2011年02月26日

【参考】横文字の長音符を1記号1音1調子と思い込む日本人

改稿.2015/08/29...20110226...

 日本語を話せる外人さんの苦手はカタカナであると聞く。
 「それはなぜか?」


> そこに、日本人特有の英会話をマスターできない盲点あり


 日本人は英単語の発音に対して、
 発音記号のすべては同じ長さで発生するものと思いがちである。
 ‥特にカタカナで長音符が付いている場合に、その思い込み傾向は甚だしいかと。

 実際にネイティブの発音を注意深く聞けばわかると思うが、

 誰も長音符の長さに対して、1記号1音1調子での発声をしちゃいないのだ。
 それはすべての発音記号に対しても同じだと思う。
 (尤も、こんなことを語る著生の英会話はさっぱりだ)

 それでも、この予想を以て、
 外人さんのカタカナ苦手を逆さに考えてみるに
 ‥あながち的外れではないなと思った要素に気がついた。


> そもそも、発音記号からして1記号1音1調子であるなどとのお断りはどこにも書かれていない


 全部バラバラなのだろう。それが横文字の感覚に思われる。
 1単語の中における1音分と思えようとも、実は2分の1とか3分の1程度にあるのはざらで、
 ‥ネイティブにしか分からないツボがあるのだろう。

 そもそもにして表記と発音がまばらだし、デザイン的だし、好き嫌いの要素を挟む傾向を持つ。
 日本語のような実用性を重んじた相互対応になっていない。

 coffeeの発音にしても、
 「どうしてカフィーなどとカとコの両方に聞こえてくるのだろうか?」

 ‥これはつまり
 日本人の耳が、イロハの発音に置き換えて聞き取ろうとする癖にあるからだ。


> 実際の外国語の発声という奴は


 イロハに置き換えてみようとも、微妙に独特で割り切れない響きをしており、
 しかも発音のそれぞれの音の長さや調子については
 ネイティブにしかわからない‥そんな感覚を思わせる独特さを持つ。早口になると尚更だ。
 そこの所を差し引きして耳に流し込むべきかと思う。
 ‥であればこそ、ネイティブには、どこどこ訛りかが聞き分けられるということになる。


 そこで予想されるのは、”What time is it now?”の塩梅だろう。


 「掘った芋弄るな」を聞き分けられる地域とそうでない地域とがあるということだ。
 「掘った芋弄るな」は、ジョン万次郎が住んでいた地域での発声の特徴的な聞こえであり、
 ‥必ずしも、全米や全世界で通用するとは限らない。

 実際、時代を経た影響もあると思われるが、通じたり通じなかったりの両方があると聞く。

 聴くにせよ、話すにせよ、
 数をこなして経験値を稼ぐしかないのが、外国語の特徴と言うことか‥


> ‥逆から言えば


 外人からしてみて日本語も、詰め込んで慣れて覚えるしかないとの感覚にあるのだろう。

 ところが日本人にしてみれば、日本語は、色々とした諸事情が絡むことから、
 歴史を掻い摘まんで理解しておかないと、なかなかに使い分けできるものではない
 ‥という事情を知っている。それはまた詰め込むばかりに何の意味があるのかと思う節になっている。

 また、

 外人が日本の外来表記(カタカナ)を覚えようとすると、途端に困惑することになるのは、
 それは自分の国の発声と比較するからだ。そこにあるギャップに戸惑うのだろう。
 多分そこには、アナログをデジタルに置き換えるに等しいぐらいの違いがあるのだ。
 ‥そのぐらい、割り切れない部分での聞き分けをしているということになる。

 その点、日本人は発音よりも文意の理解に始終する。
 ‥そりゃもう、自己の意見主張よりもきちんと相手の言い分を理解することの方に趣がある。
 ‥どちらかと言えば、恥ずかしくない発音よりは、恥ずかしくない書に通じているのだ。

 (横文字の方が発音に複雑さが絡むことから、そういうわけには行かない事情を持つ)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:09 | Comment(0) | 考察 | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

【刮目】ライトアップ症候群は、自然界の迷惑だ!

改稿.2015/09/01...20110213...

> 俺は夜景のライトアップをきれいとは思わない
> 「なぜそう思うのか?」‥その答えがようやく見えてきた


 日本のライトアップ第一人者は、石井幹子(いしいもとこ)だ。
 彼女は、「海外では建物がライトアップされて夜景がきれいなのに日本にはなぜそれがないのか?」
 ‥その浅はかな思いだけで、日本でのライトアップ活動をおぱじめた犯人(ホシ)である。

 ここでは犯人との表現を用いるが、別に法律に違反した活動をしているとかではない。
 ‥野生動物の好奇心を人里に引き寄せて、
 農家に甚大な被害を及ぼしている可能性のきっかけの張本人という推理からそう呼んでおくとする。


> ググってみると


 彼女がぼちぼちと活躍し始めたのは、1980年代からである。それ以前は、
 オイルショックの影響から、照明デザインは電力の浪費と受け取られ不遇の時期を過ごしていた。

 1989年に、東京タワーのライトアップが始まった。
 1993年に、レインボーブリッジのライトアップが始まった。
 ‥たぶんその頃を境に、日本全国の夜光が、宇宙から見て一番派手になり始めたんだと思う。


> 石井幹子の理想とする照明は


 「満月の明かりのような清らかで美しい静かな明かりが好き」‥だそうだ。
 でもまぁそんなのは関係ない。夜空をキレイにすれば良いだけだ。地上に持ち込む必要なんか無い。

 夜光を発すれば、虫が引き寄せられて人里に下りてくる。
 その虫を追い求めて人里に引き寄せられるのは獣である。
 ‥それの蓄積と時期は、ちょうど一致する。

 無論、それ以前にも、昼も夜も慢性的なライトアップは始まっていた。

 少し遡れば、高速道路やら24時間コンビニなんてのもそれに荷担していたと言える。
 ここで肝心なのは、誘導路を形成してしまうインパクトの大きさだ。
 ‥ありとあらゆるライトアップが、野生生物を刺激してきたものとして推測される。


> 特に夏の間、人の活動は夜長になる。


 虫たちは明るいままのそれに‥街の夜光に引き寄せられて、そのまんま山に戻ることなく果てる。
 なんにせよ虫たちの命は短い。その結果、虫たちを追って小動物が移動を始めるようになった。
 なんにせよ獲物が減り始めようならそうならざるを得ない。
 ‥とくにタンパク質の激減は、容赦ない選択を要求させたものと思われる。

 周りに小さな獣の気配が無くなると、今度は大型の獣たちが小動物を追い始めた。


> 年々その距離が人里に近づき、ついにはその境目が無くなったのだとしたらどうだろうか?


 最近の調査では、熊の中には冬眠することなく、
 人里近くにヨッコラショと、巣穴を構えてくらしている輩が多発していると聞く。
 喧騒なんかなんのその‥熊でさえ、山里よりも人里の方が暮らしやすいことに気がつき始めたのだ。

 熊にしても、肉好き、植物好き、魚好きと様々とある。人間の食好と同じように
 それぞれ自然界のバランスを保つ働きの中にあった。‥ところがどうか
 人里の食べ物の方がうまいと知られりゃもうお手上げだ。奴らは手強い。それが野生でもある。

 その結果、大型の肉食獣の気配の薄くなった山奥から、鹿の数が増え出したとておかしくない。


> ‥鹿の被害は90年代後半にはかなりの規模になりだしていた。


 これは、どうしようもないほどに、
 石井幹子の活躍とライトアップ認知の波及との時期が一致してしまうのである。

 それと同時に、猛プッシュされてきた道路賊に空港賊。
 どちらかと言えば、そっちの開発等の方が虫にしてみればインパクトが大きい。
 飛び疲れたなら車にでもよっこらしょと止まれば良い。簡単に飛躍的な移動が可能になる。


> 俺の推理は間違っているだろうか?


 そんなことを知る由もない石井幹子曰く。
 「やってないところがあまりにもまだまだ多いから、もう一回東京の照明を見直したい」‥だそうだ。

 そんなのは、日本全国の夜をさらに煌々と照らして、
 「野山から虫をはじめとした生き物すべてを都会に集めちゃうわよ」っと
 無邪気に語りに落ちた子供と変わらない。


> 「そんな照明は日本では有り得ない!」
> 石井幹子が駆け出しの頃、いろんな所でそう言われたそうだ。


 ‥北欧をのぞいた西洋の森林は、伐採のしすぎで一度壊滅してしまったあとの姿にある。
 ゆえに、そこにある風景は、すべて人工的(デザイン)でしかないのだ。
 そこを真に受けてしまっては、日本の原風景は成り行くまい。


 「人の価値観ばかりで以て、風景のキレイを見てんじゃねぇ!」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:39 | Comment(0) | 刮目 | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

【考察】腸内寄生虫は宿主の食好しだいで凶暴に肉食化するか?

改稿.2015/08/31...20110207...

> 戦後、ほとんどの日本人は大量の発がん性物質を体内に取り込んでいる。
> かつてDDTと呼ばれたノミやシラミを根絶やしにするために用いられたアレである。


 DDTの発がん性が、ベトナム戦争当時に使用されていた薬物と同様に、
 その症状の発生が、時間差で世代を超えて伝達してしまうほどの薬害にあるかないかは不明。
 ‥多くの日本人はそんなことを忘れてしまうほどに、平均的かつ健康的な時代を経ている。

 それでも、DDTは、曰わく付きの怪しい物質である。

 ※ 第一次大戦中に生産された大量の塩素ガスを、赤字のお化けにしてしまわない為に、
 過剰なまでの戦略的措置が、ベトナム戦争にまで続いた研究開発からの代物。
 (‥もっと深刻なレベルで癌との関連が疑われるような状況が生じたとておかしくはない)


> では‥なぜ、何がそんなにまで病状を押さえ込むことができたのだろうか?
> そこで推論してみた。


 ‥ノミやシラミを押さえ込んだ後
 日本人の多くは、なぜか大量の腸内寄生虫に悩まされることになった。(特に若年層)
 なんでも、茶碗一杯に丸々と出るわ出るわの話だったと聞く。


> そんなにも‥どうして田畑に寄生虫の元が発生したというのだろうか?


 ‥江戸時代はどうだったろうか?
 江戸時代の人糞は日常のリサイクルとして畑にまかれていた。
 しかし、江戸時代の話にその手の記録を聞き及ばない。

 たまに見られる内容と言えば、
 大量の寄生虫に腸内を食いちぎられて死んだという話ぐらいだ。
 ‥その手の話にしても、いつの時代にもある不注意の程度で、流行るほどではない。


 「なぜ、腸を食いちぎられるまで深刻化する者とそうでない者とが居たのだろうか?」
 「その違いはなんだろうか?」


 野生動物でも、好んで寄生虫を押さえる効用のあるものを食べることで
 体内での寄生虫の活性化を抑え込むという。
 (‥中にはそれとて、寄生虫の養分に利用されてしまう生態も見られる)

 そう考え行くと

 当時の寄生虫の大発生には
 ウジ虫療法と同じような効果がもたらされていたのではないのか?
 ‥との推論が立ちそうである。


> つまり


 DDTの散布で腸内に生じた悪性腫瘍のできはじめを、
 寄生虫たちが食べていたことで、表立った癌化が起こらなかったとの推理になる。

 当時は食べられるものが限られていた。
 その手の食べ物には寄生虫の食欲を刺激させるような状況には置かれていなかった。

 ‥そう考えると、少し後の時代からの癌問題は、
 その後の寄生虫退治に用いられた農薬による影響もありとした考えも成り立つ。
 (南洋の原爆実験による魚類への影響も絡むので正確なことは言えない)

 ただし

 その境目を厳密に感じられる事ができたのは当時の医者だけである。
 実証的なレベルでの議論は難しいように思われる。
 また、当時の生活の質的向上の移り変わりを知らなければ判断は付かない。

 当時の食肉と言えば、まだまだ高価なものだった。
 癌に冒されるような話は一般庶民には寝耳に水だった。

 ‥その割には、白血病はやたらとテーマにされて映画にもなったほどだ。
 その主題歌がかの『翼をください』だったと記憶している。
 (南洋の原爆実験の魚類からの汚染物質摂取の影響も否定できない)


> 人が肉食化すると腸内が荒れる
> それの自然界の医者として腸内寄生虫は存在してきた‥との考えがここでの意見である。


 肉食→腸内に寄生されている→荒れた腸内細胞に腸内寄生虫が食いつく。
 慢性化のなれの果てとして、数が増し、宿主の腸を食いちぎるほどに至る。
 ‥かように推理できるだろうか。


 豚などはきれい好きの生き物であるにも関わらず、血から何から何まで寄生虫だらけだと聞く。
 だが、豚自体の病気の要因に、腸内寄生虫が一番に上るような話は聞かない。
 ‥其は、共生関係の作用する視界にあると思う。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:20 | Comment(0) | 考察 | 更新情報をチェックする