2013年10月10日

【消費税反対】色つきのお釣り分を、使い切りたい場合の改善の論

1-3)0
 額枠生活禄で、光熱費等のインフラ経費の支払いを考えた場合、

 「振り込みをする場合にどうなるのか?」
 「必ず端数になるのだから、釣り銭分を使えるようにできないと納得できない‥」

 たしかに、
 公平性からも、利便性からも、様々に疑問の出るところです。


> では、小切手の論理の通じる範囲で考え直してみましょう。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:48 | Comment(0) | 額枠生活禄方式の論 | 更新情報をチェックする

【消費税反対】薄利多売から客単価千円の論その2

1-5)0
 ‥客単価千円の話に戻ります。


> 客単価の次はマージン平均です。


 客単価が千円にて消化されると、始めから分かっていれば、
 全体の生活禄から得られるマージン平均から、雇用期待の限界が割り出せます。

 {額枠生活禄より発生するマージン総額}={生活禄による雇用期待効果の上限}です。

 そう考えることで、
 額枠生活禄のなりゆきが如何様にあれるのか‥誰にも単純計算ができてしまうのです。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:56 | Comment(0) | 額枠生活禄方式の論 | 更新情報をチェックする