2016年10月25日

【刮目】ベーシックインカム×ふるさと納税Ver.2

↓2)記稿.2016/10/25

 ビットコインによるベーシックインカムのアイデアを先に出したが
 その試掘管理を地方行政の財源にするという案を含めたが  → 前記事


> ツッコんだことを言えば、


 そのビットコインの在り方は、現在日本の銀行が組んで進められているそれの改良版という事になる。
 ‥明らかに違うのは、年を追う毎に、古いコインが枯れるという仕組みだ。

 コインには電子的に発行年月日が刻印されることになり、古い刻印から順次減額される。
 記録する容量にも限りがあるから、どうしたって、三年も経てば0になる勢いになるだろう。
 (一年目は通常、二年目は半分に減損、三年目以降は0になる)

 もう少し長くても良いと思うなら、月単位ではなく、年度単位で扱った方が無難になる。
 (ここの扱いは、管理上の簡素を優先しておくにこしたことはない)
 そうしないと、現金への転換も進まないし、売上を銀行に預けずに据え置くという事にもなる。
 (国庫&銀行としては、取りっぱぐれることになりかねないので、選択の余地はまぁないかと)

 ※ 年度で句切るなら、貨幣に年度が刻まれているのを思い浮かべるだけで良い。
 何年か前のコインを持っていれば、それが100円→50円→0円と言った具合に減損する感じだ。
 月単位で配ると、そこに年度と月が刻まれる感じで、まぁ何かと扱いづらいだけかなと。


> ビットコインの「試掘」という発想だから、自然発生的に資金が湧くということだが‥


 考えずともベーシックインカムなんだから、湧くのが当然だ。
 でも、ビットコインだって換金して入金してるんだからこれは同じことである。

 ‥どこが「試掘」として違うかというと

 通常の試掘は、ビットコインで付加されるが
 ここでは、ビットコインである必要がない、つまり、そのまま現金転換される。
 ただし、利用述べ総額というのが肝心だ。
 ‥番付付けて、10位まではボーナス付いて、それ以下は同額とした程度の案で良いと思う。
 (もちろん、公開が前提だ)


 あと、絡んでくるのが


 システムの使用料という事になる。
 この使用料は、当然の形としては、地方行政が払う。(つまりは税金絡み)
 ただし、法律に従えば50年間程度の期間の支払いだ。(まさかのTPP通過でも70年)
 ‥どう考えてもその範疇だろう。


> では、次にもう一つの要についてである。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:51 | Comment(0) | 刮目/2016 | 更新情報をチェックする