2011年11月25日

俺が欲しいと思う、超豪華お絵描きシステムの提案

1-2)0
 その昔、俺はベーシックで、マウスで入力したポイントと次に入力したポイントの距離差を取って太さの変わるペンプログラムを書いてみた。
 つまり、距離差の変化‥加速度の変化を取るのである。確かにそれはそれとなく狙い通りに機能した。

 それから、タブレットを買ってみたり、糞高いグラフィクスツールを買ってみたりしたが、それの実現には及ばなかったので、ワコムに自分のアイデアを直訴メールした。それから、3年ぐらい経ってからようやく、マーカータイプのタッチペンが登場した。

 その機能を確認した所、入力する点をはじめから二点用意してあるように思えたのだが、今となっては加速度センサーとやらが流行っているので、大した技術ではなくなっている。

 実際そのマーカーペンで描くような機会を得ていないので、何とも言えないのだが、アーティストには評判は良いらしい。
 しかし、画面に直接入力するシステムとしては、そのマーカーペンは実用化されていないようなので不満も大きいのではないだろうか。

 そこで、新たな提案をかなり前にワコムに直訴メールしたのだが、まるで進展が感じられない。それどころか、ワコムのディスプレイタイプのタブレットは、ドット欠けが有って当たり前のような評判なので、「え、そんな会社なの‥」とがっかりしている。

 そこで、今回、ブログの方で書いておこうかなと思った次第である。追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:47 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする