2014年06月18日

[説才]大和の和VS.蝦夷の和

1-4)記稿.2014/06/18
 日本人の和と言えども、その性質にはそれぞれの違いというものがある。
 大きく分けると西と東ということになるだろうか‥

 否否、
 雪の降る地域と降らない地域との生活習慣の違いから生まれて来たことになるだろうか‥

 もう少し科学的にDNAの差を上げようなら、
 住む場所の好みがそのままにDNAの適正‥即ち、好き嫌いの差として別れ、
 風土の差によって、さらに感性の差を生み出して来たことになるだろうか‥

 ‥それにしても、民族として大きく異なる訳では無い。
 そう思ってみようとも、違うものは違うのである。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:59 | Comment(0) | 刮目/2014 | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

【未来】瞬間転移転送技術の実用化が時代を覆す

1-4)記稿.2014/06/12
 天皇財閥が世界を席巻してきた理由として、
 海洋輸送の支配と刃先技術のピカイチが上がるだろうか。

 欧米は、発行権とエネルギーと食料を確保することを狙ったが、

 結局のところ、掘れなきゃ売るものが得られないし、
 運べなきゃ多くを売れず終いである。

 頼みの綱の食料にしたって、

 とどのつまり関税権が障害となって発行権の威力も半減していたのだ。
 しょうがないので、金融工学などと浅知恵を駆使してみたものの、時すでに遅し。
 実物経済をコントロールできるだけの覆しなんかまったく得られなかった。
 ‥なにせ金融工学は、賭け事を学問にしただけの遊びの哲学なのだから。


> 実物経済にあちらが賭けなかった時点で勝敗は決していたのである。
> 天皇財閥にとって、金融工学など屁でも無かったことになるだろうか。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:57 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

【読書】ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン03

1-3)記稿.2014/06/11
 第二章まで読みました。
 第二章には、著者の板垣英憲自身が習近平に命を狙われかねない情報が開示されています。

 ネット上で先行して知れ渡っているかどうかは知りませんが、
 著生自身も書くとヤバくなりそうですな。
 ‥もっとも、中国に出向きたいなどという願望もカネもないから問題なし。


 なんでも、習近平は自分の汚職情報をもみ消すために、
 それを知る者を端から暗殺して消したそうです。
 ‥当人も、派閥争いで死ぬ思いをしたそうです。


> 中国政府は、日本に南京大虐殺うんぬんをハッタリかます前に、
> 自分たちのやり方を清めてからものを言え。


 ‥数が違うなんてツッコミは、はじめから政治家失格である。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:18 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

【読書】ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン02

1-4)記稿.2014/06/09
> まだ一章しか読んでおりません。その段階での推察になります。


 中国を四分割するとあるが、連邦制と書いている‥
 つまり、中国共産党を解体して、四つの州で議会が開かれ、それぞれで自治を行い‥
 中央政府として、李王朝が復活???

 日本も道州制と書いてあるが、中央政府をどうするかには触れていない。
 天皇家が権限を復活させるのか???

 なにしろ、半島を第二の日本として金正恩を象徴に据えるとか言ってるからな。
 ‥すべて世界を王族が管理していく形にしたくてしょうがないと言うことだ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:22 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

【詩】自立の心得

posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:57 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

【詩】綺麗と美の心得

posted by 木田舎滝ゆる里 at 08:29 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

【読書】ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン01

1-5)記稿.2014/06/07
 前記事は、今回の記事の振りに当たります。
 なぜなら、ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プランの第一章の頭に出てくるのが、
 ユダヤの擁護論みたいな説明だからです。


> ‥ユダヤの本質を知らないのでは、読み進められないということであります。


 たまたまそれをTV番組で学習していた‥
 あちらの計画のドツボを踏んでいるとも言えそうな順序でもありますな。
 ‥自分でも、なんとまぁ手順の良い視聴選択をしていることかと思いますね。
 ‥鵜呑みにしてしまうところでした。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:00 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

【日記】ユダヤの論理を知って脱欧論が頭に浮かんだ

1-4)記稿.2014/06/07
 これは100分 de 名著の旧約聖書を囓っただけの知識から得た理解であり、
 とくにユダヤの論理に精通しているわけではないことをお断りしておく。


> ‥ずばり、


 「神が自分たちを救わないのは自分たちに罪があるからだ。」

 ‥???‥

 なぜかそれ(罪)を努力不足とか、自立が大切とか、
 そういう論理展開を素直にしないのが宗教で、
 宗教ゆえに、信仰ゆえに、神が自分たちを救うものだとの思い込みで成り立っている。

 その一方で、

 神は手を差し伸べて積極的に自分たちを救うものではないという理解が、
 ユダヤ民族の受難の歴史観から構築されて来たそうだ。

 日本の風土の中で自然体にある祈りや和とは異質な信仰観であり、
 日本人とは相容れない解釈をするのがユダヤの論理である。


> ‥生き方の原点がまるで逆さだ。


 そんなのと日本人の発祥の先祖を同じにすんな。
 ‥どこかにすり替えがあるとしか思えない。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:11 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

【読書】ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン00

1-1)記稿.2014/06/06
 板垣英憲の本をまた買いました。
 ついでにあれを予約しました。一時間ばかり出遅れました。(6/7.発送待ち♪)
 数量2000限定で500円で送料向こう持ち‥(得ずに絵図は描けんな)


> 両方を比較検討した上で、零式経済をどうするかである。
> 場合によっては、個人的趣味で進める選択肢もあり‥


 間違っても俺は詩人なのだ。
 映画「ラスト・ワールド」で、真っ先に撃ち殺されていた詩人さん。(爆)
 ‥俺でも10人の中に選択しないけど、真っ先ってのは殺人を実行したお前こそ不適格だ。

 「で、あいつ誰?、何者?」





 まぁなんだかんだで、二度手間にならずに済んだな。
 (スゲーぜ、俺の気まぐれ)

 そんな気まぐれに、先日辺りに降りてきた「下意」
 まさに、世界支配層に向けられた手紙みたいな‥詩?

 世界支配層の生き残り戦略しか書かれていない感じの地球大改造プラン‥
 人類への謝罪意識ってもんがまるで感じられない。
 ‥どこの国の文化なんでしょうかね?


> そんなのと日本を一緒にすんな!!
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:26 | Comment(0) | 破棄処理中 | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

【疑念】ブルーツ波→ブルーツ歯→Bluetooth

1-1)記稿.2014/06/03
 最近、楽天のマークを始めとした赤地にRのデザインが目についてしょうがない。
 ドラゴンボールのレッドリボン軍をもじっていると茶化されているが、
 Bluetoothもそれと同じ類いでどことなく怪しい。

 ブルーツ波と言えば、
 ご存じサイヤ人が巨大化するために必要な月の光の周波数ということになっているが、

 これがまた、
 Bluetoothのもじりなのではないのかと‥今頃になって思った。


> 人類を理性のない猿にするための周波数が組み込まれていると読んで良いと思う。


 なんでも、電子レンジと同じ周波数帯なんだそうだ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:16 | Comment(0) | 日記/2014 | 更新情報をチェックする