2011年11月24日

サラダバーはあるのに漬け物バーは聞かないので考えてみた大戦略

1-3)0
 漬け物バーでググってみたら、飲み屋の看板ではあるそうだ。それも、酒の肴としての漬け物をそのままに出すのではなく、漬け物に一工夫の調理を加えて出すというコンセプトのお店である。
 しかし、俺のここで言いたい漬け物バーというのは、100円、200円の食べ放題のサラダバーよろしくに、日本全国の漬け物が日替わりで入れ替わる上で食べ放題になる漬け物バーという発想である。

 それだと多分、塩分の取りすぎがwとか、おかずと漬け物との両方は食べないでしょうとかの商売上のメインをどこに置くのかで悩む所となる。

 それでも、漬け物文化に興味がないなんて日本人はすでに欧米化人といえるだろうが、それでもその手の情報に興味関心の強い外国人相手となれば、観光スポットの一角に組み込んでもらうという戦略も有り得る。追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:56 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする