2014年11月07日

【命題】男に勝てると思っている女の割合は?

1-3)記稿.2014/11/07

 男女平等が社会に与えている根本要因として、
 近代以前まで続いて来た王政即ち男系主義に異を唱えた主張と見ることができる。


> 王政は崩壊したのだから、男女の立場は対等であらねばならない。
> 思想としてそういう方向性が得られて然るべきである。


 ‥とまぁ、そういうことになるだろうか。

 ところが、市民革命を得ても、男どもは戦争に夢中になり、
 一向に女性の意見を取り入れようとせず、なんだかんだで世界規模での戦争を経るに至った。
 陰謀もさながらだったにせよ、手段としての戦争の時代はもはや続かなくなった。

 そこで、女性の地位向上に合わせて、

 男女平等なんだから税収も平等であるとする方向に舵が切って取られた。
 否応でも、女は男と競争することが求められることになった。


> ‥ところで
> 男に勝てると思っている女の割合はどのぐらいなのだろうか?
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:26 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする