2014年11月25日

【命題】商売とは何か?

1-5)記稿.2014/11/25

 「‥商売とは何か?」を人が問う時
 のし上がるための手段としてのみ考えるばかりなら
 何を以て、もっとも効率的に事が成し得るかを考えることになるだろう。


> ‥その時の一番確実な視点は


 実物経済以上の経済を、脳内で勝手に妄想しても、実体に繋がらないという次第である。
 まずは、自らが経済のパイを拡大できなくては誰も興味を示すことは無い。
 それこそ、その妄想の実現は、実行者次第に依存する。

 ‥だから、商売とは何かを考えた時

 表面的には、”売って下さい→買って下さい”を愚直に繰り返すだけの有り様にしか映らない。
 それは実に骨の折れる仕事である。だからこそ‥
 ‥商売敵を増やしたくないのなら、他者に商売を勧めることはしないのが常識だった。
 勧めるならそれこそ、日雇い労働の中身からであって、経営のノウハウからなんかでは無かった。


 ※ 自立経営を勧めたことでその相手が失敗したなら、恨まれることにもなろう。
 相手がそうは思わずとも胸の晴れるところでは無い。お互いの関係はそれまでとなってしまうものだ。
 ‥騙したわけでもなく、騙されたわけではないにせよ
 相手からしてみれば、失敗したという事実に引け目を抱き、
 援助を求めたくても恥ずかしい限りでもあるからだ。
 一方で、失敗した当人から切り出さない限り、易きに助ける訳にもいかないのが実際としてある。

 ‥其を嫌えば、家族経営・親戚経営が日常の許し合えるだろうとの想定にあった。
 今の時代は、民主社会ということで、法制度に示されたうんちくを当てにしすぎている。


> どちらでも、上手く行くかどうかなんて、所詮とんとんだ。


 日雇い労働と経営と‥どちらにリターンが大きくあるかを問うなら、経営である。

 ‥言うまでもないが、皆で競争しようとすれば、当然としてリスクも大きくなる。
 如何にも、皆で競争することでパイの拡大に拍車が掛かるとの印象もあるわけだが、
 その実態についても言うまでもない。

 牛耳る者が居れば、それ以上に大きくなんて成らないものだ。
 むしろ、牛耳る者の器で一定の規模が安定しているなら、その規模を良しと見るべきである。
 (‥其が嫌なら、自ら背負うべし)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:46 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする