2014年09月23日

【911】A77便の行方(宇宙全史情報より)

改稿.2015/09/23...20140923...2008‎11‎16...

> その日ペンタゴンの近くで1台の改造トレーラーが待機していた。


 改造トレーラーにはミサイルが積まれており、
 それはペンタゴンに向けて発射された。仕掛けたのはアルカイダだった。


> その襲撃の閃光を、空から見ていた物体があった。


 それは、未だ存在不明にあるA77便だった。
 A77便はそのときすでにハイジャックされていた。
 ハイジャックしたのはトレーラー部隊とはまったく別のアルカイダの部隊だった。

 A77便部隊はその爆発の光景を見て愕然としていた。
 「先を越された?‥そんな話は聞いていない‥」
 A77便部隊の士気は一気に下がった。


 そのときすでにA77便内部では、
 勇敢な乗客とA77便部隊の間で小競り合いが起きていた。

 乗客のうち5人は見せしめのためハイジャック犯の手により殺されているが、
 ハイジャック犯側にも3人の犠牲を出していた。(その原因は射撃が下手だったことによる‥)


 先を越され、仲間を失い、残されたA77便部隊メンバーは動揺していた。


 A77便のパイロットは、その隙にワシントン郊外の道路に着陸、
 なぜか軍部は直ちに道路を封鎖、
 機体すらも跡形もなく分解して撤収したのだった。

 (アルカイダとペンタゴンは同調行動だった!?)


> 問題は乗客の存在だった。


 現在‥乗員、乗客、テロ犯を含めて56名は軍部やCIAの監視下にあるという。
 56人は生かされてはいるものの全員洗脳され、
 自らの記憶をきれいさっぱり失っている模様‥

 そこまでする必要が、実は乗客の側にあった。

 それは、おおやけになると非常にまずい重要人物が2人乗ってしまっていたのである。
 しかもそのうちの1人は殺されていた。

 その殺されてしまった方の人物を知られることは、
 非常に都合の悪いことであり最重要機密とされた。
 なんでもそこを知られることは、
 アメリカ政府、軍部、CIAはもとより、世界的なスキャンダルに発展しかねないのだという。


> 飛行機の分解って、そんな短時間に出来ることなのだろうか?


 腑に落ちないと言えば落ちないことは確かだ。
 区画単位でバラしても、クレーンで吊さないと載せられないし、
 ヘリで運ぶわけにも行かないだろうし‥

 まぁ、謎である。
 そんな技術が米軍にあるとすれば、機密事項だろう。

 (例えば、ハイジャックされた米国社製飛行機が隠されたような事件)
 (最近だと、該当しそうなのがいくつか候補が挙がる)


> ちなみに


 飛行機解体は、一般にはとても大ざっぱな手法で行われる。
 テレビで解体映像見たことがあるが、それはもう、重機でガシガシと雑に解体する。
 再利用部品は、さすがに先に取り除いて置くものの、時間が掛かることに変わりはない。

 「一体全体どうなんてんだ?」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:28 | Comment(0) | 刮目/奴ら絡み | 更新情報をチェックする