2013年05月27日

【基本理解】Windows8のライセンス条項とその解釈 改訂

1-8)0
 Win8無印64ビット版をインストールした。

 結論から言うと、Windowsのライセンス認証とアカウントのネット経由がなぜセットで始まったかであるが、ライセンス認証だけでは、なんちゃってな風に思われかねない部分もある。だから本腰を入れてやっていくというアピールを込めて、あのようなPCでスマホ見たいな形になったように思われる。

 したがって、マイクロソフトアカウントをわざわざOSインストール経由で設ける必要はない。それ以前に、マイクロソフト側は、文言にて選択性を明確に宣言している。
 うだうだとうろたえる前に、ライセンス条項の中身をしっかり確認すべきとのことのようだ。

 それにしても、Win8のスタート扉に提示されるニュースは、当然にしてMSN JAPANである。それはそれで俺としては好みではない。
 どうせなら選択できるように改善すべきだと思う。

> しかしそれにしても、マイクロソフトという立場にありながら、Win8のスタート扉には欲が無い。

 俺がPCのスマホのようにして同じようにやるなら、メールやニュースの閲覧部分を自由に選択調整できる代わりとして、あのメトロのスタート扉に、広告欄を附して世界的に広告収入を得ようと考えるだろう。
 他は画面からピンを外すことができても、その広告枠のピンだけは外せず、いつも自動でなんらかの広告がスライドしている状態になっている感覚だ。
 新聞や雑誌、その他もろもろのネットメディアを介するよりも、絶大な効果が期待できる。それはそれで、OS自体の価格を下げる効果にも成り得るはずだ。そうすれば、誰しもは2つ目を買うことをそれほどにためらわくなるように思われる。

> 無駄なことを言えば、32ビットと64ビットのどちらも手元にしておきたい。そしてその違いとやらを理解して学んでおきたい。

 ‥アイデアだけなら、マイクロソフト内部にもありそうな意見だが、それが形にならないのは不思議だ。マイクロソフトアカウントの運営だけでも莫大な経費が掛かるだろうし、そこに踏み切らないという論は有り得ない。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:29 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする