2015年04月27日

【驚愕】未来が変われば、過去も変わるの宇宙的見解

記稿.2015/04/27

 すべての物事は単に自己満足である。
 どこまで言っても自己満足である。
 誰がなんと言おうとも、自己満足なものは自己満足でしかない。

 その自己満足なだけの繰り返しが、普通に営めることこそが平和と言えるだろうか‥
 ‥一般には、其を「お花畑思考」と呼ぶ。


> では、本題に入ろう


 そんなお花畑思考の実現が、普通にできなくなっている事態にあるからこそ重いのだ。
 ‥どこからそれはやって来たのだろうか?
 ‥何が原因だというのだろうか?

 そこに理由を求めた時、宇宙的な規模で、次のような事象が観測されることになる。


> 時間軸を管理する者は、最強でなければならない
> 時間軸を管理する者は、繊細でなければならない
> 時間軸を管理する者は、冷静でなければならない


 ‥とどのつまり、時間軸を管理していた未来的存在が

・なんらかのミスを犯した。
・悪しき勢力に、部分的または致命的に敗退した。
・様子を窺っていたら、イレギュラーが発生し、采を振るいそこなった。

 それら考えられる何かが、取り返しの付かないほどの影響を以降の時間にもたらし、
 ‥今の私たちにまで及んでいる。

 なんだかんだとした歴史的臨界点が、崩壊または弱化した結果、
 野心を抱いた存在達が、ちらほらと地上で幅を利かし、ずいぶんとズレたと言うことになる。

 それら歪みが修整されない限り、お花畑思考が大手を振るうことはない。
 ‥下手をすれば、滅びるだけにあるということだったと思われる。


> 彼らは言う、「私たちは時間の止まった次元に存在している」と‥


 ‥なんのことはない。
 時間の修繕をしないと、単に先に進めないだけのことである。
 それはそれで、超然と見せているだけのことで、失敗の穴を塞いでいる最中だということだ。
 (先に進めなくなると、過去に戻ってルートを再構築せざるを得ないらしい)
 (生きていける場所の実物理的確保を考えれば、必然的にそうなる‥)


> どちらにしても、私たちの日常からすれば


 やるべき事はやらざるを得ない。
 誰かにやって貰わなければならない以上の生活なんぞ、望んでみても仕方がない。
 無いならその分、我慢せざるを得ないし、もしくは、造り出すしかない。
 その造り出した物の扱いがまた下手くそなら、同じことの繰り返しが起こるだろう。

 ‥とくに、時間軸を管理している存在の未熟を想定してみたところで何の意味も無い。


 少なくとも、私たちの常識に於いて、
 過去への謝罪は問われども、超未来への謝罪要求は存在しない。
 なぜなら、やってみなければ誰にもわからないことの善し悪しを、事前に裁くことは不可能だ。

 そもそもの時間軸の管理にしたって
 人の自己満足が勝手気ままに振る舞うからこその危惧から、やらざるを得ないというのが実際だろう。
 各自が責任を取るべき事柄のそれを、良識派存在の失態にすり替えてどうしようというのだろうか。

 観光地にゴミを無神経にも平気でまき散らす非常識の姿がそこに在るばかりである。
 宇宙開発にしたってそうだ。自分たちのまき散らしたスペースデブリの処理もまともにできない癖に
 ‥安易に時間旅行に行きたいなどと思うべからずだ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:54 | Comment(0) | 哲学/宇宙的に | 更新情報をチェックする

【詩】何事も写真の如く、真実を語り嘘をつく

記稿.2015/04/27

物事の一側面を映し出し明快に語るもの‥それが写真
されど写真は正直でもあれ、嘘つきでもある

‥物事の一側面だけで、何を語っているというのだろうか?
何も語ってはおらぬ
何も語ってはおらぬがゆえに、騙してもおらぬ

見る側にしても、騙されているわけではない

見る者が勝手に思い込み、それを真実だとして受け取るのだ‥それだけだ
受け取った内容に深刻な問題性が無ければ、まぁ大事にはならぬ

‥ところがどうだろう
人は多くの物事を一側面だけで判断しがちである、其は危うし
かといって、疑う心ばかりを教えられても人は育たぬ


「ではどうする?」
話は簡単だ、「一側面だけを見るな!」‥そう教えれば良い


何事も物事を見る時‥まずは、何らかの一側面からだけだ
同時にいくつもの側面から見ることができたとしても、カッコイイわけではない
むしろ、同時に見ようとしすぎても危うし

自身の混乱は、原点を見失う元になる
見失う確率を少しでも回避するなら、一つ一つの流れから感じ取ることが肝心だ

「ならば‥好いではないか」
思い込みの渦中を彷徨っていたとしても、それもまた有意義なことである
目覚めた後で、反省すれば良い
それをするかしないかという日々の差はとても大きい

そう思えぬところに、人に進歩なんかこれっぽっちも起こり得まい


‥ところがどうか
なぜか、人は自身の未熟な溺れ障りに対して、とにかく脆い
反省をすればするほどに、自己を卑下し、尊ぼうとはせぬ‥其も危うし
もっとも‥其もまた思い込みの渦中と言うことになる


「本当の自分は、どこに在るのか?」
‥それこそ、一側面一過性を見ようとしているだけの本性だ


人という存在は、
一過性の時の中を過ごすことはできても、同時性の時の中では思い込むことができない
思い込むことができなければ、人に味わいは存在しないだろう
味わいが存在しないと言うことは、感情の発達が促されないと言うことになる
感情を豊かにし、人として完成度を高めたければ、思い込みを恥じることなく受け入れるべきことだ

「物語を見よ、すべては思い込みが扉の前に座っているではないか」

‥そうだ、思い込みの渦中にこそ、克服すべきあなたが居ることになる
否、あなたの課題が座っているということか‥

一つの扉の前に、足を止めた自身の期待なり思い込みが、どう受け止めようとしているのか‥


「何事も‥写真の如く、真実を語り嘘をつく」




真実だけを見ようとして、真実だけを支持しようとも、満ちること無し
物事の陰に隠れたうそを知らずしては、ますます満ちること能わず
渦中に溺れ彷徨うを嫌おうとて、思い込みなくば、学び疎く人生を得ず

自他の思い込みのパターンとその鏡似性を心得し者は、至遊(じゆう)にて立てり
地に足を付けて生きるとは‥思い込みの選択、道筋の味わいということになろうか

本質に於いて、思い込みを恥じて生きることは、無味な味わいなり
ならば‥他者の思い込みを見て、愚かと批判するは、さらに無味な味わいと言えようか

所詮、馬の耳に念仏、他者の思い込みをとやかく言っても始まるまい
彼の者に必要なのは、その思い込みの中での経験なのだから‥等しく吾も然りであろうぞ
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:47 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする