2016年10月04日

【勝手句帳】023 28-10-1 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2016/10/04

|この風はむくげの花にふれもせずもの憂げ顔でゆく夏の風    吉田町・玉ゆら短歌会

 ※憂げ(うさげ)

文芸部男子Aは、新学年始まりの春風誘う部室で、おもむろにそう口ずさんだ。
「おう、それって自分が詠んだんかい?」文芸部男子Bが男子Aの歌に反応した。
「いやぁ残念。こないだ家の物置の片付け手伝わされてさ、くるんであった新聞に載ってた奴だ。」男子A

「なんや投句かい。わいはてっきり男子Aがついに脱皮したのかと思ったわ」男子B

「いやぁそこなんだよ。哲学に染まった文学青年な余韻が、実に良いと思ってさ、部室で気分に浸ろうと思ったわけなんだ」男子A
「‥さよか、なら、もういっぺん聴いたるわ。あっちにも聞こえるようにも、声デッカくな。」男子B


|この風はむくげの花にふれもせず ものうさげ顔でゆく夏の風


この日の××高校文芸部の部室の窓際には、女子Aと女子Bが陣取っていた。
ここの文芸部の窓際の席は、その日毎早い者勝ちがお約束だった。

「あれ、今の短歌、男子Aが詠んだの?」女子A
「まぁね、実に文学青年としての僕らしいとは思わないかい」男子A


(なんや‥男子Aカマ掛けてとるんか‥)男子B


「‥ええ?、そうかな。槿なんて時節外れだし、なんか無理矢理な感じが、借りてきた感じ。
 まぁ私としては、仮にお薦めされてもその本読まないけどね。」女子A

「あーあ、せっかく、良い句を見つけたから、部室で哲学と文学の伴った響きに浸ろうと思ったのに
 女子Aの頑なな好みにはお手上げだよ」男子A
「そうだよな、今時、キラキラ青春おいでませ(女子妄想)なんて世界観‥
 どのマンガ・小説めくってみてもどこにもあらへん。どこもかしこも奪い合いの血みどろな話ばっかりや。
 よくて萌えとかゆうて誤魔化しとるような筋書やからな」男子B

「あーヒドい。私のキラキラ青春好みの、なにがダメって言うんですか?」女子A

「あのな、アカンいうとらんわ。文学として表立った形になっとらんからツッコんでるんやで。自分の好みだって言うなら、まずは一句にでもして詠んでみいや。まぁせいぜい、夢とか花とか恋とか綴って行き止まりや。そっから先のないもんを妄想で補って納得しとるんは文学とは言われへん。文学崩れや!」男子B

「ちょっとそこ、静かに」女子B

「へーい、失礼しやした。
 それにしても部長はん、今年は一年入ってくるんかいな?」男子B

「え?、そんなの私に聞かれても困るわよ。まぁ、入ってこなかったら、入ってこなかったらよね。文芸部なんてそんなものと思って諦めるしかないわよ。まぁこうして一学年のメンツで四人もいれば上等なんじゃないかしら」女子B
「かぁ、なんやそれ、去年も確かそのパターンやったで。お陰で後輩得られずや‥」男子B

「なぁ男子B、そんなに後輩が欲しいのか?」男子A
「あったり前や、目の覚めるような文学少女と恋におちるもおちへんも、まずは先輩と後輩や」男子B

「‥ああ、なにそれ!
 私の文学の好みあれこれ馬鹿にしといて、本音では同意なんだぁ、ずるーい」女子A

「なにいっとるん、わいのは実践願望、自分のはただの妄想願望、まるっきりちがうわい」男子B
「そんなにちがってないよ、同じです」女子A
「ちがうわい」男子B
「同じです」女子A

「はいはい、そこまで、静かにね」女子B


> これはいい。お借りするとしよう。(ちなみにトミヱさん♀でした)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:02 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする