2015年10月06日

【参考】死んだ方がマシに潜む逆説

記稿.2015/10/06

 あまりにも辛い人生を耐え抜いても
 それが尋常ならざる辛さにあったなら

 ふと‥「死んだ方がマシだった」と思うかも知れない。

 そんな人生ばかりを歩み繰り返していると、きっと壊れるのだろう‥
 だから好奇心にも死んでみたりするのだろう‥
 そして、それはどうしてか癖になるようだ‥

 「死にたくなる」経験があるなら、きっとそういうことだ。

 ラクになりたい理由がどこにあるかは人それぞれだ。
 でも、耐え抜いた自分に誇りを持てないのなら、何をやっても無駄である。


> だってそれは、人をほめる上でのツボを、真っ向否定した態度でしかない。


 とにかく、否定することをラクだと考えている。
 まぁそんな根性も過ぎれば、手っ取り早く「死んだ方がマシ」を弾き出すのだろう。
 ‥人にそれをススめる罵りも同じことだ‥

 何が癖になるのかと言えば、そんなところだろう。

 耐え抜いた自分を讃えられない根性はとにかくどうしようもない。
 価値基準が、根っこからして盲目だ。
 それでは、人の良いところも分からず終いだろう。

 でも、耐え抜いた人を前にすれば圧倒されるのだ。
 ならば、そこにはウソがある。尤も‥
 ウソを付いている自分を正直に感じ続けていると、どうしたって立ち直らざるを得ない。

 ‥ならば、ウソすら感じられない事情があると言う事だ。


> 「死にたくなる」というのはまぁそういうものである。
> ‥「死ね」と罵るのも同じことである‥


 壊れている自分を自覚するのは、まぁ大変だ。
 とても時間が掛かる。すんなりとはいかない。まずは諦めろ。

 ‥だが、諦めるところから自覚を始めると、不思議と腑に落ちやすくなる。

 それは一見、平凡にあろうとする姿勢とほぼ同じ感覚だ。
 でも少し違う。意地になってでも諦めるほどの自覚が求められている。
 諦めたとする自分に意地になることだ。

 ‥意地は粘りを呼び、生への執着を引き寄せる‥(ここが肝心)

 くだらないと思うかも知れないが、壊れているんだからそうでしかあれないのだ。
 まぁ知っておくのも良いだろう。徹底的に自覚して諦め通すのだ。

 是は、何もしないと言う事ではない。
 それでは本当にどうしようもなくなる。まぁ無理する必要もないけどね。
 (少なくとも、多くを期待できる状態には無いのだよ)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:17 | Comment(0) | 考察 | 更新情報をチェックする

【詩】人生は行き詰まりの旅路

記稿.2015/10/06

人生には行き詰まりがある
人生には行き詰まりが待ち構えている

普通の多くはそこで挫けてねじ曲がる

それが普通だったなら‥
誰しもはやけっぱちを肯定してハイ終わりになる

でもそうじゃない

どんな逆境にも耐え抜いてケロッとしている人がある
奇跡の人だ、否、迷惑な存在だ
そんな人が一人又一人と、存在を露わにし始めると
挫けている者は、あっという間に肩身が狭くなる

普通なんて無いのだ

普通なんて無いからこそ行き詰まりはやって来る
普通なんて無いから逆境を乗り越える人もいる


「普通なんてものはそもそもにして目標ではないッ」
「じゃあなんで普通にこだわるのだ?」


それこそがそもそもにして行き詰まりなんだ
普通に無いからこそ、常在戦場、油断大敵、臨機応変なんだ

それはつまり、日常は常に行き詰まりで溢れかえっている

たかが人生の数十年間‥その間‥
自分に都合好くしか考えない根性の方が随分と行き詰まっている
そこを助長する仕組みに、皆で、真剣になってしがみつこうってんだから尚更だ

‥逆境に耐え抜く人が居ることの方が、よっぽど普通なことだよ‥
人はそのようにできている。何も恐れることなんかない。ただ辛いだけのことである

人生は逆説の逆説でできている。一巡すれば丸くなる。途中で止まれば尖るだけのことである

「尖っていたいなら挫けていればいいさ、丸くなりたいなら耐え抜いてみればいいさ」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:50 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

【考察】新興宗教のカタチ

1-3)記稿.2015/10/06

> 法律で定めるところ、宗教の前提には礼拝施設が求められている。


 しかし、「礼拝施設とは何か?」に触れた文言は一切述べられていない。
 礼拝施設の解釈は雰囲気になっている。デザインの余地が残されているとも言えるだろう。
 ‥解釈の仕方によっては、教祖を拝む場所との見方も生じている。

 新興宗教の多くは、

 既存している何らかの教えからの派生である場合がほとんどだろう。
 だから、礼拝堂の雰囲気もそこから極端に離れることがない。


> ところが、まったくの自身が教祖を拝む対象とする場合


 英雄気取りにも、教祖自身自らの写真を飾らざるを得ない次第となる。
 無論、そんなことをせずとも、礼拝堂としての機能性を持たせることは可能だ。
 ‥むしろ、雰囲気を求めているのは、どちらかと言えば信者の方でもある。

 (教祖が商売としての宗教を狙っていたなら、そこはもろになりそうだ)
 (政治に例えるなら独裁政権さながらの雰囲気を醸し出す)

 ‥まぁその辺、オレオレに陥らないように三人以上の役員が求められている‥
 ‥それはまた始めちゃった以上、役員が全員辞めると言い出さない限り終われない仕組みでもある‥
 ‥なまじ信者数が多いと、俺が役員になるとか言い出しそうでもあるな‥


 あとはまぁ、信者が付いてくるかどうかだが‥
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:41 | Comment(0) | 考察 | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

【参考】平成仮面ライダーに見られる違和感の本質

記稿.2015/10/05

> 石ノ森ワールドの特徴として


 正義は悪の中から誕生する。
 なぜか悪の方が科学力が進んでいる。
 なぜか悪の方が資本力が上である。
 なぜか国家政治はその件に関して無力だった。
 ‥ゆえに正義はいたってボランティアだった。

 平成に至り、その辺に改善が見られる。

 平成ライダーは、組織で動く。だから、資金力がある。
 お陰で、昭和ライダーに比べるとその能力は圧倒的だ。
 しかし、悪から抜け出した程の強い精神力との裏付けがあるわけではない。
 ‥そういう意味では、性能に過信した態度があちらこちらに見受けられる。


> まぁそれはそれで、時代の変化と考えれば頷けるわけだが


 昭和ライダーは、ボランティアだったからショッカーを根こそぎ始末できずに
 復活を許してきた事への理解はできても‥
 平成ライダーでは、組織を上げても根こそぎの始末にはいたらない。
 ‥そういう意味で言うとかなり残念な組織、否、シリーズ展開という次第になってくる。

 組織力=資金力が得られているなら、
 ガンダムとモビルスーツの違いぐらいの部隊が見られてもおかしくない。
 予算の関係を考えても、そういう展開は十分に考えられる。
 しかし、それでも根こそぎの始末にいたらないのでは、さらに残念な組織という次第になる。

 すると

 ショッカーの設定を、宇宙からの飛来者たちとした設定の変更が求められることになる。
 (闇でブラックな連中は、宇宙にごまんと居るって話だからな)
 是は、
 悪は正義の中から誕生する。
 悪の方が科学力が進んでいる。
 その点に於いて、石ノ森ワールドに反さない。ウルトラマンとも被らない。


> そもそも


 最近のストーリーには、次元とか平行宇宙とかその辺の訳のわからんテクノロジーが登場する。
 全体でのバランスを考えても、悪が地球内だけで発生しているというのには無理がある。
 また、地球外からの存在が対象ならベルト装着に人種を問う必要がない。
 なぜなら、仮面ライダー組織が、地球規模で展開していても筋が通ってくるからだ。
 ‥俳優をザイニチに限定している意味もまた無くなる。

 大体だ、昭和ライダーの頃から、地球規模での設定は存在した。

 平成ライダーはその点に於いて、無理に日本に偏っている。
 それはまぁ組織レベルでの活動に置き換えた影響もあるだろうが、
 石ノ森ワールドのイメージとしては、いささか違うのでは無いのかという視点は否めない。


> 一方で


 ショッカーに押されっぱなしの世界観は、
 人々が悪と対峙することへの関心が、如何に薄いかという絶望の因果にも見える。
 ‥日常としても、退治しようとして協力行動が見られないのでは、ストーリー的にも不可解だ。

 未だにショッカーが認知されていない舞台設定というのに、いい加減アホさを感じざるを得ない。

 官民一体で、ショッカーを認知し合って、一丸となってショッカーと対峙している。
 ‥そういう筋書きの方が、もはや新鮮に見えるはずだ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:00 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2015 | 更新情報をチェックする

【アイデア】夢で見たコミュニケーションツール

記稿.2015/10/05

> 夢で見たと言っても、俺的には恐い思いをした夢見だったので
> 夢の中の内容を振り返って中身を組み立て直している。


 結果、スマホのフリーのアプリでもイケるだろうが、寄付を募る手も可能だろう。
 もしくは、アプリ内に広告枠を持ち込むことも可能だろうか。

 今や海外に行く時、他国でのコミュニケーションがスムーズにできるようにと
 翻訳ツールの研究開発が進んでいるが、それは単に翻訳ができると言うだけであり、
 善意を期待できるかというとそういう意味での中身にはない。
 翻訳はあくまで道具としての選択支の一つであって、日常に絡んだ安全までを提案する程にはない。
 ‥翻訳機能だけに浮かれていると、そこにつけ込んだ詐欺にだって巻き込まれかねないのだ。

 だから、もう少し踏み込んだアイデアの組み合わせが求められる。


> 例えば、外国語を話せる内訳をそのアプリに登録してP2Pでその情報を共有する。


 言うまでもないが、目的とする言語を話せる人が数多く登録していないと始まらない。
 登録した上でツールを起動させておくと、世界地図にマーカーが表示される。
 どこにどれぐらいのサポート数があるかがマーカーポイントの濃密で推し量ることができる。

 実際には、時間的都合が空いていることが前提になるが、
 ホテルのフロント等でのサービス提供としては、アピールポイントになりそうだ。


> マーカーの表示には、マップ画面の拡大の状況により、見せ方の工夫が求められる。


 ここが見やすいかどうかが、お気に入りにして貰えるかどうかの境目になる。
 作り手のセンスが問われる部分だ。
 ‥こちらから提案できる点を大ざっぱに記しておこう。

 目的が観光案内なのか、ちょっとした案内なのかが見分けられなければならない。
 特に時間だ。数時間は付き合えるのと五分は大丈夫の違いは随分と大きい。
 そういう相手が普段からどこに居るかでもある。

 また、プロフェッショナルに案内できる本格派から、フレンドリーに接するなどの違いも必要だ。
 それこそただの一般通行人の範囲での対応ならOKというのもあるだろう。

 「発音にはうるさいです」や「訛りが有ります」とのアピールポイントも欠かせない要素だ。
 尤も、有志協力だから、「翻訳機での対応で良いのなら‥」という理解も必要になる。
 でないと数は増えないし、出会いの機会もそれなりにしか膨らまない。

 当然のことだが、アプリ使用者が、観光中なのか現地人なのかを示せるようにすべきだ。


> このようなツールには、当然の如く個人のプロフィールと共に、GPS情報が共有される。


 協力者マーカーをクリックすると、出身国、話せる言語の内訳、得意分野などが表示される具合だ。
 その辺り、事前にわかっていて翻訳機を介するのとそうで無いのとの違いは大きく違ってくる。

 並びに

 GPS情報から端末が割り出せることから、
 相手との接触後に直ぐにアプリを切るような手口でも痕跡を残すことになる。
 (使用した端末が使い捨ての扱いで、握り替えられると面倒くさいことになるだろうが)
 何らかの事件に巻き込まれたとしても、捜索の手がかりにすることができる。
 特に同じアプリが起動していたなら、近くに居たマーカーは事情聴取の対象とされるだろう。
 ‥それはそれで、事件発生数に抑止力を持つだろう点で期待される。


 あまりにも近くに協力者マーカーの密度が低い
 且つ、向こうから近づいて来たなら警戒するに越したことはない。

 とはいえ

 田舎だとほぼそんな状況にしかないわけだしするので、
 端から数時間〜宿泊OKみたないサインは出すべきではない。
 出したいなら、そういう場合は、有志による案内所を構えるべきだろうが
 もしかしたらそこがギャングの巣窟だったりの可能性も考えられる。

 そういう意味では、フェイスブックへのリンク機能なりブログとのリンクなりと
 顔が確認できる状況にあることが求められるだろう。

 ‥尤も、旅行の道中にそこまでチェックを入れるのは面倒くさいので、
 アプリ起動中に、カメラモードに入って、近くを撮影し、
 協力者が誰であるかを枠表示確認できた方が、より日常感覚で扱えるというものだ。

 ※ 現時点でそのようなアプリがあるかどうかは確認していない。あしからず。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:30 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2015 | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

【刮目】図々しさ図太さ太々しさ傲慢さ

記稿.2015/10/04

人は誰しも図々しさを兼ね備えている。
私を示さずに人は生きられない。
私を示さずに居ても同じことだ。其もまた図々しさの一つの形にある。

‥図々しさをどこでどう使うかが世の醍醐味でもある‥

不思議なことに想定内の図々しさはそれほどに気にならない。
‥少しでも枠を超え出すと鼻に付く‥

お互いの図々しさが近いと言うだけで気が合うのだ。
人をそのように見ると、好き嫌いの多くに意味が無いことがわかるだろう。

‥鼻に付く奴とは、そこにある図々しさの形が違うのだ‥

とにかく五十歩百歩だ。老若男女、聖人君子にもそれはある。
そこにある違いを知りたいと思うのが人でもある。
‥命に優しくあれという前に、まずは自分のそいつをなだめすかさなければならない‥


でも多くの場合、自分に甘いところから始まっていく。
‥それこそが、人は優しくあるべきだとする図々しさだ‥


自分にできていないことを人に求めるところから始まるのだ。
それが当たり前だとした見方から始まっていく。
挙げ句の果てには、都合が悪ければ嫌いになる一方だ。
条件を満たせば、その間は、お気に入りに位置することになる。

図々しさが違えば、求める優しさの形も違っている。

それでは、互いに理解などできないだろう。無理からぬ事だ。
‥まずは自身の図々しさを認識し、自覚できるようにあられねばならない‥

それがゆえに

図々しさの違いから乱れた争いは起こり得る。
おしかりや大目玉を経験することになるのは当然だ。
理解し合うまでその争いは続くだろう。ネチネチした躾感情は続くだろう。
‥なぜならそれは、お互いに手を取ることが答えではない‥

自らの図々しさの形を理解することで、はじめて互いの図々しさの違いが見えてくる。

その結果、何をどう改めるべきかが見えてくる。
それでもいきなり理想を掲げることはできない。そんなのもまた図々しさの形の一つだ。
‥一つ一つずつでしか見えてこない‥

その一つに一つに気がつく度に、そこに在った命に謝罪すべきことになるだろう。

それほどの命があってこそ、無礼を為して尚ようやくにして学ぶことができたのだから。
‥そこに、どうしようもない私が居られたのだから‥
‥自らの無礼をすべてに許してもらう前に、自らが、自分へのすべての無礼を許すことになる‥


勿論、そうは思わない図々しさも当然あるだろう。
しかしそれはそれだ。そこに対峙する段階にまだまだ在るということだ。

‥そこに居るのは、いつだって私ではなく私たちなのだから‥

‥見過ごすことなどできない‥
‥放っておくままなど有り得ない‥
‥愛とて、図々しさの薄れていく過程の仮の姿である‥


図々しさの薄れゆく段階において
ちょっぴり成長した自分たちのそれに、名前を付して酔いしれてみたい私たちが居るだけだ。
祝いたいだけの私たちがそこに居る。

‥それも供物を以て祝わんとばかりに‥

“こども”を“子供”と書くのが我慢ならないなどと抜かしやがる以前にあるそこの矛盾を、
「汝らの図々しさを、どう見ているというのだろうか?」
誕生を祝うのに供物を求めるから子供と書かざるを得ない。それの何が気にくわんと言うのか!
かようなことを言い続けるというのなら、自らの誕生を祝うことからして退けるべきである。

汝らの優しいなど、ほとほと自分に甘いだけの形にしかあれていない。
自覚が無いから、そのようなちぐはぐを論ずることになる。まったく以て図々しい。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:20 | Comment(0) | 刮目/2015 | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

【零戻メモ】相続と賠償時の零戻ルール

1-3)改稿.2015/10/03...20151001...

> G幣の相続が無限に繰り返されることは明らかに欠陥である。


 しかし、どうしたら良いかに妙案が思いつかなかった。
 でもよく考えたら、相続時にP幣に変換してしまえば良い。

 P幣には相続権が無いから、P幣に変換された分は次の相続が成り立たない。
 (※相続者の死亡による相続を繰り返した挙げ句に転がり込むようなサスペンスは成り立たない)

 だから

 問答無用で、富裕層なら一族間で上手に配分するのが筋になる。
 とりあえずの金額は全額保証されることから、
 モノに転換する手段に影響を及ぼす好奇心を排除できている。(ここ重要)


 G幣の相続は一世代先までしか認めない。


 そういう形にすることで、無限可能にある穂の問題点を解消できる。
 ‥これなら平均寿命が千歳レベルになろうがほとんど問題にならない。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:32 | Comment(0) | 零戻メモ | 更新情報をチェックする