2013年12月24日

【刮目】同意依存から脱する為に

1-3)改稿.2015/09/21...20131224...

> 人は、自身が汗した糧だけは信じられるものだ。だから、汗した糧を失いたくなどない。
> たとえそれらが周りと比べて未熟にあろうとも、人はそこからしか前進できない。


 「同意依存症候群」
 マインドコントロールされた状態を、日本語に訳せばこんなだろうか。
 ‥同意依存だけで用いれば、個人の思い込みの方を強めに意味することになる。

 世間の情報をどんなに取捨選択しようとも、自分の見方でしか解釈できない。
 ‥それら価値観の根っこにあるのは自我である。

 同意・うなずいてしまう思考の中には、
 ついつい引き寄せられて、それの辻褄を点検することなくうっかり信じ込む癖がある。
 ‥人とはそういうもの。それの経過を見ないことには、互いの存在感としての意味合いにも欠く。
 (頭から疑ったり、否定ばかりでも、おもしろくも何ともない)


 「汝は何を望み信じたか?」‥まずはそこを確認する癖を付けることだ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:23 | Comment(0) | 刮目 | 更新情報をチェックする