2010年09月08日

【日記】ニコッとタウンに会話を求める人の浪の間の疾患

改稿.2015/08/27...20100908...

> ニコッとタウンに参加してみた感想


 ニコッとタウンでは2000文字までしかブログ記事が書けない‥残念、さよなら。
 ‥それでもせっかくなので、ちょっとだけ町を散策してみることにした。

 アバターの身なりを整えるのに気に入った服がなかったので、上半身は裸にした。
 少年気分で歩いてみた。
 ‥すると、そんな格好の人は他に誰もいないんだな。気分は裸の大将なんだな。


 町を歩いて気が付いたことは


 誰も声を掛け合っていません。
 リアルの日常と同じ光景です。

 「はて、皆さん何を期待して仮想空間に参加されているのでしょうか?」

 そんなおいらも同じように素通りを決め込むんだな。
 ‥上半身裸のおいらに話しかけてくるような人は、リアルにもいないんでお気楽なんだな。


 今月の特別アイテムにあった翼アイテムを着込んだアバターが空に浮かんでいたんだな。


 ‥なるほど、ああやって宙に浮いていれば、道混みにもまれず
 通る人をじっくりと観察できるんだな‥玄人なんだな‥おいらも欲しいんだな。

 でも、お金を入れて継続なんて考えてないんだな。
 お金が掛かるだけに、お空にまで人でいっぱいの混雑は起きそうにないんだな。
 残念なんだな。天使でいっぱいのお空を見てみたいんだな。
 ‥こんな所にも、天使になれず終いの残念な形があるんだな。

 ぼくなんかおにぎり貰うのもたいへんなんだな。
 おにぎりをくれる人はみんな天使の顔なのに翼はないんだな。ちょっと残念なんだな。


> それにしても


 アバターという装いをしているだけのことで、誰がどんな性格かなんてまるで見えてこない。
 ‥それで、どう挨拶をしろと言うのだろうか?

 電話を発明したエジソンが
 自ら「ハロー♪」を口にしたのと同じぐらいの切り出しマナーを誰かが始めない限り
 この状況に変化はないだろう。国民性ともなれば尚更だ。そう思うんだな。

 ‥ということで

 ただ画面を前にアバターを眺めているだけは無駄無駄無駄なので、
 サークル活動がニコッとタウンの目玉なんだなと思ったんだな。


> トランプ大富豪の革命発動にハマったんだな


 こんなルールがあるのを知らなかったんだな。
 「いいな革命♪」こういうのをフェアーなルールって言うんだな。
 (今までの大富豪はなんだったんだろうな‥目から鱗だったんだな)お終い。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:08 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする