2016年10月20日

【勝手句帳】027 28-10-14 静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2016/10/20

|国宝を池に映して秋澄めり      静岡市「宇宙」みなみ句会

|青に浮く金閣二つ秋高し
|まぼろしや奥まる銀閣 月の声


 「国宝を池に映して」の国宝とはなんぞや?

 はじめ‥「城」が思い浮かんだのですが、よくよく考えたら‥金閣銀閣あたりでしょうか‥

 金閣寺(鹿苑寺)の池を「鏡湖池(きょうこち)」
 銀閣寺(慈照寺)の池を「錦鏡池(きんきょうち)」‥とそれぞれ呼ぶそうです。


|城囲ふ堀にはゆ澄む天高し


 ‥大坂城完成当時の秀吉の心境はまさにこんな感じだったかと思われます。




|炎昼の地を叩きたる雨激し      沼津市・裸子駿河句会

|ゲリラ照り瀑雨ぶっかけさらに照る


 ※ 瀑雨【ばくう】‥瀑布に引っかけたドカ雨の表現。滝壺の飛沫のように激しく降る雨。
   ゲリラ照り‥殺人的に猛烈な暑さの真夏日。

 勢いに乗った詠みっぷりが良いと言えば好いのですが、
 「炎昼」と「雨」の係わりとしての「炎昼」がどこにもありません。
 
 雨のままに終わっては、なにが「炎昼」なのかがまったく情報として乗って来ないのです。
 「炎昼」を詠まんとしているのか、「雨の激しさ」を詠まんとしているのかが問われる次第です。


> どんなに元気よく詠もうとも、季語の意が置いてきぼりでは俳句としては戴けません
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:49 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする