2016年10月10日

【俳句】ここ最近の無題(2016 8~10)‥六射

向宜詠吟.2016/10/10

|闇淵にゆらり蛍や恋し里
|だんじりや時を駆けぬく辻曲がり
|見上げては月夜待ちたる恋心
|すすき影過ぎたる思い懐かしむ

|紅葉から波紋の落ちて枯山水
|息ほろり奥まる雪の灯火見て



> うた詠み終わります、ありがとうございました。


稚草

> 詠んでからググってみたりすると、思わぬ写真にであったりする。


 紅葉枯山水で画像検索

 ほうほう、見事な枯山水ですな。予想を上回っている風景に
 この一句で秋の旅を満喫した気分になりました。(自分で言ってれば世話ねぇな)

 雪祭り灯火で画像検索

 今時の雪祭りはこんなのやってるんですね。
 ‥出かけずにして詠んでしまうと言う、なんという旅無用。(あ、二つ名に好いかも)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:22 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【四句劇】お題'入院中の病床'

向宜詠吟.2016/10/10

|夜風開け月に生やして咳七つ
|木守りの吐息の如し生やさむと
|誰ぞ喰う‥わしの枕の見舞い柿
|ぽっかりと空きし病床 暮れ独り



> うた詠み終わります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:46 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【四景句】お題'そらと旅'

向宜詠吟.2016/10/10

|遠くまで仰ぐ蒼天 旅と風
|どこまでも昊天追いし旅の道
|ここさ来てスカッと旻天 食の旅
|何事も霜天しのぎ旅つづく



> うた詠み終わります、ありがとうございました。


語稚草

 蒼天【そうてん】‥春の空
 昊天【こうてん】‥夏の空
 旻天【びんてん】‥秋の空
 霜天【そうてん】‥霜のおいた冬の日の空(冬の空)



稚草

 ‥普通に、春空、夏空、秋空、冬空でも置けますが
 そこはお勉強と言うことで整理してみただけでーす。

 漢字というものが、そもそもにして格好良いという意味合いにありますので
 漢文調の方が格好いいと思ったなら、まぁ成功という事に成りますね。

 旅とは、自分に格好つけるような(芯を保った)風合いが宜しく
 女子に見られるような行楽気分(羽を伸ばしただけ)というのとは、何かが違うと言うことです。
 (‥やることはほぼ同じなんですけどね、そこを文学で表現するとやっぱり違うと)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:35 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【四憬句】お題'景(かげ)'

向宜詠吟.2016/10/10

|花景や宴欲しさの人の顔
|鳥景や何を目指すも天高し
|風景やたふる世間に夏将軍
|月景や逃れていずこ街灯り



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



語稚草

・たふる(倒れる)

・景(かげ)は、蔭や影と比べて、対象とする姿全体を始終眺望した風合いになるようです。

 景(かげ)‥戦国の武将には、景(かげ)を用いた名前が多い。
 でも、俳句では一度たりともお目にかかったことが無いなぁと思い立ち
 ‥さっそく導入。(使わない手はない)

・夏将軍‥冬将軍の表現があるのだから夏将軍もあり。そういう状況。(台風を含めるかは不規則)
 (まちがっても三國志にでてくる魏の武将ではありません)


稚草

|蝉景やさすらう世間に夏将軍

 ‥も浮かんだのだが、二重季語だし字余り連発だしということで没。
 ただし、こちらの方が「夏将軍」のインパクトは強い。


 ※ 字余りの考えとして(俳句・川柳の場合)
 五七五のどこか一箇所の一音〜数音余り程度は、さほど気にせずともだが、
 さすがに複数箇所と言うことになると
 どうにか全体で一音余り程度に抑えるべきが心得かなと思うようになりました。
 (‥短歌じゃ自然体でそんな空気だし)

 ということで↓


|余暇さすらう世間と夏将軍


 ‥こちらだと、夏将軍も押し返されそうな空気かなと。


> ちなみに「風景(かざかげ)」とは、何を指せば好いのだろうか?


 上の作では、凪の様を意味しておりますが、今ひとつわかりにくいかと。
 たとえ適度によそいでいたとしても、とても間に合っていない程度の意でもあります。

 ‥まぁそんな感じで、「景」はアバウトにも使えるという次第にもなってきます。

 (さすがに風は使わんでしょうけどね。花鳥風月に並べたかっただけですので‥)


 ↓こちらなんかも、そんな感じに軽く詠み始めることができちゃう形です。


|富士景や初冠雪の薄くなり
|山景や紅葉に来たり人の声
|浪景や台風彼方けふの空

posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:28 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【歌詞】とうちゃんの歌(かあさんの歌)

向宜詠吟.2016/10/10

> もと歌は、「かあさんの歌」になります。
> ‥都合上、中間のサビを省いてリスペクトしています。


一、
父ちゃんに赤紙が来て戦争に行っただよ
白木の箱が届いたよ父ちゃんさいつ帰る

二、
母ちゃんがすすりなく仏壇に父ちゃんの写真
思えばあの時が父ちゃんさ帰郷の日

三、
戦争が終わらずに過労死はやり出す
みちゆく大人の影が昏い平和こそつたふもの



> うた詠み終わります、ありがとうございました。


稚草

|何回も実験放つ資金源なにから得ている北の謎
|何回も実験しての精度では命中率も疑わし
|予期できぬ精度に対応できるのか?敢えて問うならそっちかな
|戦争も台風吹けば短期戦 温暖化の果ての冬季戦
|民間機飛んでる先のミサイルの流れ弾は論じられておらず
|戦争経済もてはやしゃ自ら首を絞めて炎上なり
|戦争で株価が上がればすぐバレる誰ぞ仕込める戦時下株
|「爆弾を造ってるのはあすこです!」表立って歩けぬネットの眼
|応援だから言ってもさ、爆弾に希望を抱けとはいつの時代?
|防衛だから言ってもさ、暮らしもままならぬレベルの政治では



> ‥密やかにやる気満々らしいそうで
> 戦争という前提で韓国を抹殺するらしいそうです


 (火星に逃げ込むための技術的損失にならない為の配慮が、現在ちまちまと進行中かと思われます)

 呪われた国に手を出すと、たぶん‥ミイラ取りがミイラになるかと思われます
 ちゃちゃっと済ませば、あとは中国だけという筋書にはならねぇと思われます
 それこそが、資本整理が終わった後の殺戮劇場のノリという奴かと思われます


 兵器生産拠点には爆弾を落とさないのが相場なので、とくに日本にはひっそりと
 注文偽造の品々の注文が舞い込んでくるかと思われます
 エンジン関係と電子チップは相当な注文を受けることになるかと思われます

 ‥爆弾を造るのに手を貸したつもりは無いのに、どこかでパーツを組み合わせれば完成と‥
 ‥今や日本を抜きに先端兵器の製造などありえまてん。自覚が無いと地球に残れまてんよ‥


 自国防衛関係は堂々とした発注になるだろうが、集団的自衛関係は偽発注の可能性が大かと思われます
 (‥そうだとするとどこで組み立てるんでしょうかね?)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:02 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする