2015年08月05日

【BIOS】UEFIとAHCIの選択は、SSDの性能に絡む

記稿.2015/08/05

> 俺は迂闊にもレガシー混在モードでOS更加しちまっていた
> しかもAHCIの指定もせずにIDEの設定のままだった


 知らんかったのだが、UEFIに完全対応させるには
 BIOSを弄るだけではダメで、そこからのOSの更加を必要とする。
 しかも、UEFIでOS更加したCドライブは、レガシー混在設定からは認識されない。
 ‥レガシー混在モードでのOS更加ならその逆になる。

 つまり、レガシー混在に対応させたOSの更加は、
 後々的に、UEFIを前提にした規格において相性問題を孕む可能性が高い。
 (‥SSDにWindows10を入れる予定ならUEFIを選択だ。間違えると二度手間になる)


> 特に気がかりなのは


 パラレルドライブ等を接続する上でのROMとの相性だろう。
 UEFIは拡張カードの状態も一括にして管理するので
 ‥とくにブートドライブ周りの接続規格が古いのでは、どうしたって弾かれそうである。

 弾かれるだけならまだしも、UEFIに一本化していない状態のままなら、仮に弾かれずとも
 新規格でのパフォーマンスに於いて、期待されるだけのものを得られない結果に見舞われそう‥

 (UEFIでOS更加した後、レガシーカード接続認識されないようなら、諦めるのも肝心だ)

 ※ ただし、レガシーかUEFIかの選択がCドライブの認識に関わってくるなら
 レガシーとUEFIの両方でのドライブを何食わぬ顔で接続またはイメージ等で用意しておき、
 必要な度に、BIOSと拡張カードをセットし直すという手もなくはない。
 だが、それはそれでBIOSフラッシュの削命が気になるところだ。


> AHCIの場合は


 ‥AHCIだけの変更なら、後からでもレジストリ等を併せ弄って変更が可能だとの事。
 とくにSSDランダム読み書き時のNCQの効き目が段違いになる傾向だ。


 つまり俺の今のマシンセットアップだと
 SSDを買ってきて、キャッシュや作業用にしようとしてもコケるだけだった。
 (‥なまじ3.5インチパラレルのHGSTが余っているからと言って、それを使うことを考えても無駄)
 (クローンからの検証という点において、予算軽減できそうだったのだが‥)

 ちなみに

 今時のマザーは、3G接続でもOSは起動するので
 一本しかない6GにSSDを接続して、作業用に使いたい主旨でも
 そのパフォーマンスの恩恵を十分に味わえるという感じにある‥
 (まぁ普通に考えれば、OS更加したSSDを6Gに差すんだろうけどね)


> ‥2016年になると積層化タイプのSSDが登場してくるようなので


 SSDの価格がさらに下がることになり、120Gクラスが市場の片隅に追いやられる傾向になると思う。
 ‥どう考えたって、240Gクラスになると削命が大幅に増える。
 性能と価格差を考えても120Gクラスは、中途半端にしか見えない。

 またそうなると

 SSHDに搭載されるキャッシュ用SSDも容量倍増するかも知れない。
 どちからというと、予約パーティション領域に潜んだ削命を気にするよりは
 ‥SSHDのキャッシュ用SSDの削命を気にした方が、なんぼかやりようがある。


 どうせならSSHDには、
 OS起動系とProgram File系以外はキャッシュしないモードがあっても好いと思う。
 例えばCドライブにフォントを一杯入れちゃってたら、そのキャッシュはどうなるのだろう‥
 ‥考えるだけで大失敗って落ちでは、SSHDに大容量なんか必要ないって落ちになっちまうからな。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:13 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

