2013年11月27日

【参考】本と電子書籍の境目

改稿.2015/09/21...20131127...

 毎日通って読むなら、手頃なサイズ。ケータイで。
 まとめて読むなら、一括ファイル。タブレットで。
 活字が増えて難しくなるほど、有り難くなるほど、本でじっくり。
 動画をエンコしたい程に、こねくり見たいなら、パソコンで。


> 値段がどうのこうの言う前に、そこにこそ前提があった‥orz
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:19 | Comment(0) | 考察 | 更新情報をチェックする