2014年11月10日

【命題】一体感や共有感にも質がある

1-3)記稿.2014/11/10

 例えば、生きるための共同作業とルーチンな共同作業では、
 明らかに一体感なり共有感に差が出よう。

 ‥だからといって、上か下かで解釈してもらっては困る。


 生きるための作業は基本であるとしても、
 実際の所、つまらないという見方の方が大半だ。(一次産業の衰退はまさにそこを象徴している)
 ルーチンな作業にしても同じことだが、生きるための作業とのつまらなさとはまるで異なっている。

 ‥まぁ簡単に言えば、
 よそ見をしていてもある程度修正の余地があるのと無いのとでの緊張感の維持の差である。
 それに耐えられるかどうかと言う処で、意味合いがまったく異なっている。
 ゆとりを保てると言うことは、それだけ、息抜きに何らかの時間を得られるということだ。
 それが有ると無いとの差はとても大きいのだ。


> これを怠惰性や役得としてだけで考えていると、一体感や共有感の進歩は得られない。
> いつでも臨機応変に、共有すべき質の切り替えができるという人間の方が非常に希だ。


 ※‥睡眠中の夢の中なんて、いくらでも臨機応変に思い込んじまえるのにな。
 辻褄なんてあっても無くても、無駄にそこにある空気を信じ込んでいる。
 覚醒時にそんなことは有り得ないにも関わらず、夢の中では誰もが臨機応変の変態と化するのだ。
 でも、目が覚めると途端に、あれ嫌だこれ嫌だの馬鹿の空気を纏って生きるのだ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:16 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする