2016年10月25日

【刮目】ベーシックインカム×ふるさと納税Ver.2

↓2)記稿.2016/10/25

 ビットコインによるベーシックインカムのアイデアを先に出したが
 その試掘管理を地方行政の財源にするという案を含めたが  → 前記事


> ツッコんだことを言えば、


 そのビットコインの在り方は、現在日本の銀行が組んで進められているそれの改良版という事になる。
 ‥明らかに違うのは、年を追う毎に、古いコインが枯れるという仕組みだ。

 コインには電子的に発行年月日が刻印されることになり、古い刻印から順次減額される。
 記録する容量にも限りがあるから、どうしたって、三年も経てば0になる勢いになるだろう。
 (一年目は通常、二年目は半分に減損、三年目以降は0になる)

 もう少し長くても良いと思うなら、月単位ではなく、年度単位で扱った方が無難になる。
 (ここの扱いは、管理上の簡素を優先しておくにこしたことはない)
 そうしないと、現金への転換も進まないし、売上を銀行に預けずに据え置くという事にもなる。
 (国庫&銀行としては、取りっぱぐれることになりかねないので、選択の余地はまぁないかと)

 ※ 年度で句切るなら、貨幣に年度が刻まれているのを思い浮かべるだけで良い。
 何年か前のコインを持っていれば、それが100円→50円→0円と言った具合に減損する感じだ。
 月単位で配ると、そこに年度と月が刻まれる感じで、まぁ何かと扱いづらいだけかなと。


> ビットコインの「試掘」という発想だから、自然発生的に資金が湧くということだが‥


 考えずともベーシックインカムなんだから、湧くのが当然だ。
 でも、ビットコインだって換金して入金してるんだからこれは同じことである。

 ‥どこが「試掘」として違うかというと

 通常の試掘は、ビットコインで付加されるが
 ここでは、ビットコインである必要がない、つまり、そのまま現金転換される。
 ただし、利用述べ総額というのが肝心だ。
 ‥番付付けて、10位まではボーナス付いて、それ以下は同額とした程度の案で良いと思う。
 (もちろん、公開が前提だ)


 あと、絡んでくるのが


 システムの使用料という事になる。
 この使用料は、当然の形としては、地方行政が払う。(つまりは税金絡み)
 ただし、法律に従えば50年間程度の期間の支払いだ。(まさかのTPP通過でも70年)
 ‥どう考えてもその範疇だろう。


> では、次にもう一つの要についてである。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:51 | Comment(0) | 刮目/2016 | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

【俳句】金とく「南アルプス3000m峰を縦走」から詠む‥十九射

向宜詠吟.2016/10/24

|椹島(さわらじま)まずはここから夏一歩

|ダケカンバ 皮を剥がして恋の文
|シラビソの樹液に香る蜜柑の皮かな

|この敵は歩荷返しぞ汗の坂
|苔や苔 赤石小屋へ道案内

|四十分、振り向けば明けの雲海 奥に富士

|北沢のお花畑の冷っこ水
|憩い斜面小幅の流れ石清水

|霧来たり見れば雷鳥なごむ坂
|踏み立てば赤石岳の霧の中

|雷雨あり十時にはガスる赤石岳避難小屋

|雷鳥や雨のアルプス霧に立つ

|四時までのトンカツ定食 百日洞(ひゃっけんぼら)山の家

|夏暁を二時間越えて名三峰景(赤石岳ー富士山ー聖岳)
|夏斜面 中盛丸岳V字の絶景
|夏空や嶺々迫らむ小兎岳(こうさぎだけ)
|万緑に太古の海の兎岳
|赤石に眠る記憶やプランクトン
|聖岳 天に届かむ雲の峰



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



語稚草

 歩荷【ぼうか】‥主に山小屋間の荷担ぎを指す。単に荷を背負って山を往く意でも使われる。
 冷っこ水【ひゃっこみず】‥「ひゃっこい」は冷たいの方言。(ここでは縮めて詠んでみた)
 夏暁【なつあけ】‥夏の明け方。まだ薄暗く朝の来ない時間帯を暁(あかつき)とも。
↓/稚草を読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:04 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【刮目】ビットコインが復活を繰り返す辻褄から導くベーシックインカムへの道

