2014年03月08日

【刮目】盲導犬システムに見られる遺伝的矛盾

1-3)0
 ‥知る限り
 盲導犬は、利用者とのワンツーマンであり、
 使いつぶしという間柄に置かれてしまっている。

 盲導犬は老い切るまで交換されず、ワンツーマンに至るのだ。
 つまり、経験を積んだ遺伝子もまた継承されることが無いままに、
 使い潰されているという結果の連鎖に置かれる。

 ‥これは、盲導犬適応に優れた数の確保が難しいということに起因する。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:08 | Comment(0) | 刮目/2014 | 更新情報をチェックする