2013年12月20日

【刮目】王首民立(天皇元首と国民主権)はどうあるべきか?

1-5)0
 自民党の憲法改正草案には天皇元首の文言が示されている。
 しかし、元首としての中身になると、従来通りとばかりに何も示していない。


> 戦時における統帥権を持たざる者を国家の元首とは呼ばない。
> 内閣の罷免権を持たざる者を国家の元首とは呼ばない。


 もし、この二つの権限を元首の立場を担うに必要であると示さないのなら、
 そのような元首説は、それこそ天皇の権威を政争の具に担ぎ出しただけの、
 旧来的で進展のない天皇傀儡憲法案と言える。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:06 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

【刮目】特定秘密保護法、当時者にも不都合になる最長六十年という懸念

1-3)0
 特定秘密保護法では、秘密を指定するその期間を最長六十年としている。
 その基準たる言い訳を、特定秘密保護法の中では、何ら具体的には示していない。

 「そもそも六十年もの長きに渡る秘匿とはなんだろうか‥?」

 戦後の米ソ冷戦時代にしたって、そんなには長くなかった。
 今からすれば、意外にもあっさりと消えてしまった感じがある。


> ゆえに、それよりも最長として求められる秘匿ともなると、もはや常軌を逸した感覚だ。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:27 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

【刮目】「進撃の巨人」を参照して説く、特定秘密保護法に潜んだ腐敗性

1-3)0
 遺伝情報の辻褄を考えれば、
 腰抜け×腰抜け、または、嗤う豚×嗤う豚からは、
 やはり腰抜けか、嗤う豚しか生まれて来ないことになる。

 しかしどういうわけか、

 進撃の巨人における壁の中のような生活圏においても、
 骨のある馬鹿は誕生するらしい。まさに奇跡のオンパレードだ。


> それにしたってそれら骨のある馬鹿の根底にあるのは、


 命を賭けて死ぬことと、多少のおいしい思いができれば良いというのが、
 それなりに釣り合っているという考えに至ったというそれだけの話だ。
 ‥そういう連中の集まってくるのが、進撃の巨人に見られるような兵団組織でもある。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:04 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

【刮目】特定秘密保護法を家族問題に置き換えると大問題発覚

1-3)0
 国民くんは、シングルファザーの○○党父さんとの二人暮らしです。
 国民くんは小さいときに大きな病気をしました。
 ○○党父さんは無理をして借金をしてまで国民くんの面倒を見たのですが、
 余りの借金の金額に負い目を感じた国民くんのお母さんは居なくなってしまいました。

 (あ、なんかのネタと一緒やん‥まぁいいか。)
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:36 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

【刮目】特定秘密保護法の問題点

1-3)0
 率直に言うと、特定秘密保護法には、

 ‥その国民への公開すべき非常事態におけるその決断の前に置いて、
 国民への公開を選ぶのか?、それとも諸外国との秘匿の秘守義務を選ぶのか?、
 その比重について何ら規定されていない点に尽きる。


> 首相の意志(国民愛)が尊重されるのか?
> それとも法律・国家間取引で決まったことが重んじられるのか?(売国行為)


 政権交代が起きた場合の対処についても何ら明記されていない。
 まるで明記する必要がないことを前提にしている。
 ‥それが、秘匿の期間とする内容へのすり替えである。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:24 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

【日記】信長の野望創造ベンチマークデモを試してみた

1-4)0
いきなりの50のダメージ、買う気ポイント下降中。

追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:33 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

【読書】例の本ゲットしました‥09

1-2)0
 あとがきに、こんなのが‥

 「2015年6月」に世界大乱が起こり‥?
 「2016年7月」衆参ダブル選挙を経て小沢一郎政権が樹立‥?


 世界大乱の演出がすでに織り込まれている。(‥たぶん中国とあとどこか。)


 元凶は?
 目的は?
 日本の立ち位置は?

 まぁそんなことは書いてあるわけもない。
 だが、その緊張した世界情勢の中での小沢政権の樹立。
 これは誰がどう見たって、軍事絡みになること間違いなし。


> これだけでもう、何が何だか分かりませんね。
> 結局、国連軍に参加して、ドンパチして来いってってわけですか?
> 小沢一郎がその派遣の当事者?‥黒にしか見えない。やっぱりって感じの絵図が登場。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:41 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

【読書】例の本ゲットしました‥08

1-3)0
 本文抜粋(p262~p263)

 しかし、この米国の窮状を憂慮しているのは、日本の財務省である、
 尊王攘夷派が多い財務省においても、やはり米国に倒れられては困る。そこで日本の資産をいかに守るかに全力を投入しつつ、国有財産売却により得られる資金を米国経済再生に役立てる道を探っているのだという。
 表に出ていないいわゆる埋蔵金は、今後さらに隠して温存し、表に出ている資金を使って救済を図ろうとしている。差し当たり郵政から150兆円を米国救済に使うことになるのではないのかという。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:47 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

【妄想】財務省VS自民党の腹の探り合い

1-5)0
 世界銀行と国連が「原発を援助しない」表明をしたそうです。
 これで、ジェイコブ・ロスチャイルドの国連掌握と覇権が示されたということになります。

 そしてこれは、

 {BIS銀行の破綻}={国際金融資本の内部改革}
 も進んでいるという見方も成り立ってきます。

 そこに存在感を増して来るのが、財務省(日本)です。
 必然的にそうなってきます。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:21 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする