2012年11月17日

【刮目】日ユ同祖論はお門違いと理解せよ

1-7)改稿.2015/09/10...20121117...

> 日本おもてなしVS.ユダ金資本


 日本おもてなしは、おもてなしゆえに相手からの要望を受ければ、
 それを一手に引き受けなけばならないと思い込む傾向がある。
 ‥それはまるで、誰に対しても神様の扱いだ。

 日本おもてなしの背景にあるのは、かしずく文化である。それは礼儀作法の類いでもある。
 礼儀作法である以上、できる・できないに恥ずべきの判断をすべきではないのだが、
 なぜか‥「できません」とは言わない。まるでそこまでが作法であるかのようだ。


> 一方で


 ユダ金資本は儲けてなんぼだから、
 交渉に不足が見られれば、何度でも交渉の場を設け、粘り強く自分たちの得になるように努める。
 そこにあるのは自由の主張だ。それも自分たちの都合を通さんとした主張だ。

 一般には其をエゴと呼ぶが、資本ビジネスの中でそのように扱われることはない。

 ユダ金資本はフェアーな顔で、相手にも同じように交渉権を認めるには認めている。
 しかしそれは、せっかく勝ち得た交渉の後から第三者にケチを付けられて無効にされたくないからだ。
 ‥だから、勧める振りをしているだけにある。これは言い過ぎではない。

 交渉時間の場だけが、ユダ金資本と話し合える唯一フェアーなひとときとされる。
 (その妥協無きしつこさに‥学ぶべき姿勢を認めざるを得ないとしても、何様と思わざるを得ない)
 (ユダ金資本の辞書に、公平の文字は存在しないのだ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:24 | Comment(0) | 刮目/奴ら絡み | 更新情報をチェックする