2014年07月05日

[TED]「アフリカ気鋭のエコノミスト新興国の本音を語る」で思ったこと。

1-2)記稿.2014/07/05
 スーパープレゼンテーション‥
 「アフリカ気鋭のエコノミスト新興国の本音を語る」で、
 民間資本主義(欧米)VS国家資本主義(中国)みたいな視点から語っていて唖然とした。


> 世界にとって中国は、欧米主義に欠けているものを補うパワーがあると映っている。
> 日本にとって中国は、未熟な技術国、見かけ倒しの経済国家と映っている。


 こんな見方の違いがグローバルの主流で起きていることに驚いた。
 プレゼンの中では日本なんかこれっぽっちも出てこない。
 ‥そういう意味で言うと、アフリカにとって日本は、欧米側の勢力の一部ということかな。

 実に「????」な気持ちになった。
 (語ったのは、黒人差別時代に生まれ育った黒人女性。)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:21 | Comment(0) | 日記/2014 | 更新情報をチェックする