2014年09月08日

[メモ]人間計画の焦点

1-3)記稿.2014/09/08
> 宇宙意識らが自らの求める創造を試みた段階で、扱いやすい道具が求められた。


 そもそもにして、自然界を見回してもそうだが、
 念の力で惑星を真っ二つにできるとしても、刃で切り裂いたような姿にはなるまい。
 遠目で見てスパッと斬れたように見えても、近くで見ればデコボコだろう。
 つまり、ミクロン単位で出来ることには自ずと限界があったものと考えられる。

 ならば、生物だからこそ創造し得ている細やかさも中にはあることになろうか。


> 得手不手の解消に道具を用いることも創造の形の一つである。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:05 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

【刮目】闇と光

1-3)記稿.2014/09/07
 「闇とは何か?」
 「光とは何か?」

 闇は明日への希望無き様を指し
 光とは明日ある希望を垣間見ている様を指すと考えるなら、
 ‥物事の多くは常に闇に包まれていよう。

 調子の良いことなどさほど長続きはしない。
 全体で見れば尚更だ。
 ‥100を割って、誰が多くを得るかなど所詮そんな所である。


> ゆえに、日常において何が光であるかは、そのままに相対的でもある。
> 数多在る人それぞれの見方が公平だということだ。


 ‥それは即ち、誰しもは闇を抱え、光を求めて彷徨っているかの如しでもある。

 闇の度合いに差があるだけだ。
 闇が深い分だけ、光を放つ時の度合いが時には優って見えもするだろう。
 しかし、たまにしか発せられない輝きに、希望の眼差しはなかなかに向けられないものだ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:13 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

【感謝】Seesaaの使い勝手が向上した

記稿.2014/09/06
> ‥少し遅くなりましたが


 プレビューが、新タブで開いて、閲覧画面事と同等になった。
 もっと早くからこうして欲しかったのだが、まぁとにかく使いやすくなった。

 画像の貼り付けが、
 記事作成画面のまま、指定枠にドロップして繁栄させられるようになった。
 これはありがたい。

 なんだ、こんなに手軽に出来るんだ。
 いやぁ便利便利。ありがとうございます。


> そこで、一つおねだりを言わせてもらうなら、


 Seesaa使用中に、新しく複数ブログをSeesaa上におっ立てる時のデザイン構成なのだが、
 そのまんま以前の構成状態を引き継ぎコピーできてしまえるとさらにうれしい‥
 いろいろとパーツ構成が細かい場合など、一から組み立てなきゃ成らないのはとても面倒。
 ‥とくに、URLだけを変更したくなった時など無駄に便利だって良いはずだ。

 よろしくお願い致しま〜す。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:14 | Comment(0) | Seesaaはシステム不良? | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

[メモ]人間計画の概要

1-4)記稿.2014/09/05
 これは、魂の永遠を信じない方には用の無い話です。
 興味のある方もまぁ話半分でご覧下さい。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:41 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

[メモ]人間を出荷するという宇宙的計画

1-7)記稿.2014/09/05
 これは、魂の永遠を信じない方には用の無い話です。
 興味のある方もまぁ話半分でご覧下さい。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:36 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

【考察】カッコイイVS.クール

1-4)改稿.2015/08/18...20140904...

 世界は、日本のカワイイを用いるようになった。
 その反対に、日本では、"クール"="かっこいい"、が使われるようになった。

 ただし

 もともとの"cool"そのものに、言葉のダブりもある次第から、
 "クール"と"クール・ジャパン"には、根本的なニュアンスの違いがあるように思える。


> 日本人のカッコイイの用い方として


 見た目の格好良さと、生き様の格好良さというのがある。

 一方で

 ‥外国の"Cool"のニュアンスについての細かいことは知らないが
 クール・ジャパンの表現にはどうしたって、
 見た目の格好良さのみを言い表しているように思える。

 つまり、外国人から見てクールに見えるのは

 その日本人の表現や技術であって、生き様や魂にまでは踏み込んでいないのだ。
 ‥そのように思わざるを得ない。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:40 | Comment(0) | 考察 | 更新情報をチェックする