2016年10月07日

【勝手句帳】024 28-10-4 静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2016/10/07

|よどみたる水をよしなに水馬    静岡市・「宇宙」俳句会本部句会
|よどみたる水を頼みに○○


 ※水馬(あめんぼ)

 「水をよしなに」‥最初とまどった。二日ぐらい呆然だったらしい。

 まずは、「よしな」は違うだろうとしか頭に無かった。その言葉が何だったかもすぐに浮かばない。
 ‥なにかこう、ちょっとしたカルチャーショックに打ちのめされていた。

 どうして「よしな」‥なんて(今じゃすっかり)お嬢様言葉が出てくるの?
 ‥そんなよすががどこにあると‥


 詠みとしては、
 ○○の中には、アメンボでもゲンゴロウでもアマガエルでもお好みで入れ放題だ。
 まぁ‥そんなのは俳句としてはどうでも好い。読み切れていないだけのことだ。

 冷静になってチャンネルが整い出すと、改めてビックリ。
 「水をよしなに」そういう場面ならいくらでもあるじゃないかと‥


|田植え泥 水をよしなに清々し
|青田の水をよしなに生くる諸々
|おらが里 水をよしなに稲垂るる
|稲刈りや水をよしなにけふの笑み(おほほほほほ)


 ‥どうして今まで気がつかなかったんだ。orz
 (ちなみに詠んだのは男子の名前で晃とある‥男かよ。まぁ読み切れていない感じは男だが)




|而して恋の始まる藍浴衣      静岡市・「宇宙」俳句会本部句会
|而して恋の始まる浴衣      手直し


 ※而して(しかして):そうして。そうであるから。

 ‥これがまた、「へっ?」と思わせる攻めだった。(ピントが合うのに二日ほど)

 「藍」と「愛」を掛けてるらしく思えるが、
 藍浴衣のイメージは、今やどうしたって温泉のイメージだ。(花火に出掛ける浴衣のイメージではない)
 そう考えると、恋の始まるというような段階ではないだろうから、
 「藍浴衣」と攻めるのは場違いだと思う。(それで目立つとしても帯だし)

 そこで艶浴衣(あでゆかた)と整えてしまった方が、ぬかりなく通りが好い。


> しかし、このまま見せつけられて‥その程度の手直しで満足なんて出来るわけがない。


|而して勝負パンツと花浴衣


 ‥それにしても、「而して」って、鮮烈すぎるぜ。orz
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:41 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする

【つけたし短歌】あの俳句を短歌にリスペクト2‥10射

向宜詠吟.2016/10/07

|雀の子そこのけそこのけお馬が通る     小林一茶

|雀の子そこのけそこのけお馬が通る 別れるつらきであわぬように




|あらたふと青葉わか葉の日のひかり     松尾芭蕉

|あらたふと青葉わか葉の日のひかり 太平見下ろす東照宮




|夏草や兵どもが夢の跡           松尾芭蕉

|夏草や兵どもが夢の跡 浄土をもとめし平泉


 ※兵(つわもの)


|五月雨をあつめて早し最上川        松尾芭蕉

|五月雨をあつめて早し最上川 ...日和を待たず...いざ川下り
|五月雨をあつめて早し最上川 日取りを待てずいざ川下り  (2017/04/25)


 ‥李白の川下り気分を味合わんとしたのだろうか?
 芭蕉も結構やんちゃなんだなと思った。(やんちゃと云うより無鉄砲)




|荒海や佐渡によこたふ天河         松尾芭蕉

|荒海や佐渡によこたふ天河 この先無明およばずの浪


 ‥なかなか難しいので、五月雨の句に引っかけてみた。
 最上川では、五月雨の中を川下りしたのに、佐渡には渡らなかった。
 芭蕉もさすがに肝を冷やしていたのだろうかと思わざるを得ない。
 まぁ川下りは終点がハッキリしてるが、海はさすがにどこに流されるかなんて分からないからね。

 李白の真似はしてみたくとも、無理に鑑真までにはなりたくないと。
 ‥視力を欠いては詠めないからね。




|旅に病んで夢は枯野をかけ廻る       松尾芭蕉

|旅に病んで夢は枯野をかけ廻る 生きたし行きたし風にならむ


 ※廻る(めぐる)

 死ぬ間際まで句作に励んでいたそうで、これはなにも辞世の句ではないと解釈されているが
 ‥こんな感じに詠み閉じて往生したとしたら、はまりすぎとしか思わざるを得ない。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:56 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする