2013年11月19日

【読書】例の本ゲットしました‥04

1-5)0
 沖縄普天間基地移設は、第三次世界大戦への布石になっていた。
 それに反意を示した小沢一郎の第七艦隊発言は、他に類を見ない姿勢だった。


> どうして、沖縄普天間基地移設が、第三次大戦に向けた準備なのか‥


 米国の絵図という奴が、怪しいばかりじゃないか。

 移設を行使しさせつつ、実は、どさくさに使える滑走路の数を増やす腹づもり?
 核施設やシェルターを最新の設備にして万全を期したい?
 より湾外に接していた方が、空輸されてきた海兵隊を速やかに潜水艦で送り込める?
 寄り湾外に近い方が、逃げるときに素早く撤退できる。
 (‥はじめから中国に明け渡す腹づもりで、撤退しやすい形状が求められている。)


 目的の一つに、日本人抹殺も含まれるんだから、
 列島域戦争に持ち込むことが本当の狙いとか?
 中国には空母がないので、その分の戦力の均衡の確保が狙いとか?

 そのとき、

 ‥宮城県周辺に位置していた、軍需関連生産拠点のハイテク技術を、
 どうしても、我が物にしておきたくて、
 何とか移動させようと、手に入れようと、311テロを画策して実行した‥

 ‥まぁそこまでは書いてありませんが、妄想は膨らむっすね、この話。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:23 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする