2016年10月22日

【勝手句帳】028 28-10-15 静岡新聞掲載分から

↓3)向宜詠吟.2016/10/22

|竹林の風さやさやとほととぎす鳴き渡る声頭上に降り来   焼津市・さつき短歌会

|竹林に鳴き渡る風ほととぎす 佇まふ青かげさやさやと



> ‥よく詠めています。大した詠みです。


 ほととぎすの鳴き声を主役にして、概ね竹林の外からの光景が見えてきます。
 ‥しかしながら、詠み手がどの位置から句作したのかは曖昧です。

 竹林が道沿いの上にあるのかも知れませんし、
 丁度、竹林の入り口に差し掛かって、ほととぎすの鳴き声が涼しげに聞こえ来たのかも知れません。
 ‥どうせなら、竹林の小径を歩いている情景を以て、堪能したいのです。(暑いんですから)


 それこそ、ほととぎすの鳴き声に誘われたからとしてもおかしくありません。




|道添ひに連なり咲けるたんぽぽの風にほどけて旅立つ冠毛    静岡市・城東短歌会

|たんぽぽや連なりほどけ風になる 見送りてもう青空何処



 「道沿い」が「道添い」なっとります。(文字化けですか?)
 短歌の場合、どっちでもいい所もありますが、
 ‥どちらがより妥当かは「たんぽぽ」に聞いてみるよりほかありません。

 とはいえ

 たんぽぽが道に寄り添ったように擬人化されてるだけに、
 それは同時に、道の方もまた擬人化の扱いになってしまってもいるんですよね。
 ‥それはそれでどうかという話です。(やり過ぎかと思います)


> あと気になったのが「冠毛【かんもう】」です。


 先に「たんぽぽ」と提示があるのだから「種」でも十分に通じます。
 ‥流れとしても、お堅い音読みでくくっては、せっかくの訓読み調子が台無しです。
 (ここで二音浮きます。)

 さらにツッコみますと「咲ける」です。
 ‥咲くの活用は、「咲かる、咲きける‥」ですので
 活用がそもそも変です。ここは「咲くる」です。

 又、たんぽぽの花部が一様にまっ白とは限りませんが、種の状態を「咲いている」とは考え所です。
 前に「連なる」と表していますからそれで十分です。複合動詞にする必要は必ずしもございません。
 (併せて五音浮くわけです。)

|道沿いに連なるたんぽぽの風にほどけて旅立つ種ら

 まぁこれだけでも一行詩としては、まずまず整ってます。
 ‥短歌としてここから先を埋めるには、詠み手自身の気持ちを乗せなければ届かないのです。
 ‥自身がその光景を見てどう思ったかです。あらすじだけでは句作は完成致しません。

 尤も

 ベタにこう思いましたと言い切る必要もありませんから
 いつの間にやら、言葉に、ちぐはぐが付いて回ってドツボに嵌まることになるわけです。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:17 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする