2012年06月26日

【刮目】ふるさとへの想いこそ活力なり

1-4)改稿.2015/09/05...20120626...

 問A:
 あなたは、今、戦国の世の百姓の身分とします。
 地元を治める大名は、世間に評判の届かない殿様です。
 そんなあなたの国に敵が攻め込んできました。
 攻め込んできた敵の殿様の国は、とても良くまとまっているとの噂です。

 あなたは、同郷の義を重んじてお国を護ることに徹しますか?
 それとも高みの見物で中立を選びますか?


 問B:
 あなたは、今、戦国の世の百姓の身分とします。
 地元を治める大名は、世間に評判の通った殿様です。
 そんなあなたの国に敵が攻め込んできました。
 攻め込んできた敵の殿様の国は、勢いがあり、勢力拡大にイケイケだとのもっぱらの噂です。

 あなたは、殿様への謝意を以て、この時とばかりに命を懸けて共にお国を護ることに徹しますか?
 それとも高みの見物で中立を選びますか?


 ※ 参考:
 兵農分離が進んだ戦国後期の戦では、
 戦場が百姓の土地を含んでいようといまいと、平然と踏み荒らすように変わっています。
 土地を荒らされた百姓は、必要に駆られて落ち武者狩りに参加せざるを得なくなりました。
 中立を決め込んでも不憫、戦闘に参加しても主役はもはや火縄銃にありました。
 ‥なのでここでの戦国とは、戦国初期の様を指すとします。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:00 | Comment(0) | 刮目 | 更新情報をチェックする