↓1)記稿.2016/10/24

> 考えてみれば当然なのだが


 ビットコインを扱う端末には試掘と定義された報酬が発生する。
 試掘に参加している端末を維持するにしても経費削減は欠かせない。
 それでなくても、ビットコインのままでは、買い物に不自由が絡むのが現在の状況だろう。

 つまり、換金する必要が伴う。

 どこの誰が試掘をしているのかは伏せられている。
 そこの匿名性がビットコインの怪しさでもある。
 ‥確認できるのは、登録サイトの状況までなのだろう。(詳しくは全く知らない)


> 試掘を免許制度にすれば、ある程度の暴落は予想可能になるだろう。


 (試掘登録側が引き下ろす時に、公開する仕組み案)

 しかしそれにしたって、換金する用が伴えば、暴落するのが筋だ。
 何のために試掘をしているかと言えば、稼ぐためだ。
 自分たちのビットコインが暴落しては話にならない。
 どこの誰かが試掘したカネを引き出すのか解っていれば、逆に入れれば好い。
 その需要が釣り合えば、それほどに変動させずに済む。

 しかし、稼ぐのが目的なら

 黙っていた方が、リターンも大きくなるはずだ。試掘屋ならそう考えるだろう。
 (買い戻すなら、安いままの方が好いに決まっている)
 そして、試掘こそが稼ぎになるし、そこが商売なら、運営を止めるはずも無い。
 (換金による入金で、試掘の幅が狭まるなら、出金して減らして試掘の幅を広げてやれば良い)


> 現金市場の方が大きいのだから、何だかんだと換金為ざる得ないのも流れで
> 実績のある方が良いのも当然の理解になる。


 つまり、試掘マシンの入れ替えを考えるような状況になると
 総じて、同じ発想から、暴落する可能性がある。
 ‥とまぁ、試掘屋の皮算用と心理を勘定して見れば、改善点も見えてくるわけだが

 それにしたって、法律であれこれと保障整備を掲げれば掲げるほどに

 通貨の定義が揺さぶられることになるし、換金する用が無くなれば無くなるほどに
 試掘屋としてのこっそりした皮算用も薄くなるわけで、どっちも共倒れという話になる。
 ‥つまりは、通貨を取り戻せなんて言っても、そこの根っこは変わらないという話。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:35 | Comment(0) | 刮目/2016 | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

【勝手句帳】029 28-10-18 静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2016/10/23

|月光を浴びつつワインゆるり飲む   富士宮市・早蕨句会


 ‥まま気持ち良さげの所申し訳ないのですが
 どうしたって、独りの楽しみという空気がどうしても漂うのです。

 もう一度繰り返します。

 ‥独りの楽しみという空気感がどうしようもなく物足りないのです。(且つ句またがり調だし)


|月下説くもてなす香り湯気求む
|紅茶かぐ おかわり新た月光や
|湯気渋り沫飛ぶおかわり月に雲
|豆を挽くもてなす薫り月新た


 「どうですか?、月夜の紅茶もなかなかでしょ」
 「ああ、そうだな。わるくない。もう一杯くれないか?」
 「う〜ん、良い香りだ。結構なお手前だ。
  ‥でもやっぱり、おれはコーヒー派だな。コーヒーも飲みたいな‥」
 「何言ってるんですか、自分で入れて下さいな。私は月を見たくて誘ったんですからね」
 「じゃ、久しぶりに自分で入れるか、飲むだろう?」
 「もちろんいただきますよ」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:52 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする

【自由句】昭和の子どもたちから詠む‥十射

向宜詠吟.2016/10/23

|風呂敷をマントに勇むガキ大将
|また泣いたそないなけんか笑えばええ
|青空を股からのぞく笑顔かな
|「貸したげない‥」友達べそでもあたいの人形
|連れションや なかよく放銃秋の川
|たらい風呂はしゃぐ順番まだかいなぁ
|紙芝居おっちゃん頼みや話の続き
|かばん持ち‥ジャンケン負けたまた負けた
|とっくみあい☆女子におされてなるものかッ
|「あかんべー」こっそりする奴のサインかな


> うた詠み終わります、ありがとうございました。



稚草

 新聞の広告に「なんだこれは?」と画像欲しさにググってみたところ

 石井美千子人形展で画像検索

 でるわでるわ昭和の光景(二十年代後半〜三十年代半ば)、思わずブレイクwww!!!
 ‥平成とは明らかに違うノリが在る。

 それにしても、人形だけに丸いな。
 (実像は、もっとガリガリだったりしていたはず)


> こうして振り返ってみると、ガキ大将(わんぱく)っていわゆる中二病ってことですな。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:18 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

【勝手句帳】028 28-10-15 静岡新聞掲載分から

↓3)向宜詠吟.2016/10/22

|竹林の風さやさやとほととぎす鳴き渡る声頭上に降り来   焼津市・さつき短歌会

|竹林に鳴き渡る風ほととぎす 佇まふ青かげさやさやと



> ‥よく詠めています。大した詠みです。


 ほととぎすの鳴き声を主役にして、概ね竹林の外からの光景が見えてきます。
 ‥しかしながら、詠み手がどの位置から句作したのかは曖昧です。

 竹林が道沿いの上にあるのかも知れませんし、
 丁度、竹林の入り口に差し掛かって、ほととぎすの鳴き声が涼しげに聞こえ来たのかも知れません。
 ‥どうせなら、竹林の小径を歩いている情景を以て、堪能したいのです。(暑いんですから)


 それこそ、ほととぎすの鳴き声に誘われたからとしてもおかしくありません。




|道添ひに連なり咲けるたんぽぽの風にほどけて旅立つ冠毛    静岡市・城東短歌会

|たんぽぽや連なりほどけ風になる 見送りてもう青空何処



 「道沿い」が「道添い」なっとります。(文字化けですか?)
 短歌の場合、どっちでもいい所もありますが、
 ‥どちらがより妥当かは「たんぽぽ」に聞いてみるよりほかありません。

 とはいえ

 たんぽぽが道に寄り添ったように擬人化されてるだけに、
 それは同時に、道の方もまた擬人化の扱いになってしまってもいるんですよね。
 ‥それはそれでどうかという話です。(やり過ぎかと思います)


> あと気になったのが「冠毛【かんもう】」です。


 先に「たんぽぽ」と提示があるのだから「種」でも十分に通じます。
 ‥流れとしても、お堅い音読みでくくっては、せっかくの訓読み調子が台無しです。
 (ここで二音浮きます。)

 さらにツッコみますと「咲ける」です。
 ‥咲くの活用は、「咲かる、咲きける‥」ですので
 活用がそもそも変です。ここは「咲くる」です。

 又、たんぽぽの花部が一様にまっ白とは限りませんが、種の状態を「咲いている」とは考え所です。
 前に「連なる」と表していますからそれで十分です。複合動詞にする必要は必ずしもございません。
 (併せて五音浮くわけです。)

|道沿いに連なるたんぽぽの風にほどけて旅立つ種ら

 まぁこれだけでも一行詩としては、まずまず整ってます。
 ‥短歌としてここから先を埋めるには、詠み手自身の気持ちを乗せなければ届かないのです。
 ‥自身がその光景を見てどう思ったかです。あらすじだけでは句作は完成致しません。

 尤も

 ベタにこう思いましたと言い切る必要もありませんから
 いつの間にやら、言葉に、ちぐはぐが付いて回ってドツボに嵌まることになるわけです。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:17 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

【刮目】門商分離から門民一如へ

向宜詠吟.2016/10/21

|門前のにぎはひ遙か夏通り

|本然の先たる護神欠き「門商分離」と変わり誤信かな

|門商の分離に果てつ夏通り
|涼閑や仲見世あるく先見えて
|客来ずとせめてもの蝉 アーケード
|町おこし門民一如ぞ天高し


> うた詠み終わります、ありがとうございました。



語稚草

 涼閑【りょうかん】‥涼しげにも静かにある様。
          ‥転じて、人気がまばらで用意されてある日陰が広々としている様。


 門商分離【もんしょうぶんり】
 ‥門とは流儀を同じくする集まりを指し、商はそのままに生業の集まりを指す。
 そもそも昔からの商いには、門←→商←→民の流れを基本にして来た。
 つまり、門とは、豪族だったり宗教だったり土着した勢力または一族を指す。
 十分な保護がなければ商いは成り立たず、商いがなければ民の暮らしも見通しが立たなかった。
 自然とその門を根城に町並みが整えられ、門に通じるように通りが結ばれていた。
 門にあやかるように、通りが繋げられて形作られていたのである。

 ‥そこが分離してしまった状態を「門商分離」と呼ぶ。


> これに対して


 門民一如【もんみんいちにょ】
 ‥門も民も平に暮らしの生業を兼ねるという意味であり
 門商だった流通の主導を、門民にして出直す意向を指す。
 一如であるのだから、どちらが上座でどちらが下座とする概念がそもそもに薄い。
 (※言葉の都合上、差があるように見えるが、商いが無いわけでもない)
 
 また、そこにあるべき「門」とは、精神の拠り所(柱)のことである。(イデオロギーとも言う)
↓/稚草を読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:45 | Comment(0) | 刮目/2016 | 更新情報をチェックする

【俳句】お題'夜の芒'‥十射+1

向宜詠吟.2016/10/21

|雲厚く地味に立つのみ闇芒
|束の間の闇芒だと食いしばり
|濡芒ふりこみ消ゆる大三元
|濡芒 風なし月なし見栄えなし
|濡芒‥先月赤字‥今月も??
|闇芒 役満とおくリーチのみ
|闇芒にこにこ並ぶ七対子
|芒栄えリーチ一発ツモいま親番
|月照るや闇芒さらば風噴きつ

|松虫の槓槓鳴いてドラドラドラ

|清算を済ましゼロサムまあ芒


> うた詠み終わります、ありがとうございました。



語稚草

 闇芒【やみすすき】‥夕方と打って変わって、月が出ていても冴えないのが芒の意。
 濡芒【ぬれすすき】‥闇芒でさえ冴えないのに、雨に打たれてはさらに見どころなし芒の意。
 芒栄え【すすきばえ】‥芒が夕日に映えて盛っている様。
 まあ芒【まぁすすき】‥華々しさはなくも月夜には欠かせない手堅い役回り、転じてそのような様。
↓/稚草を読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:58 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【俳句】お題'○刈田'‥十二射

向宜詠吟.2016/10/21

|いつの間にわさわさ消えて夕刈田
|夕刈田すっきりわかる端と端
|香刈田また一年振り返るどまんなか
|鎮まりやしみじみ日落ち闇刈田

|地元とてつながり疎き闇刈田
|その先は買ひ食ふばかり闇刈田
|楽をしてコンビニ往くみち闇刈田
|闇刈田ここに欲しいぜマイホーム

|振り向けば足音迫る濡刈田
|濡刈田また一年やどまんなか
|濡刈田先の見えてもまだ見えず
|濡刈田おれの代までこの夜空


> うた詠み終わります、ありがとうございました。



語稚草

 夕刈田【ゆうかりた】‥夕日に映える稲刈りし田
 香刈田【こうかりた】‥稲刈りしあとの立ちこめる香り漂う田
 闇刈田【やみかりた】‥夜の刈田。とくに刈り入れ後の晴れの続く間の夜を指す。
 濡刈田【ぬれかりた】‥刈り入れ後、始めて降る雨の刈田の様。
↓/稚草を読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:13 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

【勝手句帳】027 28-10-14 静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2016/10/20

|国宝を池に映して秋澄めり      静岡市「宇宙」みなみ句会

|青に浮く金閣二つ秋高し
|まぼろしや奥まる銀閣 月の声


 「国宝を池に映して」の国宝とはなんぞや?

 はじめ‥「城」が思い浮かんだのですが、よくよく考えたら‥金閣銀閣あたりでしょうか‥

 金閣寺(鹿苑寺)の池を「鏡湖池(きょうこち)」
 銀閣寺(慈照寺)の池を「錦鏡池(きんきょうち)」‥とそれぞれ呼ぶそうです。


|城囲ふ堀にはゆ澄む天高し


 ‥大坂城完成当時の秀吉の心境はまさにこんな感じだったかと思われます。




|炎昼の地を叩きたる雨激し      沼津市・裸子駿河句会

|ゲリラ照り瀑雨ぶっかけさらに照る


 ※ 瀑雨【ばくう】‥瀑布に引っかけたドカ雨の表現。滝壺の飛沫のように激しく降る雨。
   ゲリラ照り‥殺人的に猛烈な暑さの真夏日。

 勢いに乗った詠みっぷりが良いと言えば好いのですが、
 「炎昼」と「雨」の係わりとしての「炎昼」がどこにもありません。
 
 雨のままに終わっては、なにが「炎昼」なのかがまったく情報として乗って来ないのです。
 「炎昼」を詠まんとしているのか、「雨の激しさ」を詠まんとしているのかが問われる次第です。


> どんなに元気よく詠もうとも、季語の意が置いてきぼりでは俳句としては戴けません
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:49 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする