2014年01月05日

【刮目】刃先加工を制する国家は生活を制する

1-5)0
 士/サムライが腰にぶら下げていたアレは、余計な長物だと思っていた。
 勝海舟のように、抜くまいとして意地を見せればその通りだと思っていた。

 ところが、

 今や、刀文化の持続と追求があったことが、日本の技術の魂に至っている事実を、
 中国製の切れない刃先を知るにつけ、思い及ぶに至った。


> 刃先は国外に発注してはならない。すべて国産調達を貫くべきである。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:06 | Comment(0) | 刮目/2014 | 更新情報をチェックする