2016年10月28日

【四景句】お題'虫鳴夜'

向宜詠吟.2016/10/28

|虫鳴夜しみる一杯もう一杯
|虫鳴夜おでんはふはふもう一杯
|虫鳴夜ほろ酔う脇から絡み酒
|虫鳴夜しらふで帰るお陰様


> うた詠み終わります、ありがとうございました。


語稚草

 虫鳴夜【むしなくよ】‥虫の鳴く夜。「虫鳴く」で秋の季語。

 (いくらでも詠めそうな余韻なのに‥まったくのスルーだったぜ‥OTL)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:04 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】031 28-10-22 静岡新聞掲載分から

↓9)向宜詠吟.2016/10/28

|耐えてきた残暑の厳しさもう少し季節の変化を今日も待ちいる    沼津市・萩の会

|堪え忍ぶ残暑厳しき続く日々 移ろう日射し富士の夕暮れ



 ‥はじめ、これのどこに風情があるんだと思いましたが
 手直している内に、和歌のレベルまで飛躍しました。ごちそうだったようです。
 でも、実際は、それ程に風情ある日々とまでは感じられていないかと思います。


> 繰り返します。


 ‥実際は、それ程に風情ある日々とまでは感じられていないかと思います。
 実際は、それ程に風情ある日々とまでは感じられていないかと思います。
 それ程に風情ある日々とまでは感じられていないかと思います。

 (毎日くそ暑いだけに、風情なんかあるわけねぇだろうが!!!)

 (富士と綴れば、風情に見えるとか‥そんなの思い込みのお花畑や!)
 (毎日が富士日和なんてあるわけがないん!それこそ死んでまうわ!)
 (‥こういうのを様式美というのでございまーす)


|様式美、放て穿て破れ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:02 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする