2015年12月26日

【どうでもいい】アニメの中の2015年‥その2

記稿.2015/12/26

 「トップを狙え」のアニメの中で、
 タカヤノリコの父が乗っていたルクシオン号が行方不明になったのが2015年である。


> 宇宙戦艦と美少女のロボット搭乗員


 これは当時のまったくのオタク要素であるものの、
 現実と照らし合わせてみると、まま似通った展開を見せている。

 ‥その宇宙戦艦と美少女ロボット搭乗員の代わりとして

 今や巷では、AKBを手始めに、どこもかしこも美少女アイドルユニットが蔓延っている。
 ‥村おこしなんかだと特に、存亡を懸けた地元アイドルって点は同じかなと。

 そして、対中国脅威とばかりに軍事予算もとい自衛隊予算が跳ね上がっている。
 ‥まぁまぁ割り算勘定でも、そんな感じが漂っている。それが2015年らしい。


> それにしても


 アニメの中のそれを実現した場合、美少女に予算を投じた社会像ということになる。
 しかも国家政策だ。
 当時それを見ていた時の感想は、ただのギャグ止まりの思考停止だったが、
 今改めてその社会構造を考えてみるに、昭和の時代は、お上主義だったんだと思わざるを得ない。

 ジェッターマルスにしてもそうだ。お上の計画になっている。
 ‥博士が予算をそこに注ぎ込むという話だからそういうことになる。博士のポケットマネーじゃねぇ。
 ‥良くも悪くも、ロボット兵器開発への賛同アニメだったとも受け取れてしまうのだ。

 昭和の当時は、そこに蓋がされて空気があったということだ。


> ところが


 今や、アニメの世界観の中では、お上は「悪」とした転換を見せている。
 ‥これはもの凄いことだ。

 中でも「残響のテロル」はその筆頭と言えるだろう。
 俺も見ていて思わず憧れの衝動に駆られちまったよ‥ユーチューブを用いたなんとか予告。
 オッサンでさえそうなんだから、ガキ年齢には、ずっと刺激が強いのではないのかと‥
 (‥狙いはあくまで、幼き頃の自分たちを巻き込んだ国家権力への復讐という筋書き)


> お上主義だった時代には見られなかった、様々とした不敬な事件の数々


 アニメやマンガの影響とは凄いものである。
 ‥だからといって、鵜呑みでお上主義って訳でも無かったけどな。
 ‥ギャグはギャグ、日常に捌け口を求めた混同というのはなかった。それが昭和だったと思う。

 昭和のアニメは、セルアニメ。集団制作としてもその数は半端ない。
 平成のアニメは、CGアニメ。精鋭チームでの制作とデータの流用によるコスト抑制が可能。
 ‥そういう意味でも、空気感はそれなりに違って来ているのだと思う。


> 近頃のアニメを見ていて気になるのが、歩き方のリズム。


 なんかそのトコトコとしたタイミングが全部同じ。

 手塚治虫曰く、「ブラックジャックはそんな歩き方はしません。」
 締め切りに追われていて、まともな打ち合わせもしていない先から、ダメ押しを刺す。
 アニメの方も時間に追われているのに、平然とそれを言ってのけるという神経。

 ‥それはそれとして

 「ノワール」の頃からそのトコトコとした歩き方のリズムが同じ。
 同じツールを使っているだろう次第が一目瞭然で分かる。
 ‥2倍速で見ているからかも知れないが、それにしては、同じに見える場合が頻繁なのだ。
 ‥原画マンがたまたま同じだったからとしても、それはそれで描き分けができていない問題が生ずる。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:08 | Comment(0) | 日記/2015 | 更新情報をチェックする

【どうでもいい】アニメの中の2015年‥その1

記稿.2015/12/26

 鉄腕アトムは知らないが、手塚プロ版の「ジェッターマルス」なら、当時見ていた。
 そのOP歌詞の中に「時は2015年」とある。

 ちなみに、鉄腕アトムの制作を請け負っていた虫プロは倒産し、
 その少し前に手塚治虫は、経営方針の食い違いから立ち去っている。
 ‥まぁ、それの手塚プロ版を、手塚治虫が手掛けた所で誰も文句など言わなかったと。
 ‥TPPになろうものなら、そんな遠慮なんか要らなさそうな感じがものスゲー違和感。


> で、そいつを見返してみたところ‥


 通信セキュリティの概念がまったくない。
 その代わりとして、疑うことを知らないやんちゃなロボットマルスが
 悪い大人達に簡単に垂らし込められる‥という話になっている。

 うーん。それはそれで辻褄としては合っているのだろう。


> そして、2015年の今年、「ペッパー」が発売された。


 アニメのそれと比べると、実は、
 思考回路の進歩よりも記憶容量の技術の方が遥かに進歩していた。

 なんと、ジェッターマルスの記憶容量は、1テラバイトにも満たない。
 ‥ギガ換算でも、OS起動と一部アプリで一杯一杯程度だ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:50 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

【妄想】ビットコイン=物々交換と同じ物であるとした先の予見

記稿.2015/12/26

> 物は現金化できる。現金化することで収益と見なされ、税の対象に成る
> ならば、ビットコインとは何だろうか?


 物には劣化が伴う。劣化の不便を補う為に現金化が有効とされている。

 しかし、行きすぎた資本社会では、
 無理に現金化する必要がなくても、返済に追われると現金化を余儀なくされる。
 ‥それは、賃金への支払い一つを考えてもそうだ。

 賃金を通貨で支払うことを契約した時点で、国際金融資本の縄張りに入り込むことになる。
 ‥そこでビットコインでの支払いを想定した場合、それは物々交換と同じになる。


> ではなぜそうなのか?


 国際金融資本の縄張りでは、通貨戦争をし合っているものの、
 通貨としての保障をある程度義務づけている。それの証明としても色々と文言にして示している。
 ところが、ビットコインでは、電気が来ないとなると途端に破綻することになる。
 ‥それはお金が腐ったのと同じ状態を演出してしまうのだ。

 法的にも、長期的保障の対象外だから物々交換の扱いだ。
 ‥まぁそうなる。

 しかし、ビットコインだけで暮らしが成り立ってしまうと、税収は激減する。
 すると強いては、国際金融資本の必要性自体が揺らぐことになって来る。
 ‥そこで、まぁどこまでやれるのかと、高みの見物を決め込んでいるとも言える。


> つまり、ビットコインの定義としての立場は、地域通貨に置かれているのだ


 地域通貨は違法では無い。合法だ。
 ‥ただし、地球上の範囲に於いてネット利用する枠という意味では、地域を凌駕する。
 ‥地域を凌駕した地域通貨、もといネットマネー。それがビットコインと言えるだろう。


> その世界のネット・インフラに投資を続けてきたのは、国際金融資本だ


 地域という枠組みが、天然の地場創出にある点に比べると、
 ビットコインは色々とした意味で、国際金融資本の資産を用いた果ての物々交換に置かれている。
 ‥そういう意味では、いつでも方針の転換を示すことで、通貨認定にできなくもない。

 しかし、国境を必要としないそれをどこの法律で以て規定を設けることができるだろうか。

 ‥それこそ、TPPのような集合の枠組みの中で、突然と合意が沸き起ころうなら
 ‥通貨の管理が、国家単位での管理を離れる事に成りかねない。

 その時、公平性を求めて議論した結果

 ビットコインなだけに、AI任せなんて結論ももたげることになるだろう。
 ‥なんでもかんでも国境の枠組みを超えた方が、利便性が高いなどと乗せられていると
 ‥そっちの方が合理的に見えてしまう環境を創出しかねない。


 それを例えるなら、
 Windows10の中に、どうでもよさそうなコルタナが顔を利かせんとして居座るようなものだ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:40 | Comment(0) | 刮目/奴ら絡み | 更新情報をチェックする

【目から鱗】熱音響冷却システム

記稿.2015/12/26

|原発を用いてまでの景気策 誰も望まぬ何様の風邪


 と言うわけで、原発はもはや風邪である。
 風邪にかかると熱を下げてやるのが一番だ。
 自分の熱で冷やせるならそれに越したことは無い。

 しかし

 「そんなことができるのか?」‥誰しもがそう思っていた。
 ところが、熱音響冷却システムでは、それができてしまうと言う。
 ‥ならば、原発の余熱をそのまま冷却に使えば良いじゃないか。


> 原発に火を入れる必要はもう無い。


 何しろその熱音響冷却システムでは、
 吸音すると冷却、直列に排音連鎖させるとエネルギーが倍増する。
 倍増したエネルギーを発電にも変換できるという。

 ‥原発の余熱と言えば、当分冷めないし国内には54基分ほどある。
 ‥しかも夏場になると熱が増すわけだからエネルギー倍増の率も上がると言うことになる。
 ‥効率は、気候に平行できるわけだから、あとは耐久力がどうかという所だろう。


> これは、原発の非常時起動用電源の確保にもなる。
> どっちに転んでも研究せざるを得ないということである。


 ‥原発解体時、作業の施設あちこちに、冷房退避小屋を設置することもできるのだ。
 南国方面の原発の解体を考えた場合、その手のノウハウを先に得ていないと
 作業員は全員熱中症になりかねない。

 ‥武蔵御殿・大和ホテルならぬ、原発解体クーラーの備えは欠かせない課題にある。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:32 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2015 | 更新情報をチェックする

【詠吟】富士山の雪化粧 2015師走を詠む

改稿.2015/12/26...2015/12/25...

Fuji snow-clad 20151224.jpg

出展:静岡新聞

|白峰は告げる 師走も残りわずかと
|されど未だ陽光の弱まりを感じられず
|空気のみ冷ややかなり
|富士の大観 雪化粧の薄し短し


|冬至明けて 富士のお待たせ雪化粧 寒さそこそこ気配そこそこ


追記

 ちなみに
 こないだの初冠雪は、一日で溶けちまいやした。
 ‥今年は暖冬なんすね。超エルニーニョとかなんとか。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:33 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする