2014年03月20日

【参考】筋トレその盲点的解釈とやわらかい運動法

1-5)0
 ‥腰痛から始まった運動不足の課題。

 まぁ体操部だったから、
 昔はスポーツテストで懸垂20回は普通だった。
 でも腕立て伏せになるとせいぜい50回程度で、
 それ以上というのに挑戦してみても、80回ぐらいだったか‥
 ‥まぁどんなマッチョでも、多くはできないのが腕立て伏せである。


> でも考えても見た前、


 上半身を鍛えておかないと、
 心拍の震源地である心臓周辺で、その圧力を形成&消化できないのである。
 心臓を強くするには、なにはともあれ心拍の強化が欠かせない。

 つまり、ここでの筋トレとは、

 瞬発力では無く持久力の得られ方を科学的に論じてみる次第である。
追記
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:57 | Comment(0) | 日記/2014 | 更新情報をチェックする