2014年12月14日

【命題】和歌(みそひともじ)

1-2)記稿.2014/12/14

> まつりごと学んでおさめよ和のこころ和歌(みそひともじ)に礎を見よ


 地球を統べて坐するは神界である。
 神界とは八百万の神々の集まりである。
 八百万の神々は和の国の言葉で語る。


 「なにゆえに、和の国に和歌があるのか?」


 和歌を詠むためのような日本の四季‥
 和歌を詠むためのような日本のわびさび&雅な文化と言葉‥

 即ち、和歌を詠まざるして神の国は治まらぬ理なり。
 即ち、和歌をたしなまざる者、神に通ずる知恵宿らず。
 和歌を口にできぬ輩をまつりごとの舞台に上げるべからず。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:58 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする