2014年12月03日

【うた詠み】生き死に修行の歎

1-1)記稿.2014/12/03

> うた詠みはじめます。よろしくお願いします。

|俺の風、明日(あした)にゃわかる生き死にの月を見るのか日を見るのか
|蚊に刺され蚊すら払えぬ未熟ゆえ‥もはやこれまですっぽかそう
|噂に上った吾が恥の広まりし、己が技の未熟より厚かましきかな
|泣いても笑っても、まぁ生きている‥それ以上のよろこびにまさる事なし
|死にそうなぐらいの腹ぺこも、所詮は生き死に、生かしてもらうのだ
|「‥生かしてもらうのだ」と許しを請うほどに、其から外れる思いこそ隙なり
|凛として真っ直ぐもまた隙なり、保とうと願うばかりなら敗れり
|敗れり敗れりまた敗れり、倦んでこそ破るるものなり
|理由や都合だけで破らんと欲するに非ず、積もり積もって穿つるものなり
|穿つるものなる事の長き‥思い振り返りしも、まだまだ明け六つにて候
|候手心を加えても一生、かなぐり捨てても一生、石橋を叩いても一生

|一生に一度は咲かせたき人の風、お互い様を踏み外して立つるのが自由競争

|競争や背中に背負いし未来とは、己の生き死にそれ以上でもそれ以下でもなし
|無い無い尽くしの世の中に、己の居場所など始めから有らぬが道理‥
|理不尽も生き死に、納得も生き死に、居場所とはいただき方なり
|理屈をこねても不届き、黙すればますます闇‥「他を直そうとするべからず、己から正せ」
|正そうと見つめる先は前のみで、全体見ずんば道を得ず
|道を得られずに進む者には師を、道を抱いて進む者には詩を
|詩を重ねつ見つめる距離と足元ぞ、ちっとも変わらぬ‥路無きて荒宙(そら)
|荒宙を前に挑んでも、路は吾が前に成らず、吾が後に残るのみ
|未熟とは、誰かの牽いた路上にて「俺が」「俺も」を刻まんとばかりの馬鹿騒ぎなり
|利己を解き放ちて内に鎮めんとする反復、是を修行と言いけり

> うた詠み終わります。ありがとうございました。
↓/稚草を味わう/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:28 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

【お知らせ】タイトルを微妙に変更しました

記稿.2014/12/03

> 本日、当ブログのタイトルを
> ”民立主義へのVision” → ”民立布悦へのVision”に変更しました。


 前々から、”主義”の響きには、若干の違和感がありました。
 (‥余りにも主張しすぎていて限定的であると)

 民立の響きと、主義の意味合いを重ねると‥

 民衆の意図する自由主義になぞらえれば、違和感が募ります。
 そもそもの‥なんとか主義なる主張とは、譲り合わない頑固さの宣言の如しです。


> 民立布悦(みんりゅうふえつ)は、


 「その頑固さを、お互いの中で良い方向に向けて下さい」
 ということでもあります。

 主義として言い表すには、
 主義を掲げる世間的な用語の扱いからすれば、明らかにズレています。


 ‥まぁ、URL移行を前提としている段階において今更なわけですが、
 移行先のタイトルにも、民立布悦を用いる方向です。
 違和感の無いように今のうちから改題しておこうと思ったまでであります。

 以上。よろしくお願い致します。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 06:07 | Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

【四首吟】生き死にや痩せても枯れても修行中

1-3)記稿.2014/12/02

|生き死にや痩せても枯れても修行中
|修行中、倦んで進むか「我こそは天下無双」
|「無双こそ修行の終焉とは‥何と浅はか」
|浅はかの矛先止めるが無刀の極み
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:08 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする