2011年12月04日

改名を税財源としてはどうか?

1-3)0
 今や奇抜な名前のオンパレードは、日本語の乱れに通ずる民族的な危機感すら感じられる我が国の関心事の一つである。
 そこで、それを解消しておくための策として、親が役所に届け出た出生児の名付けを、幼名扱いにできるようにしておく方向性を提案する。追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:48 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする