2015年10月19日

【宇宙な?】オーム宇宙の大きさ(200兆光年)の度合い

記稿.2015/10/19

> 私たちの居る宇宙はオーム宇宙と呼ばれ、200兆光年の大きさを有するらしい。
> ところで、200兆光年とはどれ程の大きさになるのだろうか?


 ‥何でも現在の人類科学で語るところのビッグバンは想定138億年程度だという。
 つまり、光学観測できる想定は138億光年程度。
 さらに、宇宙が膨張しているとする想定を加えると470億光年程(半径)だそうだ。
 (まぁ膨張の度合いは、この際どうでもいい)

 つまり、それを直径200兆光年の球状での大きさに比較すると

 ビッグバンより光の進んだ距離138億光年を1m立米とすると
 オーム宇宙は7246.3768km立米。
 ‥是を球状比に換算するっと、およそ3800億倍程度だ。


 もう少し具体的に示すと


 ‥銀河系の大きさは10万光年だから
 銀河系を1m立米とすると、オーム宇宙は2百万km立米
 (太陽の直径は1392,000kmだから、ダイヤモンドリング時の1.4倍ぐらい)

 ‥まぁそんな感じ

 一回の宇宙ワープ速度を時速50キロに換算して考えると、とてもやってらんねぇって感じだが‥
 寿命が千年も有れば、三世代も経れば、大ざっぱにも一通りの観測はできるかなの範囲だろうか。
 (宇宙は更にその先に外宇宙が広がっているという)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:36 | Comment(0) | 宇宙な? | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

【考察】極楽の翻訳に見た仏教の勘違い

1-2)記稿.2015/10/15

> “極楽”の翻訳の元になった“sukhāvatī”(サンスクリット語)の意味は
> 「幸福のあるところ」「幸福にみちみちてあるところ」の意味だという。


 釈迦の教えの根っこには、生老病死があり、
 死後の世界にしてみても、
 仏教の描くそれは、解脱できぬ間は、六道をぐるぐると輪廻するとされている。
 (※ 六道:地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界)
 (仏教の転生は、人が人に生まれ変わるとは限っていない点に注意)


 釈迦の弟子でさえ、仏陀が居てようやくにして、‘幸い’の入り口に立てていた程度だった。
 釈迦が、末法の世になるだろう点を予見していたとは言え、
 その後の‘極楽’の翻訳は、民衆に多くの勘違いを与えたとしか思えない。

 そもそも

 生老病死から始まる仏法に於いて
 「幸福のあるところとは」一体何を意味するというのだろうか?
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:53 | Comment(0) | 考察 | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

【日記】海外の港町

記稿.2015/10/13

> ブラウザーのホームページというのを


 Bingの検索画面にしておくと
 世界の風景を毎日チョイスしてくれるので、結構楽しめる。

 そんな中でも意外に思ったのが、海外の港町の光景だ。

 何というのか、日本の風景とは明らかに考え方が違う。


> 日本の場合の港はどちらかというと、漁師の縄張りみたいな空気がある。


 だが、海外のそれは違う。
 どう見ても、日本で言う駅前マーケットの光景だ。
 ‥大方、大航海時代の名残なのだろう。

 その昔の船の出入りは、人の出入りだった。
 そこに、駅前同然のマーケットを形成した文化が成り立って、そのままでも不思議はない。

 しかし、それはそれで、なんというのか、風情の欠片もない。

 自分たちの店を開く場所を確保するのが優先で、自然の居場所なんかありゃしない。
 ‥実にとんでもな世界だ。


> そんなのに日本が倣って来たなんて、反吐が出る。


 欧米に依存した世界の文化事情なんか、その程度なんだよ!
 そして投資家は言う。
 「日本の漁師利権は邪魔でしかない」と‥

 目線違いも甚だしい限りだ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:00 | Comment(0) | 日記/2015 | 更新情報をチェックする

【結果】LEDブルー×蚊

記稿.2015/10/13

> 蚊は体温にも反応していた


 夏場のような気温だと、体温と室温にそれ程の差は無い。
 むしろ蚊とて、やたらと自らの体温を上昇させたくはないと見える。
 それがLEDブルーの夏期での反応だったように思われる。

 ところが、ここ最近肌寒くなってきて、そこの変化が妙実になった。

 ‥確かにLEDブルーによる偽装効果は見られるものの(ゆっくりとした接近)
 人の体温に誘われて、疑いながらも接近してくる様子。

 まぁ近くまで来て、その物体の素性がバレちまえば、好きも嫌いもない。


> 蚊は、LEDブルーに晒された肌の色に対して懐疑的な振る舞いを見せる。
> ‥尤も、少しでも影が掛かっていると、耳なし芳一さながらに関心を示して近づいてくる。


 結論としてLEDブルーは

 夏期は蚊よけとしての効果は望めるものの、冬期は効果無し。

 ‥冬期は寒いしするし、頭から被ってやり過ごす分には問題ないので
 有る分に損はないかなと。


> ちなみに、蚊の記憶能力は、そんなに長くない。


 まぁ概ね数秒ぐらい。
 猫も三歩歩くと恩を忘れるなんて感覚だ。
 (‥そのぐらいじゃないとLEDブルーでの偽装効果にならないからな)

 蚊の獲物の位置に対する関心や記憶力がその程度だと、
 虫の動きの多くは、本能が占めていることになる。

 ‥虫の本能は、周りの空気感にも反応して行動を起こす‥

 蚊に刺されやすいタイプとそうでないタイプの違いには
 蚊の本能を刺激するような空気感を内包してあるかないかの差と予想される。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:56 | Comment(0) | 日記/2015 | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

【詩】想いは流れ星

記稿.2015/10/12

想いは流れ星
私の中から生まれて、私の中に消えていく

一つ一つの欠片のなんとたわいのないことだろうか

それでも時折
目を惹いた想いに、身を焦がすまでになる

その欠片にどんなに執着しようとも
その想いとて、流れ星のようにいずれ過ぎていく

「何を願ったというのだろうか?」

見飽きるほどの付き合いだろうか‥
それとも、ちょっぴり切ない名残惜しさだろうか‥


すくえる欠片のすくない程に
手にしたそれへの想いも甚だしく愛おしい

否、私のこの想いをすくって欲しいと言わんばかりだ

ならば、共に消えていけば好い‥死の訪れとはそういうものだ

それが、私の中から生まれては、消えていく想いたちへのいたわりになる
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:05 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

【和歌】富士山初冠雪2015を詠む

記稿.2015/10/12

Fuji.1st.snow.2015.jpg

出展:静岡新聞


|青映えし富士の冠白々とそびえし峰にけふぞ新たか
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:00 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

【緊急】Seesaaサインイン時のっとられる件

記稿.2015/10/10

 なんかサインイン画面表示時、アクセスが無駄に重かったので、怪しいと思い
 URLを確認する為に再度開いて比較したら、
 ‥それは、まったく別のサイトに飛ぶ動作だった。(特徴としては、短いURLだった)


> それでサインインしたらそりゃ、パス筒抜けになるよね


 Seesaaのシステムが感染しているのか?
 こちらのシステムが感染しているのか?
 それとも俺の使用ブラウザーFirefoxに穴があるのか?

 ‥ここ最近、何度かあったような、なかったような
 その時は確認しなかったから、パス変えた方が良いかも。

 とりあえず、再再度開いた時以降は同じアドレスを示すので
 ブラウザーって程じゃなさそうである。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:37 | Comment(0) | Seesaaはシステム不良? | 更新情報をチェックする

【ナンバ歩き】モアイが歩いたの歩かせ方に等しかった

記稿.2015/10/10

> 恥ずかしながら、最近普通のスクワットができるようになりました。


 まぁ要するに、階段スクワットから卒業した段階に、筋力アップしたという状況です。
 階段スクワットより、普通のスクワットの方が、より腰に来ます。
 ‥そこまで腰がもたついていたと。orz

 筋力がアップしたことで、ナンバ歩きの方もステップアップしたようで、
 予想が確信になってきました。


> ナンバ歩きとは、骨で歩くことが大事!


 スピードを上げるには、身体をやや前に傾斜させて、重心を前方に倒す感じにすべし。
 すると、勝手に足が前に出る。
 あとは機能的に、ギッコンばっこんとばかりに、左右の足に体重を掛け移しながら進む。

 ただし

 足首への負担がかなり大きい歩き方になるので
 慣れないうちは、身体の傾斜はしない方が無難。(基本、背筋は真っ直ぐ)
 さらに、足幅は肩幅程度から始めるのが適当でーす。

 前に傾斜しつつ、足幅を肩よりやや狭めることで、スピードがさらに上がりまーす。

 イメージとしては、アニメに出てくる忍者の走りになるのかな。
 両手をあそこまで飛行機みたいに開く必要はないと思うが、程度開くとバランスが取れる。
 ‥ポイントは、意図的に腕や肩を左右に動かす必要はまったくない。


> この段階になってふと気がついたことは、


 モアイが歩いたとされる歩かせ方と同じだと言うことだった。
 ‥いやまぁどう考えたって、効率的なんだからロボットに応用しない手はない。

 その時のバランスは、足の着地時の検知が肝心になりそうでーす。

 なにしろ重心を片足毎にのせかえるわけですから
 段差がある時には注意が求められますが、転びそうになっても
 ギッコンばっこんと分散を繰り返しながら、瞬間止まるように一呼吸置く感じを保つと転びません。
 (実は‥一度、めちゃくちゃ転びそうになりましたが、手を着かすこともなく持ち直しました)
 (これを普通の二足歩行のバランスでやろうとしているとまぁ無理でしょう)
 
 ちなみに

 このような左右への体重移動を骨に乗せた歩き方でスピードを上げようとすると
 だんだんとつま先立ちに成っていきます。より支える上での筋力アップが欠かせません。
 ‥予想としては、気分は竹馬ダッシュっすかね。

 脚を持ち上げる動作が簡略化されていて、滑るような感覚がとても新鮮です。
 ‥時代の剣豪の動きの想定が、とてもよくわかるような気分になりまーす。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:22 | Comment(0) | 日記/2015 | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

【歌詞】零戦の唄

記稿.2015/10/09

※ ロボットアニメや特撮アクションの育ちなもんで、その辺の主題歌のノリでお願いします。
  ゲッターロボ、バビル二世辺りが分かりやすいかと‥
  間違っても軍歌のノリとは違いますのであしからず。


導入イメージ
(ウ〜ウ〜、敵機来襲、敵機来襲)
(ウ〜ウ〜、敵機来襲、敵機来襲)

1.回せ回せ、プロペラを、敵機が来襲発進だ
  軽快飛行で誘い込み、ひーだりねじり込みで後ろ取る
  蹴散らせ、グラマン、ボーイング
  残るは零戦、この勇姿

2.(構想中)




> 二番が欲しいところですが、そこまでオタクではないのでなかなか出てきません。


 もう少し長い方が良いのかどうか‥まぁそこまでの才覚は正直ございません。
 ‥なので、是をネタに、再構成する分には一向に構いません。


 着想は20代の頃に遡りますが、なかなか好い感じにまとまらず‥
 勢い余ると軍事色になっちまうんで、まぁこんなところかなと。

 ほとんど趣味ですので、まぁその手のゲームでもしながら
 口ずさめば良いんじゃないのかと

 ‥と、その手の本格的な操縦ゲームで遊んだことがないという。残念。orz
 ‥ちなみに乗り物酔いにも弱し。残念。orz
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:40 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

【零戻メモ】現金(国券形状)存続の余地

1-3)記稿.2015/10/08

> G幣の相続を一世代先しか認めないとする扱いから


 中途譲渡にも、取り締まりが求められてくる。
 このような考えは、完全に資産管理される内容を示唆するが、

 同時に

 G幣の獲得は、黒字収益から得られた分配でしか成り立たない次第を意味する。
 ゆえにG幣の価値は、従来の金塊以上の特性を‥所持者本人の生きている限りにおいて創出する。

 ‥G幣&P幣は、普通に下ろして使うような消費利用をしない限り、減ることが無い‥


> このような流れから


 G座からG座に資本移動するに辺り,
 一族間でのやり取りは、P幣に変換されることを想起させるものの‥実際には、
 一族の規定は一族の一族をまたげば、どこまでもつなぎできてしまう落ちが発生する。

 そのような矛盾を防止する為にも、

 上位継貨の雲座間資金移動はS幣に統一されて変換されるものとする。
 勿論、同一名義またはそれに準ずる雲座間を渡す場合は、S幣変換に該当しない。
 (‥そのような該当複数雲座の必要性について問うなら、グローバルでの活動が上がるだろう)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:24 | Comment(0) | 零戻メモ | 更新情報をチェックする