【日記】ここまで分かったナンバ歩き

記稿.2015/08/05

> 目的の無い散歩は残酷だ‥なんて思っていたが


 ナンバ歩きを習得して、さらにナンバ走りへと至る‥という好奇心を抱くと
 そんな退屈感はどこへやらになった。


> ポイントは三つほど挙げられる


 まず、足で歩くことしか考えていないようでは覚束ない。
 先んじて腰で歩くのだ。

 ‥腰で歩く感覚とは
 腕からパンチを繰り出す時、威力があるのはジャブよりストレートだ。
 ようするに、腰を意識してツイストさせて脚を繰り出すのが良い。
 そうすることで、歩幅が出せる。
 ただし、そればかりを意識しているとフォームが悪くなる。
 結果的に、先んじて後ろ首の付け根から歩く形になる。

 身体全体の体重を左右交互に振り分ける必要から
 姿勢を良くして軸線をぶらさずに首の付け根から、身体を左右交互にぶん回す感じになる。


> しかしこれだけだと筋肉一辺倒に陥りがちだ


 ナンバ歩きはそれだけではない。
 カラクリ人形のように、体重の移動を、骨でやり繰りすることも忘れては為らない。
 身近な例で言えば、ペンギンだが‥朦朧とした人がふらふらと歩く時の状態がそうだ。

 力を限りなく使わずに歩くにはアレが好い‥ギッコンばっこん‥ギッコンばっこん‥
 右に倒れそうで、ふらっと左に寄って、左に倒れそうで、ふらっと右に寄る‥繰り返し。

 これを、下り坂でやってみるとよく分かるが、力をまったく使わずに機能的に進む。
 あと‥ある程度、路の状態は凸凹していた方が、そういう感じに歩けやすい。
 そういう意味では、完全舗装の真っ平らだと、ナンバ歩きはたいへんだ。
 ‥そこで、積極的に身体をツイストさせて進行する感覚が大事になる。


> ところが


 そんな感じで走って見ろと言われると
 誰が考えても、反復横跳びで走らざるを得ないだろう。
 右側に体重が掛かる‥そこをグッと堪えて、やや左前に跳んで‥
 左側に体重が掛かる‥そこをグッと堪えて、やや右前に跳んで‥

 スキーやスケートと同じ体重移動を、滑らない状態でやる形になる。

 スキーやスケートの場合、滑るという行為自体の中に、体重の移動とバランスの確保が備わるが
 滑らない状態では、どこでバランスを保つのかという課題が生ずる。
 そこで、両腕をヤジロベエのようにして扱うということらしい。

 ‥ようするに、無駄に振る必要がない場合は、ほぼ腕を左右に置いたそのままだし
 必要とあれば、バランスを取るために勝手にヤジロベエが反応しているという趣になる。


> まぁそんな塩梅で、すっすっすと歩けると、明らかに従来の二足歩行とは違うという感じになる


 しかしまぁ、身体が慣れないと
 少しリズムが変わるだけで、そんな感覚はどこへやらだ。
 ‥その前に体力落ちちまってんで、疲れると同時に集中力も途切れる。

 とにかく、ナンバ歩きで歩こうとすると、自然と背筋を伸ばして歩かざるを得ず
 気がつけば、ものスゲー集中している状態を発見する。それはまるで「歩く禅」とさえ思える。

 ‥江戸の士は、無駄な物をぶら下げていたのではなく
 ものスゲー集中力アイテムをぶら下げていたとも言える状態にあったと思われる。
 そりゃ、身体の使い方が違えば違うほど、その個人の集中力も雲泥の差だったと言うことになる。
 (ナンバ歩きでより速く動ける=腰を積極的に使えている=無駄な動作が少ない=集中力ハンバない)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:36 | Comment(0) | 日記/2015 | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

【疑問】SSDと予約パーティション

記稿.2015/08/02

> SSDをCドライブに選んだ上に、パーティション分割して使おうなどと思う輩はまず居ないだろう
> しかしWindowsは実力行使で、予約パーティションを作成してくれちまっている
> メーカー出荷のPCも、ドライバー類を隠しパーティションに入れて収納してくれていたりする


 SSDをパーティション分割すれば、分割した分、書き換えに不利になる。誰も望まないだろう。
 ただ単に収納してあるだけにしたって、メインの部分への負担としては、余計な感は否めない。
 ‥たとえシステム上の制約から予約パーティションを必要としたとてあまりにも不用意に思う。

 つまり

 予約パーティションの方の書き換えが頻繁なレベルに達すると
 そのSSDは、エラーを吐き出す次第に至る。
 (‥まるで、脳溢血か心臓発作だ。寿命を全うする前に逝くことになる)


 対策を立てようにも、その扱いについて何も述べられてはいない。
 経験的にそれを無視できるとしても、対策を立てようが無いのではユーザーサポートとして不十分だ。

 これは特に、ドライブのサイズが大きい場合に言えることだ。

 ドライブのサイズが大きかろうと予約パーティションの大きさにさほどの変化は見られまい。
 ならば、大きいサイズのドライブほど、その点に於いて慎重になるべきとなる。
 (‥これはRAIDシステムでの運用に於いても言えることだ)


> 一体全体、Windowsの予約パーティションは何をしているのだろうか?


 ブート関係のファイルを安易に弄られないように
 パーティションレベルで切り離しておくというのは理解できる。
 ‥しかしそれ以外については、過剰な装備としか思えない。
 ‥陰謀論では、バックドアとか言われているようだし。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:16 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

【詩リング】届きそうだから恋をする

記稿.2015/08/01

届きそうだから恋をする
いつも目にして近くに居る
これは夢なんかじゃない現実だ

でも実るかどうかは分からない
手にするべきかも分からない
でもいつも目にして近くに居る
これはもう、恋目線としてはごちそうだ

掴むべきか掴まざるべきか
密やかにこうして見つめているのも心風よい

ああ、そうだ
このぎゅっとしたい気持ちと共に生きていこう
そんなわたしを摘んでくれるならよろこんで受け入れよう

‥でも、ずっと近くに居るとなれば、きっと恋は消えるのですね
「あなたを愛しています」
その時もまた、ぎゅっとしたい気持ちと共に生きていこう
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:11 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

【詩】木の根で首を吊る

記稿.2015/08/01

「‥トリクルダウン‥トリクルダウン‥」

お前はどこからやって来た?
お前はなぜそんな言葉をしているのだ?
人はなぜお前を真に受けるのだろうか‥人はなんと愚かだろう

‥富裕層

つまり債権を握る投資家らは、決して無駄な浪費をすることは無い
少なくとも信用の無い買い物はしない
そうだ、信用の無いところからリターンは生まれない
リターンの得られない投資なんかするわけがない
投資家の得ている形こそトリクルな儲けなのだから

富裕層の富は、そんなトリクルのなれの果てに起こり得た
その結果、泉が生じたのだ
でもその泉が清らかであるかどうかは分からない
ならばどうして‥盗泉の泉かもしれぬ雫の分け前を期待できようか‥人はなんと愚かだろう


トリクルダウンは幻想だ‥雫なんか垂れてこない
根から葉まで、投資家という博打打ちは、それの稼ぎも全部博打に注ぎ込んじまうものさ

‥一つのプールの中に黄金が一杯に入っている

人はそのプールの中の黄金に、お互いの名義を翳し合い、自分の持ち分を主張する
毎日毎日、プールの中の黄金は、名義だけがグルグルと変わっていく
でも、プールの中の黄金は、何も変わり映えのないままに一杯だ
あるのは‥競争・欺瞞・詐欺・横領の熾烈な戦いだ、色彩だけが変化する
俺たちこそが勝ち組だと言わんばかりの賭けのへし合いが、他人の汗を札に打たれるばかりだ


私たちが欲しいのは、そんなおこぼれなんかじゃない「平道」だ


平等に分け合ったって、プール一杯分の黄金が変わるわけじゃない
ならば、他にも生き方を選べるはずである

それが分からない盲目の連中のうんちくにいつまで耳を貸すのだろう
博打好きで懲りない連中の要求に応えてみせようとて、知らぬ顔をされるだけである

「ああ、今日もまた誰か‥木の根で首を吊る」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:07 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

【参照】SSDとP2Pにおける注意点

改稿.2015/08/02...20150801...

> P2Pの受け取りをSSDに任せる場合
> NET回線がSSDの書き込み速度を上回らない限りDiscCashは発生しない


 ‥P2P通信を介したアクセスが猛烈に集中した場合
 HDDなら途端にアームの動きが追いつかず、何もできない状態に陥るが
 SSDの書き込み速度は十分に上回るので、スペック的には問題は発生しないように見える。

 ただし

 SSDの場合、空白域に余裕が無いなら‥大きなロスを発生させるばかりになる。
 SSDの書き込み速度がほぼスペック通りだとしても
 再空白にする上での要時間については、全く公開されていない。

 (公開されていないと言うことは、そこを目玉にするような開発は前提に無いように思われる)
 (これは素人解釈だが、強いて言えば、3つあるNANDタイプの差がどうかぐらいなのだろう)
 (‥お互いに似通った製造のNANDメモリーを使用する限り、公開する意味がない)


> SSDが記憶域を再空白にするには、かなりの時間が必要だ


 だから、SSDの空白域が、継続的なアクセスの規模に対して十分に余裕が無い‥且つ
 メモリーが十分にあるにも関わらず、使用するP2Pアプリにそれの使用を許可しないままにあると
 通信アクセスの集中の度合いによっては、DiscCashの必要を及ぼす。


 ‥ところが、直接にSSDに書き込む作業は、削命の点を考えるとあまりよろしくない。


 特に‥ダウンロード情報のファイルサイズを領域予約確保した場合
 SSDはHDDと違って、その指定した物理領域に上書きするわけではない。
 改めて余白に書き改め、その間に以前の箇所を再空白にする作業を行う。
 (‥これは、SSDにおいてHDDのアームの動きが先か後かの違いとも言えるべき回避不可能な事象だ)

 公表スペックを十分に得たいのなら、十分な空白の確保が欠かせない。
 少なくとも、SSDの容量の半分までを最大書き込み予定ファイル域の限度に留める次第になろうか。
 (‥それでも断片化は避けられない状況になりそうだ)


> ‥つまり、P2Pからの情報をSSDに直接書き込むことを狙うと


 領域予約確保したファイルの大きさに対して、常に二倍の容量で書き換えを必要とし
 削命に与えるダメージを常に二倍に固定してしまうことになる。
 (さらに、SSDはブロック単位で書き換えるため、断片化を伴うならどう考えても高くつく)

 ゆえに

 P2P通信による対象ダウンロードは、HDDに書き込むことを前提にすべきだ。
 逆に、SSDにDiscCashの領域を大きく与えた方が、結果的に削命の延長に繋がることになる。
 ‥時には、数百ギガのキャッシュ領域を変動指定した方が効率が良いと言うことにもなるだろう。
 (気分としては、変動ではなしに固定にしたいところか‥固定の方が若干管理処理が減る)
 (固定と変動の選択幅の違いが削命にどう現れるかなど知らん)

 断っておくが‥OS側のキャッシュ域の制限幅がどうなっているかは知らん。

 まずは、サイズの大きなSSDを用意して、
 さらにキャッシュ用ディスクの数を増やして、キャッシュ域を確保する必要にもなろうか。
 (‥そこまでやる必要があるかどうかについてなども知らん。是はあくまで一つの意見である)
 (‥ビットコインのような演算を請け負おうと思えば、当然の思索かと)
 (‥できるなら、メインメモリーを増やすことを合わせて検討すべき事だ)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:37 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする