2015年04月14日

【日記】ハッキング&ウイルス感染な話2

記稿.2015/04/14

> いやぁ参ったよ。


 ‥普段、タレントやアイドルの名前を検索する事はほとんどないのだが
 たまたまググってみたら、戻るたびにウイルスセキュリティが剥がれるな。
 ますます進化してるみたいだ。

 日本人の名前の型に対応しているのかと思ったのだが、そうでもない。

 どの辺でそれを仕分けているのかが疑問だが、
 検索ワードを一旦、どこかに飛ばして、グーグル検索になりすましているとしか思えない。

 ‥グーグル検索になりすましているとなると、これはかなり強烈で陰湿な強者と言うことになる。
 検索ワードの吸い出し等の警戒よりも、口座周りのログインはしない方が良い。

 それにしても

 なぜ、ウイルスセキュリティの青ランプのまま「すべての機能を有効にする」なんて表示状態の
 生やさしいすり替えで留まってんだ‥?
 目的がハッキングだから‥?
 それにしては、まずはブラウザーが立ち上がらないとどうにもできないんだぜ。
 目的が、パスワードの吸い取りだとすると、口座関係以外のパスは捨てていると言うことか‥
 まぁ大規模にかつ静かに感染させることを目的にするなら、それが自然に見せかける理由になるのかな。


 ‥まとめるとこうなるのかな。

 エロやアイドルの芸名でググると、セキュリティが剥がれる。(グーグル画面になりすまし)
 剥がれた状態がわからないように。セッティングを仕込む。
 何も知らない相手は、普段通りに口座のパスを打ち込む。
 知らない間にパスを盗み取る。

 なかなかの知能犯じゃないか。秀逸だな。とてもヤバい。


> とりあえず、素人判断でできる対策は、


 ウイルスセキュリティの削除&再インストールと、ブラウザーの削除&再インストールだが、
 敵が陰湿だというレベルを考えると、OSの再インストールまで想定しなければならない‥
 (チョーめんどくせー、Windows10の前にそんな事態は予定にニャー)


 だいたいだ、ウイルス対策自体が乗っ取られてる上に、毎日自動アップデートするくせに
 ウイルス対策ソフトは自身のすり替えをチェックしないのかよ!?
 まぁ、そんなんやると、開発元が攻撃のヤリ玉になりかねないわけだけどな。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:48 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

【零戻メモ】C幣の制限と課題

1-4)記稿.2015/04/13

> 布置き【ふおき】の発想から
> 初期のC幣に示した穂認し放題と使い切りの案は没になった。


 ‥汗と研鑽と人気から得られた稼ぎが減らないとする分割払いルールは、公平だし、実に無理がない。

 しかし、依然として自治と法人の穂認は、使い切りを条件とした売上との相殺を強いられる。
 それはつまり、
 それだけの消費規模が見込めなければ、多くが赤字に留まりかねないという中身に置かれるのだ。
 (出金と入金をキッチリ分離している零戻経済は、消費側の穂認が上回らないと始まらない)

 そこの調整をC幣で行うとするのがC幣の課題である。
 ただし、C幣でのBtoC分割払いは認められない。常に一括で支払うことが求められる。
 (‥そもそもにして、C幣は年度で期限が来る継貨なのだから、以前からそう考えていた)
 (そう考えすぎていたからこそ、極端な視点から考えだしたと言ったところか‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:04 | Comment(0) | 零戻メモ | 更新情報をチェックする