2014年05月20日

【疑念】ALPSはポンコツなのか!?

記稿.2014/05/20
> 浄化装置が全基停止 福島第1原発、汚染水処理できず


 東電の管理がずぼらだからという見方が大きかったが、
 ここにきて‥実はALPSがポンコツで使い物にならないのでは‥
 という疑いを持たざるを得まい。


> なにしろ、実質的な活動実績のほとんどない代物だからな。


 福島のような過酷な環境条件。
 長期に渡る運用は想定されていないと考えた方が良い。
 ‥そしてそのアフターケアなんて論外。それがユダ金製。利益主義。ずぼら原発ムラ。
 検討なんかまったくされていないのが当然。
 (だとすると、東電社員&現場の涙目に多少は同情してもいいのかもね。)


 そうなると日本製のフィルター装置を開発して導入するしかあるまい。


 ただし、それの意味するところは、


> 現時点における最悪の事態に、十分に対処できる除去フィルターは存在しない‥である。
> それはつまり、原発の安全性は現時点においてまったく確保されていない。チーン。


 ‥で、政府はそれがバレるとフランス国共々に面目丸つぶれだから、そのように公表しないと。
 もしビンゴなら、安倍政権のアキレス腱になっちゃう勢いのスクープってか。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:42 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする