2016年10月18日

【アイデア】コーヒー豆の非冷凍化物質から想定される辻褄

記稿.2016/10/18

> ガイアの夜明け「食の常識を変える!凍らせてナゼうまい」から


 コーヒー粕の再利用から、非冷凍化物質が得られるという。
 これを利用して栽培すると、その野菜は凍らせても細胞が破壊されずに鮮度を保つという代物だ。

 野菜をそのまま凍らせて保存ができるようになるのだ。
 ‥ググってみると、コーヒー豆自体も焙煎後に凍らせてしまった方が鮮度がより長く保てるという。


> では問題だ、どうしてコーヒー豆の産地は南国なのだろうか?
> そればかりではない。喫煙とコーヒーはどうしてセットなのだろうか?


 ‥想定される答えはこうだ。
 コーヒーに含まれる非冷凍化物質は高温気象時に置いて、血液の凝固を阻止するように振る舞う。

 (結果的に、喫煙による血管の萎縮を緩和する働きにもなっていた)
 (その証明であるかのように、コーヒーには血圧を下げる効果が謳われている)


 これはつまり

 コーヒーから非冷凍化物質を取り出して濃縮した飲料水を開発することで
 夏場の高温気象時における血液凝固を緩和させる機能性を持たせることが可能に思われる。
 (カフェインを嫌ってコーヒーを敬遠しがちな人には目から鱗になりそうだ)


> では、身体への影響はどうだろうか?


 コーヒーのように毎日飲む場合と
 暑い日だけの対策に飲む場合では用途が異なる。

 どのぐらいの希釈または濃度が適当かは、まったく以て定かには無い。

 とくに、妊婦への影響はどうだろうか?
 幼児への影響はどうだろうか?


> そこの疑問はあると思う。


 非冷凍化物質だけを集中して飲む事など未だかつてないわけだし、
 それは非冷凍化物質を含む野菜を食べ続けるとどうなるかでもある。

 想定されることは、

 寒い環境での耐性&暑い環境での耐性がそれぞれに高くなるだろうと思われる点だが
 そもそもにして、非冷凍化物質は消化吸収されにくいのか?
 消化吸収されにくいモノを体内に取り入れ続けるリスクはどうなのだろうか?


 とりあえず、コーヒーの成分中に、非冷凍化物質の働きを抑制するような
 振る舞いが確認されなければ、適度に取り入れる分には何ら問題がないだろうという事になると思う。

 (まぁ消化吸収されにくいとなると一番に怪しいのは膀胱炎等の絡みだ)
 (体外排出の辻褄が、どうなってるのかを気にするのは当然の予測)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:39 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】026 28-10-13 静岡新聞掲載分から

↓6)向宜詠吟.2016/10/18

|カラフルな落葉広がる石畳        静岡市・虎渓俳壇
赤黄と秋に鎮まる石畳          手直し


 ‥「カラフルな落葉(おちば)」??、さぁ何のことやら‥抽象の感覚です。
 そもそも、艶やかさを指したる主役は、どうしたって紅葉であって落葉ではありません。
 そこに細かくあろうとすれば、横文字はどうしたって似つかわしくないのです。

 ググってみたらこんな画像が‥
 毘沙門堂


|赤々や落葉畳の石畳
|踏みし今 秋と奥まる石畳
|去りし雨しけり落葉の石畳
|石畳掃かれても尚 秋の声




|湖の底は空なり秋高し          静岡市・虎渓俳壇


 この句を目にして、すぐにPixivで見かけた投稿画を思い出しました。

 26339586_p0_master600.jpg

 ‥先を越された面持ちも束の間‥
 湖面に浮き上がっても、そこにだって秋が在るじゃないかと‥気がつき‥


|湖底から這い出る「ぷはぁ」秋高し
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:21 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする

【アイデア】セルロースナノファイバー×人工蜘蛛の糸×折紙

記稿.2016/10/18

 セルロースナノファイバーとプラスチックの組み合わせは
 リサイクルに課題があるような気がしたので
 人工蜘蛛の糸との組み合わせの方がさらに高度な可能性が見込める気がした。

 セルロースナノファイバーは、木であるだけに堅くなるわけで

 柔軟な性質を持たせるために人工蜘蛛の糸を組み合わせてみたらどうかという視点なのだが
 まぁどうにか、紙のようなしなやかさを持ち、鋼のような強度が得られれば
 折紙してしまえば、なんにでも応用できるだろうと言うのが、ここでの思いつきである。


> 例えば


 マクロなパーツをそれの折紙で作ることで、軽量化ができるだけでなく
 今や、熟練工の存在が不可欠な造船等の人材確保を
 一気に解消できてしまえるのではと‥まぁ思うわけである。

 ‥折紙では、なめらかな曲線とまではなかなかならないだろうが
 紙なだけに外から張るという手もある。
 素材の比率を変えることで、膜のような素材感すら出せるようなら、加工はより柔軟になると思う。

 建築資材の材木も、折紙で折って組み合わせる。
 (三角形構造による折り込み構造が、そのままに地震による揺れを吸収する構図になる気がする)

 人工蜘蛛の糸の量産より、圧倒的にセルロースナノファイバーの方が手軽みたいなので
 人工蜘蛛の糸だけの素材に期待するよりは、組み合わせてしまった方が、効率も良さそうな気がする。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:24 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする