2016年10月07日

【つけたし短歌】あの俳句を短歌にリスペクト2‥10射

向宜詠吟.2016/10/07

|雀の子そこのけそこのけお馬が通る     小林一茶

|雀の子そこのけそこのけお馬が通る 別れるつらきであわぬように




|あらたふと青葉わか葉の日のひかり     松尾芭蕉

|あらたふと青葉わか葉の日のひかり 太平見下ろす東照宮




|夏草や兵どもが夢の跡           松尾芭蕉

|夏草や兵どもが夢の跡 浄土をもとめし平泉


 ※兵(つわもの)


|五月雨をあつめて早し最上川        松尾芭蕉

|五月雨をあつめて早し最上川 ...日和を待たず...いざ川下り
|五月雨をあつめて早し最上川 日取りを待てずいざ川下り  (2017/04/25)


 ‥李白の川下り気分を味合わんとしたのだろうか?
 芭蕉も結構やんちゃなんだなと思った。(やんちゃと云うより無鉄砲)




|荒海や佐渡によこたふ天河         松尾芭蕉

|荒海や佐渡によこたふ天河 この先無明およばずの浪


 ‥なかなか難しいので、五月雨の句に引っかけてみた。
 最上川では、五月雨の中を川下りしたのに、佐渡には渡らなかった。
 芭蕉もさすがに肝を冷やしていたのだろうかと思わざるを得ない。
 まぁ川下りは終点がハッキリしてるが、海はさすがにどこに流されるかなんて分からないからね。

 李白の真似はしてみたくとも、無理に鑑真までにはなりたくないと。
 ‥視力を欠いては詠めないからね。




|旅に病んで夢は枯野をかけ廻る       松尾芭蕉

|旅に病んで夢は枯野をかけ廻る 生きたし行きたし風にならむ


 ※廻る(めぐる)

 死ぬ間際まで句作に励んでいたそうで、これはなにも辞世の句ではないと解釈されているが
 ‥こんな感じに詠み閉じて往生したとしたら、はまりすぎとしか思わざるを得ない。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:56 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

【つけたし短歌】あの俳句を短歌にリスペクト‥6射

向宜詠吟.2016/10/06

> 未だかつて誰もやらなかったトンデモをぶちまける‥
> いかにして名句の空気を損ねずに短歌に仕立てるか
> これができるのも当時の句が空想になくリアルだったからである。お間違いなく。


|古池や蛙飛びこむ水の音     松尾芭蕉

|古池や蛙飛びこむ水の音 しとしと雨間の江戸暮らし


 雨間【あまま】:雨がやんでいるあいだ。雨の晴れ間。あまあい。
 しとしと雨間:雨が降ってるような降ってないような春先の雨ゆき。




|閑さや岩にしみ入る蝉の声     松尾芭蕉

|閑さや岩にしみ入る蝉の声 山やま山そら立石寺


 ※立石寺(りっしゃくじ)

 今でこそ客観的に、「山やま山そら」なんて言えるのだろうが、
 当時の芭蕉がそれを詠んだとしたら、炎上に近い叱咤を立石寺から突きつけられたかも知れないな。




|我ときて遊べや親のない雀    小林一茶

|我ときて遊べや親のない雀 いまも変わらずひとり青空




|菜の花や月は東に日は西に    与謝蕪村

|菜の花や月は東に日は西に 行灯ちらほら摩耶の景




|柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺   正岡子規

|柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 ちゃみせで見上ぐ夕にとけ




|降る雪や明治は遠くなりにけり  中村草田男

|降る雪や明治は遠くなりにけり マントゆくゆく母校の前を


 ‥何かといわくのあるというこの句
 本人が、実際に郷里に帰った時に詠まれたものにあるのかすら怪しい気もするが
 現代風に置き直すと次になる。


|若草や昭和の遠くなりにけり ブレザー光る母校の前を


> つまり、里帰りして其を目にした中村草田男の胸中に去来した思いとは


 (昭和一桁)都会じゃ見慣れているはずの学生マントが、
 愛媛の田舎の母校の児童も普通に着こなしている‥思わずこう思ったのだった。
 「なんだ‥そうだよな‥そうなるよな‥俺もあれ着て通いたかったぜ‥」

 まぁ、そういう句だったことになるのかなと。



> うた詠み終わります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:45 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

【命題】一億総頑張っても、20人中1人の未来は相殺されている

記稿.2016/10/05

> 日本の実労働人口はどうして5000万規模なのか?


 ※ 2015年統計で、5646万人。
 (5000万人というと勘違いに思われる所だが‥なんか少ねぇと思ったのが思考のきっかけ)

 日本の人口がほぼ横ばいであることから
 その労働人口の変動は、ほぼ景気に左右されるものと思い込んでいる。
 それは本当に正しい認識なのだろうか?


 出生率が2を下回る状況の中、若い一年齢世代あたりの人口はほぼ100万人規模。
 (統計を見ると0〜19歳はおおよそ2200万人)
 つまり属に言う主婦の人口比は110万×20÷2を上回ることはない。
 それでいて、専業という立場ともなるとその半分を上回ることはない。
 つまり、完全専業主婦はどんなに多く見積もっても550万人程度だ。

 では超高齢層はどうだろうか?

 現在、65歳以上で3459万人程度だという。

 大ざっぱに2200万人の未成年+完全専業主婦+超高齢者数=6200万人
 つまり、想定される国内労働人口は6300万人だ。

 (政府統計は15歳からの計算、ここでは20歳〜65歳の間)
 (政府統計は、専業主婦も含有されているが、概ね数値としては一致している)
 (高卒就業者の足し分等を考えると、少し跳ね上がるのは当然)
 (リーマンショック後の高卒者採用見送り推移を見るに、統計にほぼ表れているように思う)


> この見方は、概ね10年前程度からの適応が可能かと思われる。
> さて、実労働人口との差をどう考えるべきだろうか?


 ‥ここで、実労働人口を5650万人として実換算してみても
 650万人が無職または失業中との見方は依然避けられない。

 ※ 2007年近辺の好景気の頃の労働人口は6000万人を超えていた覚えがある。
 (ちなみに、海外からの就労者数は現在90万人程度。当時と比べると10〜20万人減程度)


> 少なくとも、単純に、のこり650万人の半分は景気を問わず消えてる内訳と問わざるを得ない。
> 少なくともかような産業構造として推移しており、失われた20年の間同様だったと考えて良い。
> つまり、その間の政治努力など皆無だったと判断されるべき内容だ。


 ‥では、政治は何をしていたのだろうか?
 少なくとも、それら手掛けられてきた諸々は、足踏み維持程度の提案にしかなかったかと思われる。
 足踏み程度にしかないなら‥格差寄りに傾くのが流れになる。

 そして現在、金融劇場は世界規模で打つ手なしに置かれている。

 リーマンショックの衝撃は、昭和のバブル崩壊より破壊力が凄まじかったのだから
 ‥世界統計上から消えてる内訳は、相当な数と問わざるを得ない。


> 単純にリーマン当時の好景気でも325万人が失業中と考えてみよう。


 325万÷6300万人×100=5.158730%
 ずばり、20人中1人の未来は相殺されている計算になる。(正しくはそれに近い)

 言わずとも、現状の横ばい不景気ならその倍だ。
 ずばり、10人中1人の未来は相殺されている計算になる。
 ‥ただし自己責任33%、社会責任33%、政治責任33%、運1%‥とした思い込みは付くけどね。


 (大ざっぱすぎる計算に思われる方は、ご自分で詳しく数値を拾ってみて下さい)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:36 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

【詩】私に生きるか?可能性に生きるか?&一首

向宜詠吟.2016/10/05

可能性が生きているだけで、とくに私など存在し得ない
可能性を動かそうとしなければ可能性など無いも同然
私には可能性に参加する権利がある。しかし、私は可能性そのものに同化したいわけではない
誰もが可能性に満足なら‥必要以上の意図も起こらず、可能性もまた無理に動かされることもない
可能性が大きく変動する時、どうしたって私を示す必要がある
私から可能性に参加する権利が奪われることは、私どころか故郷を失うようなものだ
可能性は誰の物にもならず、等しくあろうとするだろう。しかし、奪われる可能性を秘める
私が可能性を意のままに操りたいと思ったなら、それは他の可能性を奪うに等しき選択だ
可能性を管理しているのは誰かと言うことになるが、可能性は誰かに留まることなど無い
可能性は親であり、人の好奇心は子のようなものだ。甘えるにしても時間も順番も勝手にはならぬ
可能性が生きているとは、病気・トラブル・喧嘩があれば付きっきりにならざるを得ず、休息もあろう


|私とは他人の振りの能面の可能性浴こそ真の顔


> うた詠みおわります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:42 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

【勝手句帳】023 28-10-1 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2016/10/04

|この風はむくげの花にふれもせずもの憂げ顔でゆく夏の風    吉田町・玉ゆら短歌会

 ※憂げ(うさげ)

文芸部男子Aは、新学年始まりの春風誘う部室で、おもむろにそう口ずさんだ。
「おう、それって自分が詠んだんかい?」文芸部男子Bが男子Aの歌に反応した。
「いやぁ残念。こないだ家の物置の片付け手伝わされてさ、くるんであった新聞に載ってた奴だ。」男子A

「なんや投句かい。わいはてっきり男子Aがついに脱皮したのかと思ったわ」男子B

「いやぁそこなんだよ。哲学に染まった文学青年な余韻が、実に良いと思ってさ、部室で気分に浸ろうと思ったわけなんだ」男子A
「‥さよか、なら、もういっぺん聴いたるわ。あっちにも聞こえるようにも、声デッカくな。」男子B


|この風はむくげの花にふれもせず ものうさげ顔でゆく夏の風


この日の××高校文芸部の部室の窓際には、女子Aと女子Bが陣取っていた。
ここの文芸部の窓際の席は、その日毎早い者勝ちがお約束だった。

「あれ、今の短歌、男子Aが詠んだの?」女子A
「まぁね、実に文学青年としての僕らしいとは思わないかい」男子A


(なんや‥男子Aカマ掛けてとるんか‥)男子B


「‥ええ?、そうかな。槿なんて時節外れだし、なんか無理矢理な感じが、借りてきた感じ。
 まぁ私としては、仮にお薦めされてもその本読まないけどね。」女子A

「あーあ、せっかく、良い句を見つけたから、部室で哲学と文学の伴った響きに浸ろうと思ったのに
 女子Aの頑なな好みにはお手上げだよ」男子A
「そうだよな、今時、キラキラ青春おいでませ(女子妄想)なんて世界観‥
 どのマンガ・小説めくってみてもどこにもあらへん。どこもかしこも奪い合いの血みどろな話ばっかりや。
 よくて萌えとかゆうて誤魔化しとるような筋書やからな」男子B

「あーヒドい。私のキラキラ青春好みの、なにがダメって言うんですか?」女子A

「あのな、アカンいうとらんわ。文学として表立った形になっとらんからツッコんでるんやで。自分の好みだって言うなら、まずは一句にでもして詠んでみいや。まぁせいぜい、夢とか花とか恋とか綴って行き止まりや。そっから先のないもんを妄想で補って納得しとるんは文学とは言われへん。文学崩れや!」男子B

「ちょっとそこ、静かに」女子B

「へーい、失礼しやした。
 それにしても部長はん、今年は一年入ってくるんかいな?」男子B

「え?、そんなの私に聞かれても困るわよ。まぁ、入ってこなかったら、入ってこなかったらよね。文芸部なんてそんなものと思って諦めるしかないわよ。まぁこうして一学年のメンツで四人もいれば上等なんじゃないかしら」女子B
「かぁ、なんやそれ、去年も確かそのパターンやったで。お陰で後輩得られずや‥」男子B

「なぁ男子B、そんなに後輩が欲しいのか?」男子A
「あったり前や、目の覚めるような文学少女と恋におちるもおちへんも、まずは先輩と後輩や」男子B

「‥ああ、なにそれ!
 私の文学の好みあれこれ馬鹿にしといて、本音では同意なんだぁ、ずるーい」女子A

「なにいっとるん、わいのは実践願望、自分のはただの妄想願望、まるっきりちがうわい」男子B
「そんなにちがってないよ、同じです」女子A
「ちがうわい」男子B
「同じです」女子A

「はいはい、そこまで、静かにね」女子B


> これはいい。お借りするとしよう。(ちなみにトミヱさん♀でした)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:02 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

【勝手句帳】022 28-9-30 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2016/10/03

|露天風呂見上げる星へ深呼吸     静岡市・小鹿川柳同好会(来てこ)

|露天風呂見上げる星深呼吸     指摘1
|露天風呂見上げる星深呼吸     指摘2
|露天風呂見上げる星深呼吸     指摘3

|露天風呂星を見上げて深呼吸     手直し


> これぞ、高校生俳句風の斬新な詠み。もとい勘違い用法である。(年齢などしらん)


 「へ」である意味とはなんだろうか?
 そんな謎探しをしたくなるのも、世代のヒーローが「名探偵コナン」だからだろうか?

 ‥「に」でも「と」でも「を」でも同じように味わえる。

 しかし、ハッキリ言って、どうでもいい。(無駄な余韻)


> ‥「星を見上げて深呼吸」それが整いというものである。


 まぁその辺が譲れないというのなら、
 せいぜい、助詞(女子・女史)に酔いつぶれるしかないでしょうな。




|無人島不便さよりも自由人      静岡市・小鹿川柳同好会(来てこ)

|無人島不便さよりも原始浴



 なにかと「自由」の響きにハマり、それ以外に近しき言葉を探らないのは不自由そのものです。
 そんな輩が、いきなり無人島に行ってみたところで、何が出来るというのでしょうか?

 ‥適性にもよるかと思いますが
 詠みは一発勝負の性格もありますので、できればそんな不自由を抱えたままに挑むのは無謀かと。




|猛暑日が汗のべたつき許さない    静岡市・小鹿川柳同好会(来てこ)

|猛暑日がまとわり憑いてべっとべと



 「許さない」の方向性がどちらに向いているのかが、今ひとつわかりかねてしまいます。
 ‥苛立ちなのか、うなだれなのか、それともうらみ節なのか‥

 「猛暑日」と「汗のべたつき」の組み合わせが、なんともユニークだ。
 ‥どうせなら、もっと攻めるべきであった。(二重季語だし)


> 助詞に酔いつぶれるような詠みとは違い、
> 面白みとしての深みは断然大きかった。(ごちそうさん)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:17 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

【四句劇】お題'甲子園のスタンド(夏)'

向宜詠吟.2016/10/01

◎|サイレンやまずはブラバン夏の風
 |初ヒット メガホン光る4回裏
 |二死満塁 メガホン叩く5回表
◎|円陣へスタンドからの檄団扇
 |ホームラン メガホン盛る7回表
 |一点差 掲ぐメガホン8回裏
◎|甲子園メガホン仰ぐ9回裏
◎|雌雄決すスタンド破絶夏なみだ



>うた詠み終わります、ありがとうございました。



語稚草

 破絶【はぜつ】‥とくに感情などが堪えきれずに崩れ露わになること。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:25 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【命題】速攻わかる平均給与から算出する格差分布

記稿.2016/10/01

 さて、このところの平均給与ですが、450万円程度です。
 計算を簡単に示しやすくするために大ざっぱな数値を使います。
 (実際の所は、もう少し下がり440万円あたりです。年々下がってます。)


 で、経営者給与というのが、税金の絡みもあり、1500万円程度ということです。
 で、中間管理職の給与が600万円程度です。
 で、正社員の目安が300万円で、非正規が頑張って200万円といった次第にしときます。


> では‥割合を次のように試算してみましょう。


 経営者:非正規=1:a → 1500万+200万a=450万(1+a)
 中間管理職:平社員=1:b 600万+300万b=450万(1+b)

 1:1:1:4.2
 
 1あたり100÷7.2=13.88888%


> つまり、非正規人口は、労働人口全体の58.333%という次第になります。


 ヒエラルキーの構造を簡単に給与平均から導き出すとこんな具合です。


 「え?、何ですって、非正規統計はもっと少ない??」


 そりゃあーた、上の割合が実際には、
 経営者なんだけど中間管理職程度の給与でしかないとか、
 中間管理職だけどほとんどなんちゃってで、平社員並でしかないなどの色々なケースがあるからです。
 ‥あと上も下もまだまだいろいろと分布してすからね。


 ここで言いたいのは、上層の比率が1:1:1にある点です。


 理論的に、たったそれだけでも、
 ‥全体の6割近くを非正規にならざるを得ないのが競争格差という実体です。


> ‥じゃ、昭和はなぜ格差が小さかったのかって?


 そりゃあーた、下層でも何とかなるように社会構造が成り立ってたからでしょう。
 (中層が下層にスライドしてきたと言った方が的確かと)


> まぁこんな計算で給与が決められているわけではないとは思いますが、
> 給与平均金額と分布の割合の事実は動きませんからね。
> ゆらぎの範囲で成り立つ枠内ですので、誰も反論のしようがないんっすよ!


 これもすべて政治家・経済学者の怠慢なんでしょうな。
 ‥これっぽちの想定すら見逃してきたんですからね。(お目出度いおつむです)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:44 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする