでしょう。国内総生産のうちどれだけのエネルギー経費・資源経費を海外に支払ってきたって言うんですか。
 仮に5〇〇兆円のGDPの3割で考えてみても150兆円が浮く計算です。10年も経てば国債赤字なんてナイナイです。もっとも円高の状況でこの計算は嘘っぽい話ですが、日本のこれの技術支援と円相場を秤に掛ければ、どこの国も嫌とは言わないでしょう。
 さすれば、ASEANプラス3の中で、円を基軸とした通貨統合も有り得ると思います。高いのと安いのとの平均を取れば、適正な円相場になる。まぁ単純に考えればそんな所です。そうともなれば、中国抜きでも話が進んでしまいそうな展開でーす。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:49 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

【参考】米国の制裁法案から学べる点

1-2)改稿.2015/08/29...20100929...

 日本の場合、戦争放棄を主張している。
 ‥だからだろう。他国への対抗措置を法案として掲げる例は多くない。

 そもそもにしてそのような制裁法案の類いは、他国に攻め入るための戦争勧告を示唆することになる。

 経済制裁にしてもそうだが、そもそもにしてそこに有るべき精神とは、
 お互いの国交を有益な基盤にあろうとする前に、公正無私にあるべき姿勢が問われる。
 ‥火のない所に煙は立たぬのだから、そこにはすでにお互い勝手な乱れがあると言わざるを得ない。


> テーブルの上では、にこやかに握手を交わすも、その下では蹴り合っている様は一体何様なのだ?
> そこにあるのは国民を代表とした姿勢ではない。すべてを欺こうとしている不義である。


 ‥相手の主権を一時的にも取り上げようなどとの剣幕は行きすぎというものだ。
 其を話し合う議会を報道情報を通して見ていながら、平然と了承している国民もまた不可解に当たる。

 そのような怪しさをまき散らすばかりは、どう見たって
 ‥売り言葉に買い言葉だ。幼稚な国家体制にしか見えてこない。
 ‥どこに民主的な政治国家としての手腕があるというのだろうか。まるで軍属だ。

 特に米国に見られるそれは、如何にも攻撃的で何様と思うところがある。
 ‥いつまで経っても、植民地支配時代の空気が抜き切れていないのだ。


> しかしその呆れた態度からも学べるべき点が一つ見いだせよう。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:13 | Comment(0) | 刮目 | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

【マンガ】花田少年史を読んで

1-2)改稿.2015/08/21...20100927...

> [一色まこと]花田少年史を読んでみました。


 このマンガはアニメにも映画にもなっているとの事ですが、花田のはの字も存じておりませんでした。
 霊絡みの日常些末を、メルヘンチックに見せてしまうセンスに脱帽でーす。

 ‥楽しく厳しく公平に
 ‥成仏できるできないに対しても公平に
 「自分のせいで自分との関係で成仏できない者が居るのに、自分だけが成仏できるわけがない」
 三巻収録25話〜27話の下りには驚きました。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:36 | Comment(0) | マンガ | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

【マンガ】ピアノの森を読んで

1-1)改稿.2015/08/21...20100925...

> [一色まこと]ピアノの森を読んでみた。


 ‥話の途中で完結していなかったのは残念だが
 ピアニストの卵たちのバトルをマンガで表現すると、
 「あーなるのか‥」という一つの形に奇妙な共感を覚えた。

 音を絵で表現できないから、自ずと音楽家の生き様を描かざるを得ない。

 それもショパンコンクールというきわめて限定された世界観での生き様を織り込まなければならない。
 一色まことは大胆なマンガ家だと思った。


 ‥しかも、ショパンコンクールに参加できる年齢は17歳〜25歳とか
 たかだか17歳〜25歳の年齢でどれだけの人生観を織りなせるというのだろうか?

 (ある意味、そこにあるのは天才という響きだけで人間性なんか二の次で好いはず)
 (でもまぁ、公演という身なりをキチンとできるかどうかは人格上の前提でもある)
 (人生の中でひねくれている暇がどれだけあるのかにも、許容の幅が限られる)
 (‥どんなにキャラを立てたくも、ショパンコンクールという制限上、嫌でもキャラはかぶる)


> 絵や言葉ではなんとでも言えるかもしれないが、それがアニメ化されていると聞く


 楽譜が4/4拍子のところを4000/4000拍子にでも細かく置きなおさないでもしない限り、
 デジタルでの聞き比べに、キャラごとの個性なんか得られないと思う。
 人の演奏には所詮、音長による個人差があるのだから‥物理的に違いを得ようとすればそれぐらいだ。

 実際、ボーカロイドに歌を歌わせようとすると

 節の出だしや伸びに、楽譜とのズレをテクニックとしてやらないと
 機械っぽく聴こえるばかりでおもしろくも何ともない。
 ただし、あまりかけ離れてばかりいても、全体があやふやになってくる。
 実際にやってみても、聴きながらでないと調整できないし、イメージが先にないと崩れるばかりだ。

 ピアニストで言えば、そこは楽譜を見て弾くなんてものではなく、身体が覚えている感覚か‥

 それでも、人間が4000/4000拍子なんて楽譜を渡されても理解不能だと思う。
 機械に渡せば別だろうが、常識的にそんなスコアを置けるツールからしてない。
 「そこを制作サイドはわかっているのだろうか?」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:45 | Comment(0) | マンガ | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

目の付け所が茄子

1-1)1
茄子を油で炒めていると、知らないうちに茄子はどんどん油を吸い取ってしまします。その割には、天ぷらで揚げても、油でへなへなとはならず、逆にみずみずしかったりします。

この不思議をナノテクで研究したらおもしろいのでは‥

加熱と関係があるかもしれませんけどね。もしかしたら、油を吸い取るには、水分を内包したような構造の方が良いのかしれません。そうともなれば、原油流出時に打って付けの吸着材になるかもしれませんね。水分は吸わないけど、油分だけを吸うとか‥

普段の使い道として挙げれば、鍋料理に使われるスープ出しの表面に浮いた油分の吸着とか‥洗い物に浮いた油分の吸着とか‥

なんとなーく、需要は期待できそうにありませんね。
吸い取らせた後はどうするの?‥油成分資源として回収しますか?、それともゴミ?
どちらも天然素材だったら、埋めてしまえで済みますけどね。畑の肥料とか‥
まぁそう考えれば、加工食品需要はありそうですね。
そこまでうまく事が運べば、そりゃボロ儲けでしょう。
油の処理ほど大変な要素はありませんからね。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:40 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする

トイレのスイッチと換気扇

1-1)1
 まず、最初の問いは、トイレの明かりのスイッチは中にあるべきか、外にあるべきか‥
ここでは、商品開発の都合を考えているので、中にあるとしよう。

 するとフローチャートはこうなる。

・トイレの中に入った人がスイッチを入れる。
・スイッチを入れると同時に電気が灯り、人感センサーもスイッチON。
・換気扇も同時に回る。
・用が終えたら、スイッチを消す。人感センサーもOFF。
・その時、換気扇のOFFは、タイマーセットで選択制でON継続。
※夏場なら付けっぱなしでもいいし、冬場なら時間セットでもいいと思う。
ニオイセンサーなどと洒落たものを付けるぐらいなら、ニオイで健康が判るぐらいでないと意味はない。ただし、外からニオイが逆流してきた場合などを考えると換気扇をセンサーモードにしてしまうのは不甲斐ない結果をもたらす事になる。むしろ無い方がよい。

・では、消し忘れた場合はどうか?
消し忘れたときこそ、人感センサーとなる。
人感センサーの判断により、電気が消されて、換気扇はタイマーセットに基づく。
とくに高齢者やお子様向けの機能となる。
タイマーセットが煩わしければ、ボタン押し式の3段階がいいと思う。
逆流を嫌って回さない、10分後もしくはセンサーモード、回しっぱなし。
当然、逆流を嫌って回さないモードは、中に入ってから選択することになるだろう。
その時、一次的に換気扇を止めても、電気は灯ったままとなる。

さて、人感センサーであるが、サーモグラフィーでチェックでもするのだろうか?
それとも単にドアの開け閉めに反応するのだろうか?
まぁその辺はコストとの兼ね合いだと思う。

それよりも、こういう商品ってあるのか?
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:11 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

酸水素ガスを燃料に蒸気機関で走るSLはどうよ?

1-2)1
 

 酸水素ガスとは、日本テクノが開発した水を燃焼させることのできる技術である。
日本テクノでは、自動車用のエンジンに応用しようとしているようだが、当然、電気自動車の普及を推し進めたい国や企業との連携を乱してしまう脅威として扱われるばかりで、日の目を見そうにない。

 そこで、NHKの深夜番組で流れていたSLの映像を見ていて、ふと気が付いた。

 ローカル鉄道向けに酸水素ガスの技術を応用すれば、どこの技術ともかち合うことがない。観光にも打って付けだと思う。
 SLの時代、路線に電線は必要とされていなかった。つまり、その分だけ景観も良くなるわけである。また、電線を必要としない分、メンテナンスに掛かる経費も削減できる。

 燃料の素は水だから経費はあまり掛からない。その代わり、電気機関とは違って、燃料を積載して走らなければならないことから、それなりのパワーが伴わないと辻褄が合わない。しかしそこは炭素繊維をボディーに用いるなりして、軽量化を図れば辻褄は合うと思う。

 ただし、SLと同様に、燃料の積載にそれなりの時間を要するなら、燃料用に連結車両の交代を常に準備しておかなければならないことになる。その点、本数を必要としないローカル線ではあまり問題にならないと思われる。

 いでたちをSLそのものに似せようとしても、黒い煙を吐かないSLでは画的に物足りないのでデザイン的にそこまでを意図させる必要はないが、新型の蒸気機関というコンセプトで考えて行けば、確かにSLは石炭だけではなく水と共に走っていたことに気が付かされるのだ。
 つまり大げさな構造を用いれば、水を燃焼させて走る蒸気機関を造り出すことも可能となる。水を燃やして水を沸かす。それが酸水素ガス蒸気機関。

 発想を変えればなんとやら、酸水素ガスの技術を生かすも殺すもアイデア次第と言った所だろうか‥なにしろ、そこにはすでに世界的な需要が潜んでいるのだから。
 ローカルになりがちな鉄道需要を狙えば、権益と対立せずとも活かし合えるだろう。



1-2)2
 火力発電を酸水素ガス発電に置き換えることが可能なら、水資源大国の日本は、世界に水を燃料として輸出することが可能になるかもしれない。

 ロックフェラーも目から鱗だろうな。

 ただ、水プラズマの技術を見ても水の火力の可能性は凄そうだが、酸水素ガスの燃焼効率が判らないから‥どこまで適応できるのかは定かではない。
 なにしろ、水は油に比べて比重が重いから、燃焼効率が悪いとバツが悪い。燃料を確保しておくためのタンクの容積が倍になると用途は限られてくる。宇宙ロケットの燃料タンクを見てみてもだいたいの想像は付いてしまう所だ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:04 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

【夢考察】テレパシーは脳をモニターにする

1-2)改稿.2015/08/21...20100918...

> 何日か前、へんな夢を見た。


 夢の内容はすっかり忘れてしまったが
 頭頂に電気的な刺激が伴ったテレパシーのような感覚だけははっきりと覚えている。

 テレパシーのようなその内容は
 “Bravo Baby!、Bravo Baby!、Bravo Baby!‥”
 ‥を耳にタコができるぐらいに繰り返して来た。否、頭にタコかな。

 その感覚が実に不思議で

 人体のツボで言う所の頭頂から脳下垂体に通じた経路が
 まるでアンテナの導線になったかのように、電気的なシビレでジンジンした。
 ‥頭頂あたりが、スピーカーになったかのように、「ブラボーベィベー」と繰り返し聞こえた。


 そんなふうに聞こえたのははじめてだ。


 ‥たまに妄想的に、耳に聞こえたり、頭に聞こえたりはある。
 といっても、空耳のような程度で一瞬だ。それにあまり好いメッセージに無かったりする。

 しかしこのときは違った。
 目覚めの状態に向かっていたせいか、尚更に良く覚えていたわけだが、
 目が覚める感覚が強まるに従って、そのスピーカーの感覚も強まったのを覚えている。
 その強制的な刺激のせいで目が覚めたと言ってもいい。通信のような何かに思えた。


> それにしても、“Bravo Baby”って、どういうニュアンスなのだろうか‥(気になる)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:47 | Comment(0) | 考察 | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

【熟語提案】盆人形/ぼんにんぎょう

改稿.2015/08/21...20100915...

> 盆人形【ぼんにんぎょう】


 いわゆるブログ等のアバターの漢字的表現としての提案。
 盆栽のように手入れをすることに喜びを得るデータ的人形。

 ‥ただし

 同じような文字数での提案のため、意味があるかないかは使う人次第。
 以前は、無理に二文字で考えたのですが、イメージが拙いかなと。(参考:盆身【ぼんしん】)

 ‥あとこんなのも
 盆宅【ぼんたく】:アバターに宛がう家などの建物パーツ類のこと。
 盆具【ぼんぐ】:アバターに着せる服等のアイテムパーツ類のこと。
 (さすがにお盆を連想してしまいます。orz)


> 使用例


 プログラムの変数名とか、如何でしょう。

 「アバターの手入れ」‥の響きはオタクっぽく思えますが
 「盆人形の手入れ」‥の響きになると日常感が増した感じです。

 「俺とアバター」‥の響きは、如何にもって感じで自慢気に見えてしまいますが
 「私と盆人形」‥の響きになると、より玄人っぽく専門家のうんちくが聞けそうな感じです。


|盆人形(アバター)有っても無くても困らねぇ
|盆人形(スタンプ)LINEのトークに花添える

 ‥ということで、俳句等での活用は如何でしょう。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:46 | Comment(0) | 提案熟語 | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

【日記】ニコッとタウンに会話を求める人の浪の間の疾患

改稿.2015/08/27...20100908...

> ニコッとタウンに参加してみた感想


 ニコッとタウンでは2000文字までしかブログ記事が書けない‥残念、さよなら。
 ‥それでもせっかくなので、ちょっとだけ町を散策してみることにした。

 アバターの身なりを整えるのに気に入った服がなかったので、上半身は裸にした。
 少年気分で歩いてみた。
 ‥すると、そんな格好の人は他に誰もいないんだな。気分は裸の大将なんだな。


 町を歩いて気が付いたことは


 誰も声を掛け合っていません。
 リアルの日常と同じ光景です。

 「はて、皆さん何を期待して仮想空間に参加されているのでしょうか?」

 そんなおいらも同じように素通りを決め込むんだな。
 ‥上半身裸のおいらに話しかけてくるような人は、リアルにもいないんでお気楽なんだな。


 今月の特別アイテムにあった翼アイテムを着込んだアバターが空に浮かんでいたんだな。


 ‥なるほど、ああやって宙に浮いていれば、道混みにもまれず
 通る人をじっくりと観察できるんだな‥玄人なんだな‥おいらも欲しいんだな。

 でも、お金を入れて継続なんて考えてないんだな。
 お金が掛かるだけに、お空にまで人でいっぱいの混雑は起きそうにないんだな。
 残念なんだな。天使でいっぱいのお空を見てみたいんだな。
 ‥こんな所にも、天使になれず終いの残念な形があるんだな。

 ぼくなんかおにぎり貰うのもたいへんなんだな。
 おにぎりをくれる人はみんな天使の顔なのに翼はないんだな。ちょっと残念なんだな。


> それにしても


 アバターという装いをしているだけのことで、誰がどんな性格かなんてまるで見えてこない。
 ‥それで、どう挨拶をしろと言うのだろうか?

 電話を発明したエジソンが
 自ら「ハロー♪」を口にしたのと同じぐらいの切り出しマナーを誰かが始めない限り
 この状況に変化はないだろう。国民性ともなれば尚更だ。そう思うんだな。

 ‥ということで

 ただ画面を前にアバターを眺めているだけは無駄無駄無駄なので、
 サークル活動がニコッとタウンの目玉なんだなと思ったんだな。


> トランプ大富豪の革命発動にハマったんだな


 こんなルールがあるのを知らなかったんだな。
 「いいな革命♪」こういうのをフェアーなルールって言うんだな。
 (今までの大富豪はなんだったんだろうな‥目から鱗だったんだな)お終い。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:08 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする