2016年10月03日

【勝手句帳】022 28-9-30 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2016/10/03

|露天風呂見上げる星へ深呼吸     静岡市・小鹿川柳同好会(来てこ)

|露天風呂見上げる星深呼吸     指摘1
|露天風呂見上げる星深呼吸     指摘2
|露天風呂見上げる星深呼吸     指摘3

|露天風呂星を見上げて深呼吸     手直し


> これぞ、高校生俳句風の斬新な詠み。もとい勘違い用法である。(年齢などしらん)


 「へ」である意味とはなんだろうか?
 そんな謎探しをしたくなるのも、世代のヒーローが「名探偵コナン」だからだろうか?

 ‥「に」でも「と」でも「を」でも同じように味わえる。

 しかし、ハッキリ言って、どうでもいい。(無駄な余韻)


> ‥「星を見上げて深呼吸」それが整いというものである。


 まぁその辺が譲れないというのなら、
 せいぜい、助詞(女子・女史)に酔いつぶれるしかないでしょうな。




|無人島不便さよりも自由人      静岡市・小鹿川柳同好会(来てこ)

|無人島不便さよりも原始浴



 なにかと「自由」の響きにハマり、それ以外に近しき言葉を探らないのは不自由そのものです。
 そんな輩が、いきなり無人島に行ってみたところで、何が出来るというのでしょうか?

 ‥適性にもよるかと思いますが
 詠みは一発勝負の性格もありますので、できればそんな不自由を抱えたままに挑むのは無謀かと。




|猛暑日が汗のべたつき許さない    静岡市・小鹿川柳同好会(来てこ)

|猛暑日がまとわり憑いてべっとべと



 「許さない」の方向性がどちらに向いているのかが、今ひとつわかりかねてしまいます。
 ‥苛立ちなのか、うなだれなのか、それともうらみ節なのか‥

 「猛暑日」と「汗のべたつき」の組み合わせが、なんともユニークだ。
 ‥どうせなら、もっと攻めるべきであった。(二重季語だし)


> 助詞に酔いつぶれるような詠みとは違い、
> 面白みとしての深みは断然大きかった。(ごちそうさん)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:17 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする