2012年11月28日

狙われた天皇制と憲法九条の足取り 改訂

1-5)0
参考:1446年 李氏朝鮮第4代国王の世宗が、訓民正音(ハングル文字)を公布。(日本は室町時代中期頃。)

1945年(昭和20年)_8月14日 マッカーサー元帥、連合国軍最高司令官に就任。
1945年(昭和20年)_8月15日 太平洋戦争終戦。
1945年(昭和20年)_9月27日 昭和天皇とマッカーサーの会談。
(マッカーサー、昭和天皇の話に感銘する。)
1945年(昭和20年)10月_2日 GHQ総司令部、東京に設置。
1945年(昭和20年)________ 日本社会党結成。
1946年(昭和21年)11月_3日 日本国憲法公布。
1946年(昭和21年)________ 東南アジア、台湾、中国、朝鮮半島の北緯38度線以南などからの日本人の引き揚げを9割以上達成。
1947年(昭和22年)________ 満州、朝鮮半島の北緯38度線以北などからの引き揚げ完了。
1947年(昭和22年)_5月_3日 日本国憲法施行。
1947年(昭和22年)________ CAI成立。
1948年(昭和23年)_7月17日 韓国が憲法を採択。
1948年(昭和23年)_9月_9日 朝鮮が憲法を採択。漢字を廃止。
1950年(昭和25年)_6月25日 朝鮮戦争勃発。
1950年(昭和25年)________ 警察予備隊設置。
1951年(昭和26年)_4月11日 ダグラス・マッカーサーGHQ解任
(大統領ハリー・S・トルーマン指示。GHQ後任マシュー・リッジウェイ。)
1951年(昭和26年)_4月19日 ダグラス・マッカーサー退任。
1952年(昭和27年)_1月18日 李承晩ライン宣言。
1952年(昭和27年)_4月28日 サンフランシスコ講和条約発効。GHQ活動停止。
1952年(昭和27年)10月15日 保安隊発足。
1953年(昭和28年)_7月27日 朝鮮戦争休戦。
1954年(昭和29年)_5月_1日 統一協会、韓国ソウルに創設。
(文鮮明1920年1月6日(陰暦)誕生。ジョージ・H・W・ブッシュ1924年6月12日誕生。)
1954年(昭和29年)_7月_1日 自衛隊設立。
1955年(昭和30年)________ 自由民主党結党。
1964年(昭和39年)________ 東京オリンピック。
1964年(昭和39年)________ 公明党創立。
1964年(昭和39年)________ パパ・ブッシュ出馬。
1972年(昭和47年)_5月15日 沖縄返還。
1973年(昭和48年)_1月27日 パリ協定によりベトナムから米軍撤退。

 アドルフ・ヒトラー1889年4月20日生まれ‥この辺ぐらいまで、ヒトラーは南米パラグアイから元気に指示を出していたと思われる。余生90歳ぐらいと言われている。
 その後、パパ・ブッシュがヒトラーの遺産としてパラグアイの牧場を受け継いだ。その牧場の隣には統一協会の牧場が並ぶ。
 若造だったパパブッシュが遺産を受け継いだという意味からして、その後の後継争いを避けている点と、それ以前の部下の中にはそれほどに突出した野心家が居なかったと思われる。
 それだけにナチス派にとってマッカーサーの存在感は邪魔だったはずだ。
 マッカーサーはフリーメイソンの階級の中でもかなりの上位だったにも関わらず、引退後は、身柄を拘束され、拘束されたまま亡くなったそうだ。それがその後の歴史に一切顔を見せていないマッカーサーの不思議への回答になる。
 マッカーサーの拘束が事実とするなら、如何にもマッカーサーの息の掛かった派閥を作らせないためのナチス派の工作だったと思わざるを得ない。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:40 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

【刮目】囲碁は「分け合うゲーム」or「奪い合うゲーム」

改稿.2015/09/16...20121125...

 囲碁を陣取りゲームと思えば、如何に多くの地を奪うかである。(相手の石の連携を絶つ)
 そう考えると、囲碁がそのまんま資本競争にも見える。(侵出先の地場の結束を破壊する)

 ルールに於いても
 囲碁は、勝つ為に、地数を数え、その損得を考慮して手を打たねばならない。


> しかし囲碁には、別の見方もある。


 囲碁の実力が伯仲していれば、嫌でも半目差にしのぎを削ることになる。つまり、
 囲碁とは、如何に相手と同じ地の数にし合えるかのゲームでもある。(相手の石の連携も考慮する)

 ‥そのように解釈を変えると、ぐるりと意識を変えざるを得まい。

 礼に始まって礼に終われるかどうかだ。
 半目差で終えられるかどうかこそが、囲碁の醍醐味とも言えることになる。(よりハードルが高い)


 接待囲碁が、「ヒカルの碁」に描かれていたが、素直にすごいと思った。
 プロがお客さんを相手に力量を推し量りながら、自分の地数と同じになるように計るのだ。
 ‥手を抜いていると言えば、手を抜いているわけだが、実力がなければそんな芸当は無理である。

 そうであれば、プロのトップクラス同士がしのぎを削り合って、
 互いの地の数が同じに至ろうなら、それはそれで美しいのだろう。(強くないから汲み取れん)


 実力が違えば差が付いてしまうのは当然だが、
 大差で勝とうなどと欲張ろうとする考えが、如何に生意気で傲慢にあるかは、述べるまでもない。
 ‥囲碁には、そういう見方もあると言うだけの話である。


> 囲碁のそこを人生の様々に置き換えると、実力が伯仲することは美しい‥ということでもある。


 ‥それはつまり
 そのような対局・対戦・対峙を普段から目にする為にも、
 互いに大差を望む考えは、ただ単に生意気で未熟にあるだけと心得るべきことになる。

 圧倒的な様を見るのも、見せつけられるのも、まぁ悪くはないにせよ

 ・お互いの持ち味を引き出す
 ・味わう
 ・乗り越える(叩き潰す)
 ‥としたそれぞれの過程にこそ面白さの妙がある。(マンガも同じ)


> そこが成り立つ為にも必要なのは


 個の天才でも実力でも努力でもない。それは、全体の場の空気だ。
 私たちの側が、社会の空気が、常勝に憧れるだけで一方的な強さを見たいだけなら、
 ‥プレイヤーの表情からして詰まらない結果をもたらす。

 とくにそれは、プレイヤーの心理に影響を与える。(述べるまでもない)

 プレイヤーは勝利してこそと誰もがそう思っている。しかしそれだけではない。
 ‥それだけではないとした空気が、均衡を保った状態にあるかどうかだ。


> それこそが、「礼に始まり礼に終わる」ということである。


 プレイヤー同士の実力の伯仲に見せられるばかりでは、とてもそうにはならない。
 プレイヤー側のモチベーションがどうあれ、私たちが醸し出す空気にも礼が求められるのである。


 ‥例えば、賭博はどうだろうか?
 あのような場は、誰がどう考えても奪い合う場でしかあれていない。
 そのような空気で占められている。(まぁ賭博はああいう世界だ)

 ‥近年のオリンピックはどうだろうか?
 昔以上の尋常ならざるピリピリ感が、映像を通しても伝わってくる程だ。
 昔はどちらかと言えば、もう少し楽しもうとの空気があったように思う。
 時代の経過と共に、すべてが興行と資本の価値観に偏っている。
 会場の作り方にしたって、そんな感じだ。


 「礼に始まり礼に終わる」を執り行う為にも、変えてはいけないところを変えてはならない。


 ‥囲碁を参考にしてみるとよく分かろうものだ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:41 | Comment(0) | 刮目 | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

【刮目】日ユ同祖論はお門違いと理解せよ

1-7)改稿.2015/09/10...20121117...

> 日本おもてなしVS.ユダ金資本


 日本おもてなしは、おもてなしゆえに相手からの要望を受ければ、
 それを一手に引き受けなけばならないと思い込む傾向がある。
 ‥それはまるで、誰に対しても神様の扱いだ。

 日本おもてなしの背景にあるのは、かしずく文化である。それは礼儀作法の類いでもある。
 礼儀作法である以上、できる・できないに恥ずべきの判断をすべきではないのだが、
 なぜか‥「できません」とは言わない。まるでそこまでが作法であるかのようだ。


> 一方で


 ユダ金資本は儲けてなんぼだから、
 交渉に不足が見られれば、何度でも交渉の場を設け、粘り強く自分たちの得になるように努める。
 そこにあるのは自由の主張だ。それも自分たちの都合を通さんとした主張だ。

 一般には其をエゴと呼ぶが、資本ビジネスの中でそのように扱われることはない。

 ユダ金資本はフェアーな顔で、相手にも同じように交渉権を認めるには認めている。
 しかしそれは、せっかく勝ち得た交渉の後から第三者にケチを付けられて無効にされたくないからだ。
 ‥だから、勧める振りをしているだけにある。これは言い過ぎではない。

 交渉時間の場だけが、ユダ金資本と話し合える唯一フェアーなひとときとされる。
 (その妥協無きしつこさに‥学ぶべき姿勢を認めざるを得ないとしても、何様と思わざるを得ない)
 (ユダ金資本の辞書に、公平の文字は存在しないのだ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:24 | Comment(0) | 刮目/奴ら絡み | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

発行権と外国為替に絡み合った盲点&新解釈

1-3)0
 発行権がお互いの国家・国民・民族の主権であるならば、それぞれの通貨比率の決定も主権に置かれていなければならない。
 それはつまり、通貨比率の決定は、国際間で一律に決めてしまうべき事ではなく、お互いの国家・国民・民族の間にある信頼に基づいて、互いの必要から自由に決められるべきとなる。

 これは、相場制ではなく信頼からの政策的固定レート解釈である。

> すると、次のような現象に見舞われることになるだろう。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:05 | Comment(0) | 金慮 | 更新情報をチェックする