2013年12月29日

【刮目】王首民立を憲法風に書き下してみた

1-3)0
 日本の民主主義は、
 神道の教えたる天と地の調和を軸とし、すべて国民の自立たる探求を保障する。
 天皇を頂きに座する国政の体制は、王首民立を受け継ぐものである。

 それら話し合いの場として、国会を開き、議会政治を敷くものとする。

 議会政治の営みは国民の役割とする。

 天皇は、国民が行う政が神道に適っているかを顧み、否とあらば決断権を発する責任を有する。
 天皇は、決断権を発する際、必要とあらばその都度、審問委員会を設置することができる。

 決断権は最高権限であり、内閣の罷免と統帥権の発動の二つに限って認められるものである。
 決断権の行使により、天皇は年号を改めるものとする。

 審問委員会並びに統帥権の発動の際に必要となる人事権は、天皇に有する。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:54 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする