2014年07月21日

[メモ]禄付=自分発行

記稿.2014/07/21


 ‥なんだかんだと、現在まとめ中であります。
 で、その中の文章にこんなん出てきました。

 「平たく幸福創造を実現すべく、継貨を用い、
 継貨を創出管理する機能と機関を金慮と定め、
 万民が万民のために禄付する権利を幣権と定める。これを万民幣権と呼ぶ。」


> うおおお!!!、旧文言が一切無い!!!
> 日本語の表現において、発行権なんて文言を用いる必要がなかった。orz


 所在を、国とか公とか民とか書かなくても、万民が万民のために‥と書いとけば、
 権利がどこにあるかは、すでに明らか。
 さすが日本語。すばらしきは‥和のテイスト。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:56 | Comment(0) | …零戻経済思考の足跡 | 更新情報をチェックする