2016年04月10日

【感想】あの方の桜を見る会に一句

記稿.2016/04/10

|早よう散れ!桜を誉めて散らぬ安倍(総理)

|引き時の読めぬ政治の劇団長 戦国ならばリベンジ無し

|咲く花の素顔ぞ春に咲き返しその潔しに倣わぬ総理

|アベノミクス吾の花と誉めてとな‥一分でも咲き残ると抱負
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:21 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

【参考】司法の努力余地とは何か?

記稿.2016/04/10

> 司法が頑張ろうとすると、何かと冤罪の引き受け屋にしかならない


 ‥そういう権威構造はどう考えてもおかしい。
 立法を取り扱うのが議員だから、志を持つのは議員立場だけで
 司法関係の人材は、そこにあるべき志を示す必要がないと言わんばかりだ。
 (黙っていろと言うのではおかしい)

 民主国家を論ずる上でもそれは稚拙としか言いようがない。

 そこで、単純に著書でも出せば良いだろうという話になると
 それは学者の仕事だろうと言うことになってくる‥


> ただ、国会で可決された法に基づいて判決を下すのが司法


 そういう内訳で明治維新以降‥ここまで来てしまっているのが実際だろう。
 そこで、司法のメンツを保とうとしても、

 良いとこ、判決時に権威から覆す文言を捻るというだけに留まるか、
 権威にヨイショして冤罪をでっち上げてまで勝ちを誇ろうとするかのどちらかでしかない。

 そんな構造に据え置かれているのが、三権分立を前提にした司法の立ち位置である。


> ずばりここの問題にメスを入れて行くには
> 参考票という考え方が必要になる。


 立法という権限の中に司法の投じ分を勘定しだせば、
 「三権分立の理想が‥」などと言いはじめだし、切りの無いところになりそうだが
 参考票として、司法側の考えという所をその都度示しておくことは重要だ。

 原案に対して、司法側の見解は賛成:反対である。
 改善案に対して、司法側の見解は賛成:反対である。
 それがちらついている上での国会討議。(そんな感じ)

 ‥そうでも無いと、あの選挙のオマケのような辞めさせたい司法のなんとかというのを
 誰も正確に判断することができないままだ。(どっち側の意見だったのかぐらい知りたいところだ)

 (尤も、すべての法案に対してそれは無理というモノだろうけどね)


> 立法に対する司法側の参考票の考え方として


 司法から代表を選び、その中で多数決を司法の意見とするか
 それとも、司法に関わる特定層全員からの多数決を司法の意見とするか
 まぁその境目をどう考えるかはあるだろうが‥

 どちらにせよ

 司法の側の見解を、国民が知ると言うことは重要なポイントである。
 中世西洋で言えば、教会のカリスマ意見ということになるが
 日本に於いてそのような概念はあまり深く浸透してこなかった。

 日本でも、高僧という立場はあったかも知れないが、
 それにしたって役人側の判決にあれこれ言える程の権限など無かった。
 精々が‥竹柵越しの袈裟投げに、駆け込み寺としたお約束が理解されて根付いていたに過ぎない。

 明治以降の西洋化の流れで、日本の文化からそれが見失われたのも

 主な役人の判断のみが正しいとした科学観に現を抜かすようになったからだ。
 そこにある人間上位思考は、そもそもにして日本古来よりの文化では無い。


> 黒船に学ばざるを得なかった明治維新から


 日本人の根っこを貶めているのは、何はともあれ、司法が死ぬからに他ならない。
 ‥あの西洋の「汝の隣人を許せ」‥つまり、許せんとす文化圏から学べるコトなど一つも無い。

 一神教だから、許せることと許せないことが克明になる。
 多神教だから、よほどのことでもない限り、曖昧にも寛容さを垣間見せるのである。
 それを昔の日本人は不公平などとあまり考えなかった。そこは概ねで、「運」解釈だった。

 ‥運を引っ張る為にも、人との繋がりを疎かにすることなく、穏やかに暮らして来た。

 そこの根っこに、亀裂を入れてしまったのもまた明治維新だった。
 理由がなんであれ、そこは否めないのである。


> 何の為に法律を学ぶのだろうか?


 「裁く為ですか?、守る為ですか?」
 その守るという立場としての意向を示し難いから、やる気にもならないし応援する気にもならない。
 ‥努力の甲斐に乏しいのが今の司法の状況である。田畑と同じだよ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:48 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

【参考】シーガルフォー耐久年数超過でここが破損

記稿.2016/04/09

> シーガルフォー 浄水器 X-1DS


 ‥買ったのはレシートを見たら2001年だった。(型番変更等なければ、そのままのはず)
 今年に入ってから、カートリッジを更新せずに使用を中止した。


> 三ヶ月ぐらい放置しておいたのを、確認してみたところ


 作りがオールステンレスの削り出しなんかではないので
 蛇口の部分を接続するのに、樹脂・真鍮・銅あたりが使われている。
 ‥その樹脂の劣化がとくに酷い。

 樹脂が脆くなり、水漏れが発生していた。
 圧を掛けない状態で、気になるかならない程度だが、蛇口部の接続から微妙に漏れ始める。
 真鍮の部分は黒くなり、銅部分では緑青が見られた。

 水漏れは樹脂を塗り直せばまだ行けるかも知れないが、
 その後の味臭と耐水圧についてはなんとも言えない。


> 本体の耐用期間が十年という意味として、そんな具合になりましたとさ。


 それにしても、浄水器の進化がここのところ止まっているように思うのだが
 それは陰謀なのか?、それともコスト的にどっちもどっちなのか?
 なにしろ、フッ素とか塩素とか、病状をもたらすものをわざわざぶち込んでいるんだからな
 奴らとしても、そうそうお安く清涼水になっちゃ面白くないんだろう。


> この浄水器だと、十四年と半年程度で平均一日辺り単価40~50円の範囲だった。(大ざっぱ)


 途中で円高円安の激しい動きに巻き込まれたりして
 カートリッジの値段が安定せず、一年間交換の基準を一年数ヶ月程度で回していたりしたが、
 今からお高い本体を買い直せるほどの選択肢を保てるほどの状況にはない。
 (このカートリッジの濾過水は硬水になる。軟水が好みならすすめられない)


 ‥最近の自身の趣向としては、鉄分サプリメントを買うのもどうかなので、鉄瓶でも欲しいかなと。
 しかし、夏はやっぱりピュア感が欲しいと思っている。(夏でも白湯で飲むか)


> 昔ながらの簡単構造の電熱器で沸かした方が、光熱費が安いと思う。


 沸くのに大体‥ヤカンに1.2リットル分、300Wで六十分程度と掛かる(気温により変動)
 経験的に、ゆっくり沸かした方が冷めにくく味が好い感じ。(空気の抜け加減)

 脚を立てると熱気が強いので早く沸くように思えるが、密着が正解。(凄ワザの目玉焼きが立証)
 ‥冬場の暖房兼用としてなら、脚立てても良いと思うけど。

 以前、調子こいてヤカンに2リットル、密着で荷重を掛けて沸かしまくっていたら、
 電熱器のニクロム線の土台になっている素焼き部分が真っ二つに割れた。(そのための脚らしい)
 ‥その前にニクロム線の方がダメになる。ニクロム線は交換可能。タイプとメーカーにもよる。

 (ニクロム線の切断部分同士を引っかけるだけの手直しでも、案外、使える)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:41 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

【参考】定型句だけだと片手落ち

記稿.2016/04/09

 フォントで縦書き画像貼り付け実験中(非公開)ということで、こちらには乗せていないのだが
 2014の頃は自由律というか、自由詩を中心にやっていた。
 その頃の作風の勢いと比べると、定型句はやっぱり地味としか言いようのないもどかしさがある。

 で、最近の定型句にハマっちまっている状況を鑑みるに、
 あの時分にあった野性味が失われていて物足りなさを感じた。


> それとも、それは、横書きと縦書きの筆のノリの差と言えるのだろうか‥


 パソコンのセットアップも半端なままなので、縦書きは一休みしたままにあるが
 縦書き画像を貼ると、テキストとダブって作業の手間が増えるし
 ‥だからといって、画像だけだと、ケータイから読む場合には負担にしかならない。

 しかし

 読み返す場合は、フォント工夫の縦書きの方が圧倒的に気分が乗る。
 自分の文章を横書きテキスト状態で読み返しても、飾り気も味気も薄いせいか物足りないらしい。
 ‥個人的に言えば、ほとほと読み返すにしてもその気にならない事の方が多い。

 (この気分が乗るかどうかの差を重視すると、横書きテキストで続ける意味に困惑する)


> ところが


 画像ファイルをネットにアップして使用すると、いまだに英数字しかファイル名に使えないので
 その辺の管理をしなければならず、
 あの訳の分からない自動変換の数字の羅列のファイル名で管理しておくのは嫌なので尚更だ。
 しかも、更新すると自動アルバム形式の並び順もバラバラになってしまう。

 ZIPという所で妥協するのも手だが、それでは、検索に引っかからない次第に陥る。
 だから、テキストも省くと言うことになると、作中の語彙すら検索にヒットしない。

 それどころか

 著生にしても、ブログ上から語彙検索して、
 自分の作品の語彙整理や間違い整理の箇所を調べられないという不便にもなる。

 ‥フォルダ内のテキストファイル群から語彙を検索して
 どこに対象が存在するのかを指摘してくれるテキストエディターは今のところ存在しない。
 どちらかというと、ブログに載せてしまった方が、圧倒的に早い。
 (他人に読まれたくないなら、非公開&非検索対象&PASS付きに設定すれば良い)


> 当然な話だが


 デザイン構成したそれをやり直そうとすると、画像作成にまで遡らざるを得ず
 ‥頭の痛い話になってくる。

 まぁそういう意味では、出版の方が無難なのだろうけど、
 それはそれでフォントの著作権が絡んでくる。
 また、著生としても、どのフォントを使用したのかを記録しておかないと後で面倒な作業になる。


> 縦書きの道のりは、とてもしんどい。


 一行足しだけの画像を乗せるのもかっこわるいので、
 きっちり収まるように構成する用も生ずる。すると、前後の文章をさらに推敲して
 やりくりしている内に、内容が膨らんだりなど‥

 ‥横書きテキストだけの方が楽っちゃ楽なんだけどさ。
 かっこいい縦書きで読み返したいのだよ。悩ましい課題である。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:36 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

【夢日記】怪しき三人

記稿.2016/04/09

> 最近、変な夢をよく見る。
> 昨朝のは、あまりにもマンガだったので記録しておこう。


 出だしを、暗くてヤバそうな雰囲気以外忘れちまったのだが、
 なんだか知らないオヤジを、視線で追ってるアングルからは覚えている。
 オヤジが家に上がる手前のちょっとした玄関前の階段を上がる時に、
 オヤジの靴底から怪しい種が落ちて、溝(左側)に転がった。(伏線)

 夢だから、別に‥着いてきた覚えも無いのだが
 いつの間にか家に上がっていて、招待されちまたらしい。


 ‥その家の間取りにおったまげた。
 以前にもおったまげた間取りの夢を見たが、今回は多少斬新に思えた。

 玄関半間‥どうやってドアを開けたのか(?)直進で廊下、奥行き一間ほどですぐ壁‥(狭っ)
 廊下のとなり‥部屋(左側)だけど、壁じゃなくてふすまで、ふすま無し(柱だけが目立つ)‥
 もう片方は壁のはずだが、壁がなくてこれまた筒抜けもしくは窓が付いてない(コントかよ)‥
 ‥部屋の大きさは、四畳半もなさそうだが、ほとんどよく見えてこない。

 廊下は、玄関からの部屋横の直進分だけしか見えてこない。玄関も筒抜けな感じ。
 ‥部屋の中には、奥さんと女の子らしき人物がふたり座っていた。

 オヤジがその廊下で寝ると言うから、君は私の隣でと誘っている。
 その布団のとなりには女の子。その隣が奥さんらしいが、奥さんはそれ以降出て来ない。

 ‥なんだか微妙な空気の中、すし詰め状態の就寝に入った。(強制)


> すると


 なにやら、俺の足の方から、床を突き破って
 怪しい根が飛び出してきた。どう考えても吸血植物としか思えない。(さっきの種である)

 俺がヤベーと思っている横で、女の子が俺の服を破き始めている。
 ‥どうも俺は、その吸血植物の餌ということらしい。(吸血させるのに服が邪魔ようだ)

 随分なおもてなしに、
 「やめろこいつッ」とバタバタしはじめたか否か‥俺はすっかり逃げ出していた。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:46 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

【短歌】お題‘桜 2016’

記稿.2016/04/08

|君を待つ春の鳥居に背もたせかけ 共に踏みたし花参道

|花笑う 君来たりて手をつなぐ てふてふゆかし鳥居をくぐる

|ゆらゆらと花の浮きたる手水舎(てみずや)と見上げてひらひら境内の春

|手を合わせ並んで挨拶サクラ二輪 のどけき春をありがとう



稚草

 花咲く鳥居の前で待ち合わせという設定を考えたのだが
 ‥マンガでもあまりお見かけしないという事実に、驚愕してしまったのだがどうだろうか。

 ということで

 参考になるものがインプットされて居らず(もち経験のよすがもにゃー)
 どう詠めば良いのかにかなり悩んじまったにゃー。
 しかも俺、参拝しても手を合わせないーにゃ。(陰始が地球から追い出されるまで控えておくにゃ)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:01 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【短歌】お題‘眼帯少女’

記稿.2016/04/08

|眼帯の少女に萌えする中二病 心ゆくまで開眼せよ

|実際に眼帯されても萌えやしまい却下だそこの中二病

|あくまで眼帯せずも無表情の振り向いてにこり期待萌え

|見るからに眼帯だけの無理キャラに萌え要素の一点も無し
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:33 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする

【妄想】川内原発差し止め認めずの裏

記稿.2016/04/08

> 予言サイトを確認したら


 西日本大震災というのが出回っているようだ。
 その符合なのか、こないだNHKの特集で
 西日本の断層が従来考えられていた単純なプレート枚数ではなく
 もう少し複雑に入り組んでいるという予想をしていた。

 つまり

 西日本のどこで歪みが発生してもおかしくないと言わんばかりだ。
 ‥で、西日本には稼働中の原発がある。それが川内原発だ(鹿児島)
 (長浜原発は、こないだ差し止められた:福井)


> なにが言いたいのか分かるよね(確実にまた狙われているとして警戒すべき状況)


 でも、人工地震とはいえ、核兵器の威力を合わせないと東日本大震災程にはならない。
 そういう判断もされるだろう。でも、同じ手としての海底掘削船「ちきゅう号」はありえない。
 あまりにも露骨にバレバレすぎてしまうからだ。
 (前回のそれにしたって、地震計の偽装が必要だったからそうしたまでだろう)


 「じゃ、今回なら、どんな手が想定されるのだろうか?」

 まぁそれが、北朝鮮からの核ミサイルという符合。こいつを目隠しに責任押し付けて
 実は寿命の来た米原潜(?)でも派遣しておいて、そこから、核をつんだ魚雷を海底に放てば
 破壊的な津波を起こすのなんて訳ないんじゃないのかな‥
 それこそ、何発でもぶち込んできそうである。(東日本大震災で三発程度)

 (まぁ乗船したい奴も居ないだろうから、リモートというのも想定されるだろう)
 (そっちの方が楽。海底沈着にへばりついてドンと船体もろともって感じだろうか)
 (さて、問題です、原子力空母の破棄の仕方はどうなってるでしょうか?海中投棄?北極圏氷溶?)


> いやぁ、こう考えるとほんとタイミング狙ってそうだよね。


 そして、日本は、報復的対抗手段に出るという展開に持ち込まれそうである‥
 ‥安倍政権のしている足取りの先にはそんな絵図があるのかもしれない。
 ‥まぁ、当人らにしても、まだ何も聞かされてそうになさそうだけどな。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:22 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする

【二次創作】のんのんびより 17 夏休み来たりの巻

↓3)改稿.2016/05/10...20160407...

 一学期が終わった。夏休みが始まろうとしていた。
 旭丘分校恒例行事、終業式後の西瓜タイム(学級菜園産)を味わいながら
 凸激は、その味を噛みしめるほどに沸々とした思いをめぐらせていた。


 田植えといい、学級菜園といい、農家の育ちだからと言うだけでなく
 担任、宮内一穂はそんな時だけ、生き生きと目を開けていた。

 どう考えたって‥普通は逆だろうと思う所だ。(先生の方が本職なのだから)
 凸激からしてみると、それが却って、とても新鮮だった。

 凸激にとって、その時間だけが宮内先生をまともに先生として眺めることのできる時間だった。
 だからだろうか、農業への関心をそれなりに思い抱き始めていた。


 ‥しかし

 学級菜園を拡張して思う存分に試してやろうと考えを巡らせても
 バスの時間の少なさは最たる悩みの種の一つだった。
 そして、中1の勉強と小5の宿題を合わせてやる事自体が、とにかくしんどいのだった。
 ‥凸激は、とりあえず、宿題だけでもチャラにならないものかと‥種を飛ばしていた。


|西瓜食らい、真夏にとつげきこの川辺、乗り越え立つぞ志してー!!!


 凸激はおもむろに立ち上がり、川に向かって大きな声でそう詠み干すと、
 手にしていた残りを一気に囓囓して
 食い切った西瓜の皮を高々に放り投げた。西瓜の皮は、ポチャンと川に落ちた。

 ‥その裸足を伸ばしていたくせに、川に飛び出すでもなし
 勢いだけは豪快な凸激の詠唱に、一穂も蛍もれんげも不思議にこう思った。


 「なにをそんなにお頑張りになさいますのん‥???」


 凸激のそんな背中立ちを女子三人が見ている中、凸激が振り返った。

 「(ごっくん)おかわり、くださーい」

 どうにも、それ程に格好を付けているわけでもなく、
 歌だけが無駄に勢いがあるというだけで、中身はやっぱり普通の小五の少年だった。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:56 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

【妄想】蚊を相手にガンダム装備をミクロで考えてみた

記稿.2016/04/06

 春の外を歩いていたら、蚊が何匹となく、まとまって飛んでいた。

 そんな蚊共を今やレーザービームで撃ち落とすことができる。
 翅をレーザー熱で燃やして落とすのだ。(小出力)


> そこでこう思った


 何らかの事情で薬剤散布ができない場合、
 対蚊用のレーザー道具を身体に装備、AIで自動ロックオン、レーザーで撃ち落とす。
 (程度‥手動で、狙い撃つ方向を指示することも可能)

 ‥仮に、蚊のレベルで実用できないとなると、ガンダム装備なんぞ夢のまた夢。

 「まず、そのレベルで背負えるのか?」
 「砲門はどれぐらい装備できるのか?」
 「どうせならビット装備さながらに、ドローンと連携‥」
 「何時間稼働できるのか?」


> いやいや、蚊の翅を焼けるのなら、対人兵器として見た場合


 瞬間且つ極小的に火傷を負わせて、銃を扱えなくしてしまうという狙いも想定できる。
 親指周りとか、首筋周りとか、耳周りとか‥割りと防御が手薄で集中力を削ぐような箇所。
 ‥で、アチッチと悶えているところを逮捕すると。

 シカやイノシシ相手でも好い感じかも‥発砲音がしないから、周囲の鳥獣にも警戒を与えない。
 ‥まぁこの場合は、威嚇と追い払いという事になる。獣には足元狙ってやれば十分かと。


 ガンダム発想でなくても、それとなく日常活用でイケるかも知れない。
 ‥非常時には、それこそ、その手のシステムを大型化して用いる上での基礎技術という次第だ。


> もう一度繰り返すが


 ‥身体装備のレベルで実用できないなら、ガンダム装備なんぞ夢のまた夢。

 この辺の思考が、俺が、歌人・俳人との違いなんだと思うぞ。

 詩人が妄想こいてても気にならない。思想家と言うことでも内容の解釈次第だ。
 でも歌人・俳人と言うことになると退いちゃうんだろうな。ゆえに詩人。そんな感じ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:43 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする