2016年10月23日

【勝手句帳】029 28-10-18 静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2016/10/23

|月光を浴びつつワインゆるり飲む   富士宮市・早蕨句会


 ‥まま気持ち良さげの所申し訳ないのですが
 どうしたって、独りの楽しみという空気がどうしても漂うのです。

 もう一度繰り返します。

 ‥独りの楽しみという空気感がどうしようもなく物足りないのです。(且つ句またがり調だし)


|月下説くもてなす香り湯気求む
|紅茶かぐ おかわり新た月光や
|湯気渋り沫飛ぶおかわり月に雲
|豆を挽くもてなす薫り月新た


 「どうですか?、月夜の紅茶もなかなかでしょ」
 「ああ、そうだな。わるくない。もう一杯くれないか?」
 「う〜ん、良い香りだ。結構なお手前だ。
  ‥でもやっぱり、おれはコーヒー派だな。コーヒーも飲みたいな‥」
 「何言ってるんですか、自分で入れて下さいな。私は月を見たくて誘ったんですからね」
 「じゃ、久しぶりに自分で入れるか、飲むだろう?」
 「もちろんいただきますよ」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:52 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする

【自由句】昭和の子どもたちから詠む‥十射

向宜詠吟.2016/10/23

|風呂敷をマントに勇むガキ大将
|また泣いたそないなけんか笑えばええ
|青空を股からのぞく笑顔かな
|「貸したげない‥」友達べそでもあたいの人形
|連れションや なかよく放銃秋の川
|たらい風呂はしゃぐ順番まだかいなぁ
|紙芝居おっちゃん頼みや話の続き
|かばん持ち‥ジャンケン負けたまた負けた
|とっくみあい☆女子におされてなるものかッ
|「あかんべー」こっそりする奴のサインかな


> うた詠み終わります、ありがとうございました。



稚草

 新聞の広告に「なんだこれは?」と画像欲しさにググってみたところ

 石井美千子人形展で画像検索

 でるわでるわ昭和の光景(二十年代後半〜三十年代半ば)、思わずブレイクwww!!!
 ‥平成とは明らかに違うノリが在る。

 それにしても、人形だけに丸いな。
 (実像は、もっとガリガリだったりしていたはず)


> こうして振り返ってみると、ガキ大将(わんぱく)っていわゆる中二病ってことですな。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 04:18 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする